ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ペンデュラム召喚


ヨミ: ペンデュラムショウカン
掲示板をミル!
674カキコ!

ペンデュラム召喚とは、遊戯王OCGルールの一つである。

※この記事内では、カードテキスト上での略記に合わせて、一部を除き以下の表記を使用する。

正式な表記 テキスト上での略記
ペンデュラム召喚 P召喚
ペンデュラムモンスター Pモンスター
ペンデュラムケール Pスケール
ペンデュラムゾーン Pゾーン
ペンデュラム効果 P効果

概要


モンスターフィールドに出す方法である、特殊召喚の一種。ペンデュラムモンスターという特殊なモンスターを利用して行われる特殊召喚の方法であり、2014年3月21日からのマスタールール3で追加された。ほぼ同時期に開始するアニメ遊☆戯☆王アーク・ファイブ」とタイアップしてもいる。

後から追加された新しい召喚方法という意味ではシンクロ召喚エクシーズ召喚に続くが、それらとの大きな違いは、それら2つの召喚がそれぞれシンクロモンスターエクシーズモンスターを出すための手段であったの対し、こちらはPモンスターがP召喚の手段であるという点にある。


ペンデュラムモンスターとは


※左図は初版作成者が説明用に描いたものだが、実際のカードはもっときれいに仕上がっている。

P召喚に必要不可欠なのが、Pモンスターである。
Pモンスターの大きな特徴として、まずカードが、上部は効果モンスターないし通常モンスターの色、下部は魔法カードの色になっている。これは、通常は効果or通常モンスターとして扱うが、ペンデュラムゾーンという特殊なゾーンに置くと魔法カード扱いになるという性質を表している。

さらに、テキスト欄をみると、これまで通りモンスターとしての効果や攻守が書いてある欄の上に、新たな欄が新設されている。

このうち、左図でP効果と書いてある部分には、ペンデュラム効果と呼ばれ、Pゾーンに置いたときに適用される効果が記されている。

そして、最も重要なのがP効果の両隣りに書いてある数字で、これをペンデュラムケールと呼ぶ。この数字は左右に一つずつ存在するが、2015年2月現在、左右の数字が違うカードは存在せず、公式サイトデータベースでも両方を分けて書いていないため、この記事でもひとまずは区別しない(2015年2月時点では区別の必要はないという裁定が出ている)。
左右の数字が違うカードが登場した場合は、めてルール確認が必要だろう。

もうひとつ、Pモンスターの特徴として、デュエル開始時点では(メインデッキに入っているが、フィールドから墓地へ送られる場合、墓地ではなくエクストラデッキに表側表示で送られる。そのPモンスターをどのように使えるかは後述。


ペンデュラムゾーンとは


※下図は初版作成者が説明のために書いたものである。M&Tは「魔法ゾーン」を表している。

[画像を見る]

P召喚を行うためにマスタールール3で新しく設けられたのが、Pゾーンという場所である。これは、これまでのフィールドカードゾーンフィールドゾーン)とエクストラデッキの間、墓地デッキの間のそれぞれに一つずつ存在する。
上図では、で塗りつぶされている場所がそれに当たる。実際のフィールドでもの2色がある(当然、上図とは違って格好いいデザイン)が、現状その違いに意味はない。

マスタールールではこのゾーン止され、魔法&ゾーンの両端をPゾーンとしても扱うことになった。これにより、PゾーンにPモンスターを置くとその部分の魔法&ゾーンはPモンスターが外れなければ使用不可能になり、単純に使用できるスペースが狭まるため、大きな弱体化を受けた。

Pモンスターは、手札からここに置くことでP効果を発揮し、P召喚に利用できるようになる。


ペンデュラム召喚の手順


準備:ペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーンに置く

P召喚を行うためには、準備としてPモンスターをPゾーンに置いておく必要がある。

これを行えるのは自分のメインフェイズであり、フィールド魔法や永続魔法を発動するのと同じように、手札からPゾーンに置いてそれを発動する。このとき、Pモンスター魔法カードとして発動する扱いである(ただし、「通常」、「永続」などの既存の分類に当てはまらない特別なカードとして扱う)。

  1. 発動を宣言し、PモンスターをPゾーンに置く。
  2. 通常の魔法の発動と同様、チェーンを確認する。
  3. 効果処理を行う。PモンスターのP効果適用。

Pゾーンに置く際の宣言の仕方は、ルールブックでは特に定がないが、後述するゲームでは「『(Pモンスター名)』を魔法として発動!」と表示されるので、同じように宣言するのが難だろう。

PモンスターをPゾーンに置くのは魔法カードの発動であるため、これにチェーンして「サイクロン」を発動してそのPモンスターを破壊したり、「マジック・ジャマー」でその発動を妨することが可
ただ、Pゾーンは「魔法ゾーン」としては扱わない。気分としてはフィールド魔法の親戚のようだが、フィールド魔法と大きく異なるのは、すでにPゾーンカードがある場合に、それを勝手に墓地へ送って新しいPモンスターを置くことができない点と、Pゾーンへのセットはできない点。

通常の魔法カード同様、Pゾーンきさえあれば1ターンに何度でもPモンスターをPゾーンに置くことが可。手札にPモンスターが2枚あるならば、両方のPゾーンを埋めてしまえる。

フィールドの2か所のPゾーンにPモンスターを発動できれば準備は了。このとき、そのPモンスターのPスケールについて注意が必要なのだが、この点は後述する。

ペンデュラム召喚!

実際にP召喚を行ってみる。
2つのPゾーンに「時読みの魔術師」(Pスケール:8)と「星読みの魔術師」(Pスケール:1)があるとする。このとき、2枚のPモンスターのPスケールの数字を確認する。この2つの数字の間にあるのは、「2~7」である。
手札のモンスター(特殊召喚できるならば何でもよい)か、エクストラデッキにあるPモンスターレベルを確認して、その値が「2~7」の間にあるかを確認しよう。この条件を満たすのが、P召喚できるモンスターである。

また、手札に以下のカードがあるとする。

そして、エクストラデッキに以下のカードがあるとする。

このとき、P召喚できるのは「EMディスカバー・ヒッポ」、「ブラック・マジシャン」、「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」「オッドアイズファントムドラゴン」の4枚。
青眼の白龍」と「クリボー」はレベルが条件を満たさないため不可能。「ダーク・アームド・ドラゴン」、「白竜騎士」は、レベルこそ条件通りだが、ある特別な方法(テキストに書いてある)でなければ特殊召喚できない、特殊召喚モンスターという分類であるため、P召喚はできない。
また、エクストラデッキからP召喚できるのはPモンスターのみなので、Pモンスターではない「E・HERO フレイム・ウィングマン」、「ジャンク・ウォリアー」、「No.39 希望皇ホープ」、「デコード・トーカー」も出せない。Pモンスターエクストラデッキに加わる際表側表示になる(融合シンクロエクシーズモンスターは裏側表示)ので、見たで区別可

マスタールールからの注意点として、新たにEXモンスターゾーンが二箇所制定されている。エクストラデッキから特殊召喚するカードは、リンクモンスターが場に出ていなければEXモンスターゾーンの片方にしか特殊召喚できない。これはPモンスターだろうとエクストラデッキから出す場合一緒のため、P召喚単体ではエクストラデッキからのP召喚は1体だけとなる。そのため、今回のケースだと新マスタールールでは「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」と「オッドアイズファントムドラゴン」はいずれかしかP召喚できない

何を出せるか確認できたら、いよいよP召喚。

  1. 「ペンデュラム召喚します」と宣言したうえで、P召喚したいモンスターモンスターゾーンに置く。このときの数は、モンスターゾーンきがある限り何枚でもよい。
    ここでは、「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」か「オッドアイズファントムドラゴン」のいずれかと、「EMディスカバー・ヒッポ」、「ブラック・マジシャン」の3枚をモンスターゾーンに置く。当然、どれか1枚、2枚のみを置いてもよい。
  2. このP召喚を効にするようなカードを発動しないか、確認する。「神の宣告」などの発動タイミング
  3. 2.で何もなければ、P召喚成功。「奈落の落とし穴」などの発動タイミング

これでめでたく、3体のモンスターはP召喚された。


ペンデュラム召喚の際の注意


まず、P召喚という行為は1ターンに1度しか行えない。そのため、上記の手順の例では、一度「EMディスカバー・ヒッポ」だけをP召喚させてから、同じターン中に「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」をP召喚するというやり方はできない。そのため、両方とも出したいならば、一度のP召喚でまとめて出してしまう必要がある。

P召喚に対して「神の宣告」などを発動した場合、P召喚しようとした全てのモンスターに対してその効果が適用される。上記の例では、3体のP召喚に対して「神の宣告」を発動すると、3体ともP召喚が効化され、墓地へ送られる。この場合、P召喚に失敗したオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」はフィールドではない場所で破壊された扱いとなるため、エクストラデッキに戻ることはできない。

P召喚は、遊戯王カードwikiにいう「宣言して行う特殊召喚」に分類される(かつては「チェーンブロックを作らない特殊召喚」などとも)。ルールブックでは「特殊召喚モンスターの特殊召喚」に分類されると書かれているが、P召喚で出すモンスターは「特殊召喚モンスター」に当てはまらないため、この記述は不正確。
このあたりのルールの詳細はP召喚から少し外れるため、ここでは解説しない。各自で遊戯王カードwikiを確認するか、大百科内ならば「王宮の弾圧」の記事である程度説明されている。

スケールに関して

Pスケールについて、P召喚できるモンスターレベルは、2枚のPゾーンのPモンスターのPスケールの間の数値である。しかし、このときPゾーンの2枚のカードのPスケールが同じであったり、1つ違いだとどうなるか。

たとえば、「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」(Pスケール:4)と「EMレイドスコーピオン」(Pスケール:4)の場合、両方ともPスケールが4なので、間の数値が存在しない。「EMヒックリカエル」(Pスケール:3)と「EMレイドスコーピオン」(Pスケール:4)の場合も同様に、両方のPスケールの間の数値が存在しない。

このような場合、条件を満たすレベルモンスターがないため、P召喚自体が行えなくなってしまう。上述の通り、一度Pゾーンに発動してしまったPモンスターは、何らかのカードの効果で離れない限り残り続け、新たなPモンスターを発動できないため、うっかり両方のPゾーンのPスケールを同じか1つ違いにしてしまうと、「サイクロン」などで一度PゾーンのPモンスターを除去しない限り、P召喚自体ができなくなってしまう。
P効果狙いであえてP召喚ができなくなってもPスケールを気にせず発動するということもあり得るが、要注意。


ペンデュラムモンスターに関する注意


召喚法ではなく、モンスター自体の性質について。

エクストラデッキへ送られる処理について

エクストラデッキへ送られる条件は、「1.フィールド上に 2.カードとして存在している状態から 3.墓地へ送られる場合」である。これを満たしていればとにかくエクストラデッキへ送られる。このいずれか一つでも満たさない場合は通常通り送られるべき場所へ送られる。


次へ»
最終更新日: 17/08/05 23:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ