ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ボウリング


ヨミ: ボウリング
掲示板をミル!
55カキコ!

ボウリングとは、球転がしゲームである。 ぷ ........。iiii


概要


ボウリングゲームを単純に言い表せば「ボールで棒状のものをたくさん倒す」というものである。このような行為の起古代エジプト宗教儀式にまで遡るとされており、棒状のもの=ピンを倒したいという欲望は今も昔も変わらないもののようだ。

"bowling"という名前のは、"bowl"と呼ばれる偏心球を転がして標に近づけるというゲーム"lawn bowls(ローンウルズ)"だといわれている。なお、ボウリングを嗜む者の多くがしばしば気にすることであるが、"bowling"である以上「ボウリング」という表記をされるべきであり、「ボーリング」というのは地質調などのような掘りをすはずだというがある。しかし、今現在もボウリング場の名称自体が「○○ボーリングセンター」や「○○ボール」などとなっている場合もわずかにあり、が浸透しないのも理からぬことかもしれない。また、ごくまれではあるが、「○○レーン」と称するボウリング場もある。

現在のようなボウリングのルールを定めたのは宗教家マルティン・ルターだとされる。当時はひし形に9本並べられたピンを倒すナインピンボウリングが流であり、現在のように10本のピンが正三角形に並べられたテンピンボウリングのスタイルになったのは、17世紀以降に宗教家などがアメリカに渡ってからのことである。

日本では1861年6月22日長崎で初めてのボウリング場がオープンした。これを記念して6月22日ボウリングの日とされており、ゲーム代が安くなったりしている。1970年頃には中山律子2016年現在日本プロボウリング協会会長)などのスターが現れてボウリングブームが起こったが、その後ブームは収束し、近年は経営難からボウリング場の閉鎖が相次いでいるが、「ラウンドワン」などの大複合スポーツレジャー・アミューズメント施設などが進出してきている。また、1990年以降には東海地方のとあるボウリング場がギネスに載ったこともある。

また、テレビゲームとしてのボウリングも登場しており、DSだれでもアソビ大全などに収録されている。


スポーツボウリングについて


ボウリングはレジャーでありかつスポーツでもある。一般の人がぶらりと遊びに行ってわいわいと楽しんでいる裏で、全のボウリング場の多くに所属のボウラーがいてにボウリングに取り組んでいる。学生ボウリングもブームの頃にべれば規模は縮小したものの続いている。いわゆる「手首に何かつけている人々」である。(注:何もつけない人も多い)
こういった形で一定期間スポーツボウリングに触れてしまった人々の一部は、レジャーとして一般の人とボウリングに行った際に「スペアのことをカバーと呼ぶ」「スペアでは喜ばない」「ストライクなのに首をひねって戻ってくる」といった症状を見せることがある。


マナーについて


一般人だろうとなんだろうと、ボウリングにおけるマナーは守るべきである。少なくとも以下のものは最低限気にしたいところである。

ボウリングもニコニコ動画も、自分が楽しむこと、そしてみんなが楽しめるようにすることが大事である。


スコアの目安レベル


スコア レベル
100UP前後 一般(初心者)アベレージ程度
130UP前後 一般(中級者)アベレージ程度
190UP以上 女子プロテストに合格できるレベル
200UP以上 男子プロテストに合格できるレベル
220UP前後 女子プロウラーと渡り合える、または勝利できるレベル
250UP前後 男子プロウラーと渡り合える、または勝利できるレベル
300UP(満点) パーフェクトゲーム

ストライクを出すコツ


ストライクを出すにはコツがいる。ただどん中に向かってっ直ぐ投げてもいいがそれではストライクの成功確率が低く、逆にスプリット(間隔がありスペアの難易度が上がる)やタップ(1本だけ残る)ピンを出す確率を高くしてしまう。

ストライクの成功確率を上げるにはまず、右投げならば1番ピンと3番ピンの間を、左投げならば1番ピンと2番ピンの間を狙う。そしての一辺に対して球筋を直にして当てるように投げるのだが、ただっ直ぐ投げては上記と同じようになり意味がない。

そこでボール曲げる必要がある。ボウリングにはでキュッと左に曲がるフックと、手前から大きく弧を描くように曲がるカーブがある。左利きの人は逆向き。なお、フックカーブの投げ方は下記にあるこちらのサイトが詳しく説明してあるので一読することをオススメする。なお、ボールが狙い通りに当たらないなどコントロール不十分な人もこのサイトに基本的な投げ方が載っているので一読することをオススメする。

上記サイトの方法を手本にして投げ、1番ピンと3番ピンの間に当てると、ボールはまず1番ピン→3番ピン→5番ピン→9番ピンの順に倒して行き、倒れたピンはドミノのように残ったピンを倒していきます。(1番ピンは1→2→4→7、3番ピンは3→6→10、5番ピンは5→8というふうに)そして結果的にストライクになる。

また、これ以外の方法として裏技があるのだが難易度は高く、ストライク成功確率は少し下がる。ボールをさらに曲げて1→2→4→7(1→3→6→10)というふうにの一辺に沿って当てていく。そうすると当てた辺の対に向かってドミノのように倒れていきストライクとなる。


ボウリング用語



基本用語


用具・施設用語

ゲーム用語


上級用語



次へ»
最終更新日: 17/09/26 00:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ