ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ボルトアクス将軍


ヨミ: ボルトアクスショウグン
掲示板をミル!
155カキコ!

ボルトアクス将軍とは、自分の長所を活かしきれずに死んでゆく悲惨さ、滑稽さを世に問う者である。


概要


本名というかユニット名はグローメルで、ボルトアクスとは装備している武器)のことである。

ニンテンドーゲームキューブソフトファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』の25章「山岳を越えて」の敵将。
この章はマップが山岳地形で機動が低下する上、シューターや落石、遠距離魔法ドラゴンナイトの波状攻撃によって味方は攻めにくい構成となっている。

グローメル自身も上級クラスドラゴンマスターであり、その高い値、「勇将」スキルHPが半分以下の時に「・技・速さ」が1.5倍)により、多くのプレイヤーにとって難関となる……はずだったのだが

このようなあまりのネタと悲惨っぷりに、人は尊敬と畏怖の念を込めて彼をこう呼ぶのだった。

「ボルトアクス将軍」と。

海外版ではトマホーク使いという話がたまに出るが、ガセネタデマである海外版のグローメルはGromell武器の名前はBolt Axe。つまり日本版と同じ。顔も金髪のむさくるしい男で変わらない。

ちなみに、続編『暁の女神』での竜騎士ドラゴンマスター)は魔が5でカンストする。そう考えると魔16のボルトアクス将軍は魔法の才があるのかもしれない。
第三部12章「生きてこそ」ではなんと味方が投石を使える。しかしが広いうえに落ち方がまっすぐ、配置が敵の密集地から外れていて何人も当たらない、当たっても炎と同じ10ダメージ固定で微妙、など攻略上は利用価値がない。しかもこの章はにおける非常に重要なイベントがあるため、あまり印にも残らない。


ボルトアクスの性能


10、命中70射程1-2、回数25依存属性ゲーム1本しか手に入らない

射程が便利だが、魔依存のせいでトマホークのほうが強い。
属性だが、炎の特効は2倍。しかも有効なにはあまりきかない。
駄にレアだが使い手に恵まれない。傷で売っても2000Gにもならない。 


その後のボルトアクス



覚醒


続編の『』ではリストラされるが、そのさらに新作『ファイアーエムブレム覚醒』ではなんと復活

使いの魔が伸びやすくなったため、間接攻撃ができるボルトアクスの需要急増
の他にを使う僧侶の上級職「バトルモンク」の存在
炎より基礎威が上がり、錬成すれば器以上の威を有する
器が入手できるマップ器として扱われている(器として入手可)公式ネタ認定ktkr

という破格の待遇で再登場。武器錬成で武器名を付ける際には『グローメルの~』と付ける人が増えたとか。 


if


覚醒』と同じく魔が伸びやすい使いの味方がいるのでそこそこ活躍させることが出来る。ただし本作の魔依存武器共通の弱点として必殺が出せない。

また、バトルモンクが登場しない代わりにドラゴンナイトの上級職として魔法で戦う「レヴナントナイト」というクラスが登場。魔法攻撃を行うドラゴンナイトが当たり前のものとなった。

余談だが、本作には魔0にも拘らず魔依存武器を所持している敵兵が度々登場する。グローメルでさえ魔自体はまともにある中でかなりの要素ではあるが皆モブ兵であるためあまり印に残らない。


風花雪月


使用可武器が兵種依存でなくなった今作では術の技レベルがB以上であればでもボルトアクスを振るうことが出来る。例によって魔が伸びやすいが得意なユニットが複数人いるので有用な武器である。

また、鍛冶屋で錬成することによって射程を1-3に伸ばすことができ、離れた敵に一方的に攻撃することが可

なお、本作にはボルトアクス使いのグレートナイトであるキロンが登場する。


幻影異聞録♯FE


使いであるまもりのカルネージ(武器)の1つとして登場する。


その後のボルトアクス将軍


ボルトアクス将軍ことグローメルはごくごく普通(ではないが……)の使い捨て敵将であり、ボルトアクスがいくらシリーズに定着したところで当然再び日のを見る機会はない……と思いきや、TCGファイアーエムブレムサイファ』で第9弾のプロモーションカードとして登場を果たす。
FEは数多の登場人物が存在する都合上、敵ユニットとなるといっぱしのネームクラス、あるいは逆に魔物などの個性的な雑魚でもなければ参戦することはまずなく、間違いなく破格の待遇である。

雷斧の勇将 グローメル[外部]
出撃コスト3/CCコスト2 戦闘力50/支援30 射程1
スキル
『ボルトアクス』
ターン終了まで、このユニット戦闘力は-30され、このユニットに<魔法>と射程1-2が追加される。
『落石』
自分のターン終了時、このユニットが前衛の場合、このユニットを撃破する。

セリフ:「うぬ、ここまで登ってきたか! ならばここから叩き落としてくれる!」
イラストレーターDaisuke Izuka

ボルトアクスを振るうと十分な攻撃が発揮できず、前衛に出したまま放っておくと勝手に死ぬという、原作通りの実にふざけたネタカードである。
イラストレーターにわざわざ原作ゆかりDaisuke Izukaを起用する無駄遣いっぷりもり、実に雄々しく迫のある姿となっているのだがよく見ると頭上からは落石が迫っている
自壊というのはTCGではありがちななのでコンボパーツとして使えなくもなさそうに見えるが、これと言って立った使いはない(2019年8月時点)。

ただ、戦闘力がガタ落ちするとはいえ「コストが一切かからずに射程2を得られる」ことはサイファにおいてそこそこの長所である。魔防の低いユニット相手なら普通ダメージを与えられる原作と違って戦闘力20ではほぼも倒せない(普通ユニットなら原則的に30以上ある)ので、何かしらのフォローが必要だが。あと、原作と違ってボルトアクスを使わないことができるのは進歩している。
飛行兵ゆえに支援が高いことで、ネタデッキに入れておいてもそんなに邪魔にならないのも良い点。


関連商品


■azB0002OVBLQ
■azB006QGGOGQ


関連動画



■sm223427[ニコ動]

■sm225035[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 20/07/18 20:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ