ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ポケットモンスター赤・緑


ヨミ: ポケットモンスターアカミドリ
掲示板をミル!
636カキコ!

ゆめと ぼうけんと
ポケット モンスターの せかいへ!
レッツ ゴー!

ポケットモンスター赤・緑とは、ゲームフリーク開発、任天堂から発売されたゲームソフトである。ジャンルロールプレイングゲームあるいは育成・対戦ゲーム。本項では及びピカチュウバージョンについても触れる。リメイク版については別記事「ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーン」となる。

緑 [画像]


概要


ポケットモンスター赤・緑
基本情報
ジャンル RPG
対応機種 ゲームボーイ
ニンテンドー3DS バーチャルコンソール
開発元 ゲームフリーク
クリーチャーズ
発売元 任天堂
発売日 1996年2月27日
年齢 CERO:A
ゲームソフトテンプレート

1996年2月27日に発売されたゲームボーイソフト。表ポケモンリザードンフシギバナ

今や世界中で知られるポケットモンスターシリーズ歴史的第1作で、「第1世代」にあたるシリーズ最初期のソフト。分類上はRPGだが、圧倒的な知名度の割りにRPGと言われてもピンとこないというも。

ポケットモンスター、ちぢめてポケモンと呼ばれるふしぎな生き物があちこちにいる世界
プレイヤーマサラタウンに住む少年となって、世界カントー地方)を冒険しさまざまなポケモンと出会い、それらを捕獲してポケモン図鑑完成させること、またそれに並行したくさんのトレーナーと戦い、ジムを制覇し、ときには悪の組織とも戦いながらトレーナーとして強くなっていくこと、この2つがおおまかな標となる。

ロールプレイングゲームとしての特色は、プレイヤー自身は直接戦闘に参加せず、捕獲したポケモン示をあたえて戦わせるというシステムである。ポケモンは育てることでレベルが上がり、さまざまなわざを覚え、そしてポケモンによっては姿形までも変化する『進化』をとげる。

RPGとして考えると「全てのキャラをいくらでも仲間にでき、それを自由に交換でき、自由に技をカスタマイズでき、育てればめきめきと成長し、人と交換したり戦わせたりできる」という驚異的な自由度を誇る。
また151種類もの個性豊かなポケモンがおり、さらにそれらは当時の一般的なゲームキャラクターと異なり個体ごとの違いが設定されていた。そのため自分が捕まえたポケモンは『メタ的に見ても世界中で自分だけのもの』で、育成とバトルの中で様々なドラマが勝手に生まれるという、シンプルながらも当時としては画期的な仕様だった。
そのため、自分だけの相棒と戦い抜くいはを注ぐと言うある種のキャラゲーとしての要素も多分に含んでいる。


バージョンの違い


も含めて、バージョンの色は最初に選ぶポケモン3匹(いわゆる「御三家」)にちなんでいる。ただしどのポケモンを選ぶかへのは一切ない(たとえばリザードンが優遇されているとかいうのは一切ない)。

この「最初に3匹から選ぶ」というシステムは以後のシリーズほぼ全作で踏襲されている(例外はピカチュウバージョン、およびLet's Go! ピカチュウイーブイ。これらでは最初のポケモンタイトル名のポケモンで固定)。なお以後の作品ではパッケージ絵はピカチュウピカブイを除き全て伝説のポケモンになっており、最初に選ぶポケモンに由来しているのは何気にこの世代だけだったりする。

の違いは、に出現する一部ポケモンの種類や出現率の違いである。片方では山ほど出るポケモンがもう片方ではレアというケースがあるほか、片方のバージョンには全く出現しないポケモンも一部いる。
そのためポケモン図鑑完成にはどちらか片方のソフトだけでは不十分で、2本のソフトと2台のゲームボーイ、そして通信ケーブルを使い、場合によっては友人知人と協しての通信交換が必要である。また通信交換する過程でしか進化しないポケモンも一部いるため、この点でも図鑑完成には通信が必須である。

ゲームシナリオシステムには違いが一切ないので、単に1人用RPGとして楽しむ場合や、特に図鑑完成さない場合には、片方だけのカセットだけでも十分楽しめる。

その他の違いとしてはタマムシシティスロットの図柄が違う点どうでもいい・・・)や、スロットで交換できる品の種類や必要コイン数も挙げられる。

このバージョン間の差別仕様金銀以降も継承されているが、次作の金銀では伝説のポケモンの出現時期や仕様がある、ルビー・サファイア以降は伝説のポケモンが片方のみになりストーリーに差が出る、ブラック・ホワイトソード・シールドではジムリーダーが入れ替わったり全く違う町があったり、とバージョン間の差異は徐々に大きくなる傾向がある。

ちなみに外では「」となっており、外版内版に準じている。そのためか、内版外では発売されていない。


ブームとメディアミックス


の2バージョン同時発売という今までになかったソフト販売形態は、初めは驚きと不安を持って世間に迎えられた。

基本的なストーリーシステムは同じのため、『同じようなものを2本買わせるのか』という批判もあるなか、発売された『ポケットモンスター赤』『ポケットモンスター緑』は、口コミやコロコロコミックでの宣伝の効果により少しずつ人気が浸透していった。更にアニメを含めたメディアミックスが進んでいくにつれ、その人気拡散していった。

可愛いかっこいい151の多ポケモンたちと、通信による交換・対戦を全面に押し出しシステムは、単なるRPGにおさまらず、友人兄弟姉妹とのコミュニケーションツールとしても受け入れられ、やがて全規模の凄まじいブームを発生させ、紛れもない社会となった。売上は両バージョンを合計するとあのスーパーマリオブラザーズすらえると言う、未だかつていとんでもない規模のものとなっている。老人たち『あんただ~れ?』おねえさん『ああ~ん!』…え?何のこと?そんなCMは知らん。

作中に登場したポケモンの一匹であるピカチュウは、その絶大な人気からマリオリンクカービィなどとともに任天堂の看キャラクターとして世界にはばたいた。

発売前から宣伝を行っていたコロコロコミックも、ポケモン情報記事やマンガなどで全面的にタイアップし、ポケモンブームを支えたんだッピ!ポケモン関連商品では、メディアファクトリーが版権を取得し、ポケモンカードゲームを始め、多くの商品を開発、販売した。玩具ではタカラトミー体であり、ぬいぐるみなどを販売している。

アニメについては、発売から約1年後に放映が開始された。本作の設定を土台にしつつ、御三家を選べなかったサトシがしかたなくピカチュウを始めるという、ゲームとは異なるプロットとなっている。当初アニメはあまり長い期間続ける予定はかったらしいのだが、ゲーム人気に呼応するように安定したヒット作となった。割と初期にいわゆる「ポリゴンショック」により打ち切り危機したものの、その後は見事に復活現在に至るまで20年以上全世界で放送され生で定期的に映画まで作られるという、これまた長寿作品となっている。

後に、発売日である2月27日は「Pokémon Day」と呼ばれ、世界中で祝われる記念日となった。


ゲーム界への影響


この赤・緑のヒットとそれに始まった一連の社会ゲーム市場にも甚大な衝撃を与えた。

まず、携帯機という任天堂でほぼ消えかけていたフィールド一発復活させた。当時のゲームボーイ市場はかなり低迷しており(1年間の新作発売予定が10本あるかないかだったとか・・・)、据置ハード全に飲まれつつある状況だった。しかしこの作品の特大ヒットと、それに続くポケモン類似ジャンルブームによってゲームボーイポケットバカ売れし、ゲームボーイ市場そのものが復活を遂げた。任天堂という点でも、ゲームボーイハード寿命を11年と言う異例の長さまで牽引し、その後ソニートップシェアを奪われる据置ハードとは異なる活路を得て、現在3DSSwitchまで続く携帯ゲーム開発を突き動かす大きな原動のひとつとなった。業界全体で見ても、斜陽であった携帯機というジャンル自体に各社が再度テコ入れをはかるきっかけとなった。長らく新規ハードに乏しかった市場には本作の登場に続くようにゲームボーイカラーネオジオポケットワンダースワン、そしてゲームボーイアドバンス…と新機種が立て続けに登場し、見違えるように活性化した。

さらに、後続のゲームのあり方にも多大なを及ぼした。

直接的には、この作品のように「モンスターなどのキャラを収集、育成して戦わせる」コンセプトゲームあからさまな2匹泥鰌狙いで多数登場することとなった。多くはうまく行かなかったようだが、ドラゴンクエストモンスターズのように大成してシリーズ化したものもある。

間接的には、収集や対戦の要素を持つゲームが増え、ソフトハードの両面でプレイヤー間交流機が強化されることとなった。ポケモンのようなRPGに限らず、通信要素の採用があらゆるジャンルえてゲームで普遍的に見られるようになった。


後の世代から見た特徴



システム面


現在2021年時点で現行はソード・シールド)のポケモンべても、実はゲームシステムそのものはあまり変わっていない。

と未登場の要素こそあるものの、それ以外の根本的なゲーム部分は今に至るまでほとんどがそのまま引き継がれている。

種族値」「個体値」「努力値」など今ではすっかりお染みとなっている廃人御用達の要素も実はこの頃から存在している。

野生ポケモンよりトレーナーが育てたポケモンの方が強いことは作中でも言及されており、ある程度ちゃんとプレイしている人は「どうも『ふしぎなアメ』を使わず、低レベルから敵を倒して育成していった方が同じレベルでのステータスは高くなるようだ」という事実にも気づいていた。また野生で捕まえたポケモンは個体ごとにパラメータが微妙に異なっていることも名言されており、「厳選」まで行かなくとも「何匹か捕まえて一番強いのを育てる」程度の選別行為なら普通に行われていた。

ただしそれらの仕様の詳細は一切表されておらず、当時はインターネットもまだ普及していなかったため、「自分たちで解析してパソコン通信で共有する」ようなごく一部のマニアでもない限り細かな内部値はほとんど知られていなかった。仕様自体が今にべればおおざっぱだったこともあり、1ポイント刻みでの厳選や育成に拘るようなプレイヤーは当時はまだごく少数だった。

本作は、対戦環境としてはエスパー最強ふぶきはかいこうせん最強、不遇タイプ多数、上位プレイヤーはほぼ全員ケンタロス採用…とかなり大味なバランスだった。それでも公式大会は複数回開催され、出場ポケモンの制限などの工夫により最後まで盛況を見せていた。なお今では大人真剣になってレートバトルに参加するのが当たり前だが、この頃の大会の役は全に小学生であり、原作者が制作にあたりイメージしたとる「カブトムシ相撲」のような、すべきコミュニケーションの姿がそこにあったと言えよう。これこそが本来あるべき姿である。


演出面



次へ»
最終更新日: 21/01/18 13:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ