ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ホワイトドール


ヨミ: ホワイトドール
掲示板をミル!
227カキコ!

機械人形『ホワイトドール』

ホワイトドール』とは、アニメ∀ガンダム』に登場する架人型ロボット兵器モビルスーツMS)。

イングレッサ・ミリシャなどで使用された発掘モビルスーツガンダムである。本来の式番号が『System-99』、ミリシャ内での式番号が『WD-M01』である。

別名が多いのも特徴であり、機械人形ヒゲ巨人白い悪魔のホワイトドール、ローラターンエー等とみんな好き勝手に呼んでいる。

ミリシャでは御体ホワイトドールから現れた事からそのままホワイトドールと呼ばれるようになった。

なお当初「」と言う記号に全肯定の意味があるのを監督は知らなかったらしく、∀ガンダムと名付けてから意味を知ったという。(アニメアニメ安田朗インタビューにて)


概要


ディアナカウンターの侵攻を捉え、ビシニティ郊外マウンテンサイクルの御体ホワイトドールから現れた機械人形

その正体は対外宇宙決戦MSである。かつて外宇宙へと立ったNTの一団が建造したとされるターンX地球圏へと流れついた際、そうとは知らない地球人類がその脅威の技術の当たりにし、外宇宙から未知の勢が侵攻してくる事を恐れ建造したMSと言われている。
この時点でターンX現在の左右非対称の修繕を繰り返したMSとされており、が本当に勝たねばならぬ敵はターンXオリジナルか、あるいはターンXをここまで追い詰めた敵である。

その為「戦いにやり過ぎ等はいよ。」を地で行くMSであり通常の兵器められるあらゆる規格や制限を排した、単機で他文明を相手取り地球を守ろうという、正に人類の未来を託された希望MSであった。(その人類の希望が当の人類自体を滅亡寸前まで追い詰めたのは皮と言うほかない。)

ようするにたった一機の地球防衛軍である。

の「DHGCP」は、縮退炉を2基搭載したもので、SF世界ではブラックホールエンジンと呼ばれるものであるが、これもどのような技術が用いられているのかは不明。エネルギー尽蔵とされ、モビルスーツの製造技術が失われ全く補給が行われない作中の地球でも支障なく稼働し続けていた。
同じく縮退炉を搭載し駆動方式も似ているスモ―を圧倒する性を持っており、この事もディアナカウンターを刺する一因にもなった。

なお、建造当時にはミノフスキー粒子の活動を全に停止させる技術が既に確立されていた為に、建造にはミノフスキー物理学を用いた技術が使用されていない。その為、同じ名前の武装・装置でも名前だけが一緒で全く別の技術が使われている可性が高い。

劇中の活躍としてはミリシャの交渉におけるバックグラウンドの戦としての役割と、パイロットロランの性格も相まって前述の戦闘をほとんど発揮していない。(ターンA覚めたばかりで性を発揮できていないからでもある。)
逆に物語を通じて訴えてきた、文明を滅ぼすような兵器でも使い方次第では人の役に立つというのを体現する活躍をしている。洗濯をしたりになったりなど日常生活を支える事が多かった。
その最もたる例が、核で小惑星を破壊しフォンシティを守った事や、月光蝶の宮殿を守った事である。

文明を滅ぼすという罪を背負ったホワイトドールはロランと共に贖罪を終え、兄弟機であるターンX連れに永い眠りにつき、Turn Aでも時代を拓ける事を明して見せた。

IFBD

機体はIFを用いる「IFBD」(Iフィールドビームドライブ)という駆動システムで動いている。
これは外側からIFを梁の様に展開し操り人形の様にコントロールする装置で、要は強バリアで機体をコントロールする新な発想の代物である。
その為、内部はがらんどうの様になっておりフレームや駆動装備が存在せず、駆体そのものが装甲や構造材を兼ねた構造となっている。ちなみに稼働状態では重量が軽減する。
この効果でホワイトドールは非常に軽やか且つ高い運動性を発揮していた。
ロランは元々Iフィールドバリアーとして使われていたことを知らなかったようで、
「ホレスさんが言うにはIフィールドバリアーにもなるって言うけど。!左舷!?ビームすごい!!」
と発言している。
その防御は凄じく、二段組みジェネレータウドムの荷粒子完封し、射程外からの一撃で戦艦をあけるターンXによる包囲ビームの乱射をパワーダウンだけで済ませている。
また、正時代のIFは実弾も防御可なのだが、ビームを防御するのにべるとより多くのエネルギーが必要とされるようである。

以上の様にIフィールド自体強場である為、非常に防御性が高い・・・のだが、発掘されたばかりの頃はゴールドタイプのスモ―により自慢のを折られたうえ頭部陥没の重傷を負った為、頭部を外し集中治療を受けた。
しかし、自で治してしまうあたり本当に良く出来たお人形さんである。(後述のナノマシン参照)
その後すぐにムーンレイスとの戦闘があり、頭部が外れたまま出動して首しのホワイトドールが、走りながら頭部を受け取る姿は有名な頭を交換できるヒーローの様な姿であった。(IFBDのお陰か特に問題は出なかった。)

が折れたホワイトドールはほぼ100%負けている為、ある意味敗北フラグである。

ミスルトゥを核で破壊する際に強バリアで防いでいたがこれもIFである。
ターンタイプのそれが核すら防げる程に強であり、の最新鋭IFBDMSスモ―ですら不可能だったようだ。

パイロット補助システム

パイロット補助システムも優秀でスパイパルスセンサーというサイコミュ的な操作補助装置が用いられている。
この装置は脊髄を伝わる電気信号を読み取る事で機体の姿勢を制御している為、NTでなくとも機体追従性を上げる事が出来、ロランが言った「運転した覚えはいんですよ。」のようにでも意識的に高い運動性を発揮できるようなっている。
ちなみに後述のビシニティ祭と深い関わり合いがあり、パイロットが太古の昔にビシニティ人間と接触した可性を示している。
シートベルトは存在せず、意図しない急な稼働には空気パイロットに噴射する事で姿勢変化を防ぐ機がある。

また、自体極めて精密で俊敏な動作が可であり、劇中では前を横切ったレット隊のウァッドのフレーム中で掴んだり、衝突寸前のミサイルサーベルり払ったりしている。

音声入力による操作も可で、かつて偶然か、あるいはNTレベルの操縦技術がければ不可能だったビームビームで打ち消すという荒業を音による自動操縦で可にしている。
他にもVRヘッドというパイロットの頭部を覆う高精度のディスプレイを備え、様々な情報を解析・閲覧することが出来る。

推進装置

推進器は下半身に集中しておりスラスター・ベーンと呼ばれるの様な形をしている。
かつて某ジオン兵が「あんなの飾りです!偉い人にはそれが分からんのです!」と言っていたが未来世界では駄なことなどいようである。
本編では本来のを発揮していないとされているが、その潜在パワーは凄まじくギンガナム艦隊に整備される以前の5%未満のパワーでスモーとムットゥーのモビルスーツ2機を引っり上げもう一機のムットゥーをその圧だけで吹き飛ばしてしまったり、大のミノフスキードライブユニットを搭載し、単体で大気圏離脱が可宇宙ジャンダルム黒歴史の遺産ウィルゲムの浮上を押し返すほどの推進を持っている。

さらにギンガナム隊の整備を受けた後は別次元運動・機動性を発揮しており、特に静止状態からの加速は既存の機動兵器の域を駕している。

また、間転移も可で、メリーベルが操るバンデッドとの戦闘の際、面地表から面内部にあるの宮殿の前に弾けるような音と共に跳んできている。ターンXとの初戦闘時にビームサーベルしく振動させ、視界からもレーダーからも消えたのはギムの言うようにくらましであった可性があるが、相不明(公式でこの戦闘ワープであった事が判明)はたしてこれも推進機器のなのかはである。
おこの機黒歴史時代には使われていなかった可性があり、正の時代に初めて使用された可性が高い。
これも後述の機の復元と関連があるのだろう。

汎用性能

ホワイトドールの汎用性は非常に高く輸送機としても活躍が期待できる。従来のMSより自由度の広い多的倉庫(武器庫)がありそこに、動物核弾頭を入れて移動でき、さらに背面が面構成なためお辞儀をした状態で手をに出すととしての役割もできたりする。

洗濯も得意分野。衣類から文明に至るまで、洗濯出来る範囲は非常に広い。
但し、洗濯する時はマニュアルをよく読み、間違っても文明を洗い流さないように注意が必要である。
しかし、マニュアルにさえ乗っていない可性もあるのだが、
御大将マニュアル通りにやってます!というのはアホの言うことだ!」とのことなので気合で乗り切ろう!

論、単に洗濯するだけでなく、燥機としてのも持ち合わせているまさに万機。

ナノマシン

細胞よりも小さいナノマシンで構成されており、その性は正においてムーンレイスが有する最先端ナノマシン技術をかに駕している。
ムーンレイ技術者、ホレス氏は「ここまで生物的に正確な物は開発されていません。」と驚いていた。

月光蝶のようにあらゆる物を分解するだけでなく、本来なら致命傷となるダメージも全身をナノマシンで包む・・・いわゆるの状態になることで回復と思われる(程度なら一日もあれば復元可)。
御大将「大した性だ。まるで人間だよ。」
レス氏は内部の機まで復元できないと考えていたが、時間が経つにつれ本来の性を取り戻していっている事から、長い時間を掛ければ内部の機全に回復できる可性もある。が、整備を受けてやっと5%なら100%復元できた頃には一つの時代が終わっている可性がある。

ギンガナム艦隊に奪われたディアナ達がどうするか話し合っていた際に、の技術や武装を持ってしても破壊は不可能かもしれないと述べており、事実ターンXの腕が全に部を貫通しているにも関わらず、その後爆発的にナノマシンを機体周辺に散布して、回復を図っている(ターンXも同様)。
尚、この事がターンタイプを意図的に封印したとされることもあるが、相は不明である。(AとXのナノマシンには互換性がいとする説がある)

ターンタイプ

ターンXをまとめて呼称する際に用いる。
にはその開発背景においてターンXと密接に関わっており、後述の(システム)ように兄弟関係にあると推測されている。

その一端として、とXは互いに呼び合っており、両機が接近すると共鳴現が起こる。
その際、パイロットの一切の操作を受け付けず、自らの意思を持つが如く勝手に動きだしたりする等、単純に兵器とは思えぬような行動を起こす事がある。

メリーベルが操るバンディットも同時期に開発されたMSらしく、操作こそ出来るものの共鳴現を起こしとXを画面上に数に表示し続けたようだ。

白い悪魔

あまり知られていないがシリーズで初めて公式に「白い悪魔」と呼ばれたのはが初めてである。現実では∀ガンダムの名で定着されているが、ホワイトドールを最後までガンダムと呼んだのはコレン・ナンダーだけであり、他の者は上記の別名で呼んでいる場合が多く、ガンダムという存在自体がムーンレイスの間でさえ伝説、あるいは神話の類になっていることがうかがえる。(歴史学で習うらしい)
ディアナ様に至っては「ガンダムにおはありますか?ありません!」と断言すらしている。可哀そうなお・・・。
ポゥやハリー等の多くのムーンレイスはガンダムと呼称した事もあるが大抵一度か二度である。

黒歴史の∀

スタッフ重田氏によればギンガナム艦隊の整備のお陰で使いやすくしてくれた状態のが全体の5%の性を取り戻した状態とされ、黒歴史時代のですら全体の2割だという。
この為、過去100%の性を発揮したのかどうかすらあやふやである。

設定にある推定出27,000kw(±5000)が劇中終盤の5%の出である可性が高い事から、100%はこれの20倍、推定540,000kw(±100,000)以上、あるいは未知数と言うべき出を持っている事になる。
(新しい解釈の場合、フルパワーの状態なら100Gw以上の出を持っている。ターンXも同様)
あくまで推定出から推測しているに過ぎないので確定的な情報ではい事を注意されたし。

劇中で圧倒的な性を示したターンタイプが、の技術で整備を施してもそのの性の一端に過ぎなかった事を考えると、黒歴史時代の性が如何に化け物じみていたかい知れよう。
だからギンガナムはスモ―を落しておきながら「(整備したのに)何が不調なのだ!?」何て言葉を吐いたのだ。

又、の全とは後述の過去に存在したとされるDOCベースとの連携を含む戦術システムを持ってして初めて全体と呼べるものであり、その為単体で100%の性を発揮してもそれは不全な代物なのである。
黒歴史時代ですら全を発揮していないかもしれないホワイトドールは、正にに包まれた未知のMSである。


武装



次へ»
最終更新日: 20/01/19 05:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ