ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ポケモンコロシアム


ヨミ: ポケモンコロシアム
掲示板をミル!
301カキコ!

ポケモンコロシアム主人公(レオ)の画像

ポケモンコロシアムとは、2003年11月21日任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブゲームソフトである。続編 ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギアについても当ページにて解説する。


概要


開発はこれまでポケモンを作ってきたゲームフリークではなく、ジニアス・ソノリティ。開発元がポケモンを手がけるのは今回が初めてであったため、他作品とゲームバランスが大幅に異なっており、ポケモン作品の中でも最難と言われている。

システムダブルバトル流で野生のポケモンは一切登場せず、代わりに悪の組織によって洗脳され戦闘マシンとなってしまったダークポケモンが登場するのが特徴。主人公は相手トレーナーが使用するダークポケモンスナッチ(強奪)することで手持ちのポケモンを増やしていく。ダークポケモンは捕まえた当初はダークラッシュという技しか使えないが、リライブ(なつき度を上げていくようなもの)を進めていくことによって徐々に技を思い出し普通に戦えるようになっていく。因みに相手トレーナーから奪えるのはあくまでダークポケモンのみ。

舞台となるオーレ地方アメリカ合衆国アリゾナフェニックスモデルとなっている。荒野の広がる西部世界観、元悪人青年主人公お金単位が円ではなくポケドル、な移動手段はバイク等他のポケモン作品とは一線を画した雰囲気を持っている。しかしこの作品は別世界や別時間軸などではなく、あくまで遠く離れた地方の話とのこと。

当時(ルビー・サファイア発売後)は入手不可能だったジョウト地方ポケモンが入手でき、GCGBAを専用のケーブルで接続することによって通信交換が行えたため、ファンにとっては嬉しい存在だった。ダークポケモンコロシアムではジョウト地方の、続編ではカントー地方ポケモンが多く登場する傾向にある。

GBAカートリッジのデータを用いて対戦するモードでは、当時まだ発売されていなかったFR・LG男の子主人公グラフィックも登場。当然コロシアムやルビー・サファイア単体では入手できないカントー地方ポケモンFR・LGとの連動によって登場するが、そのグラフィックはほとんどポケモンスタジアムからの流用品である。 


かの「唯一神」信仰の発祥地であるとまことしやかに囁かれている。

ストーリー

かの土地から遠く離れた砂漠地帯にあるオーレ地方。そこでは、ポケモントレーナーからのポケモン強奪を論むスナッチ団が蠢いていた。彼らはモンスターボールトレーナーポケモンが奪えるように改造するスナッチマシンを開発したが、ある日、一人の団員によってスナッチマシンが奪われアジトは爆破されてしまった。

物語スナッチマシンを手に入れた主人公が、町はずれのパブにてとあるトレーナーバトルする所から始まる。主人公ダークポケモンを見分ける事のできる少女を始め様々な協者を得ながら、マシンを奪い返さんと迫るスナッチ団やダークポケモンを作り出した悪の組織シャドー」と戦っていく。

コミカライズ

2003年12月号より月刊コロコロコミックで、2004年1月号より小学二年生でいずれも大内軍によりコミカライズが連載されていた。どちらも単行本化はされていない。


ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア


 オーレ地方舞台とした続編。

主人公前作主人公より幾らか幼い貌の少年ダークポケモンをサーチする具を身に付けており、前作のヒロインの様な同伴者はいない(一時的になど身辺の人物が後ろを付いてくる事はある)。「コロシアム」からそれほど時間の経っていない時代であるため、前作をプレイした人には染みのある風景はそのままであったり、一部のキャラクターは成長していたりイメチェンを遂げたりしている。

今作ではダークポケモンに関する研究が進んでおり、悪の組織はその量産化に成功し、主人公サイドリライブ技術の向上化を実現。トゲピーヨマワルなど、一部のダークポケモンは対戦でも有用な技を持っていることでも知られる。

以下にな追加要素を挙げる。

良くも悪くも前作の特色を色濃く残しているため、人によって評価の分かれるゲームである。


関連動画



■sm674336[ニコ動]

■sm12807848[ニコ動]
■sm11525229[ニコ動]
■sm15206138[ニコ動]


関連商品


■azB0000TXFS0
■azB0009X97D4


関連項目



最終更新日: 14/07/12 21:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社