ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ポール・エルデシュ


ヨミ: ポールエルデシュ
掲示板をミル!
19カキコ!

ポール・エルデシュ(Paul Erdős, 1913-1996)とは数学界の妖精さんである。

ハンガリー語による本名はエルドェーシュ・パール(Erdős Pál)。


概要


オーストリアハンガリー帝国の片割れであるハンガリーの都ブダペシュトで、ユダヤ系の高校数学教師夫妻の間に生まれ、幼少時から数学の英才教育を受ける。幼少時から童として有名であり、当人によればまだ小さいころに「ママ、負の数をみつけたよ」というのが初の数学的発見らしい。4歳の頃には家族がこれまで何間生きてきたか計算できたという。

ブダペシュト大学でかつてフォン・ノイマンらを導したフェイェール・リポート(Fejér Lipót, 1880~1959)に師事し、21歳で数学博士号を取得、英国マンチスター大学で客員講師に就く。4年後には米国プリンストン大学の奨学生となり、この頃から客員講義と研究のために世界各地の大学や研究所を転々とするようになるのだが、プリンストン高等研究所で働いている間に家族ホロコーストに遭い、隠れて難を逃れたを除く親全てを失ってしまう。

39歳ごろに彼自身の説明不足から米国でのビザ更新が出来なくなったことを切っ掛けに、一旦ワルシャワ条約機構下のハンガリーに戻る。しかしソビエト政府は彼の学術的価値にをつけ、4年後には一般市民には認められていない自由な出入を特権的に許可するなど、彼を優遇した。失策に気付いた米国移民局がビザの再取得を許可したのはそれから7年も後のことで、エルデシュが再び米国に拠点を移したのはちょうど還暦を迎えた年であった。 

専門は一応数論、組み合わせ論、グラフ理論なのだが、基本的には何でもあり。とにかく面そうと思った問題にぶつかっては、片っ端から解いていくという人間定理生産機で、生涯関係した論文は約1500を数える。数学史でこれより数が多いのはオイラーだけである(ツッコんだら負け)。

数学者は変人」というステレオタイプを地で行くド変人であり、とにかく山のように伝説があるが、その一端を紹介すると:

まさしく数学バカ一代であるが、人の心が分からないかというとそうでもなく、むしろ「子供真似するといけない」と心配するほどの子供好きで、基本的には良識のある大人であった。イプシロンと呼んだり、難問をふっかけたりと、ちょっとばかりやり方が独特なだけで。

上のエルデシュからも明らかなように生涯未被捕獲であり、彼のイプシロンもいない。「身体にちょっと問題があって・・・・・・」とは本人の弁である。が、いちおう共同研究者の中には支配人もいるので、支配人が苦手だったというわけでもなかっただろうが、少なくとも夫婦生活向きの人物とも想えないので、致し方いところであろう。

最期はポーランドのワルシャワでの学会の最中に心臓発作で倒れ、そのまま逝去。享年83数学に生きた男の締めくくりに相応しい幕引きであった。ブダペシュトの両親の隣で眠る彼の墓碑には「口の回らぬほど愚かになりゆく自分を、やっと止められた」(Végre nem butulok tovbb)と刻まれている。・・・・・・願わくはSFの下に参りし彼に真理の至福の有らんことを。


関連動画



関連商品


■az4794209509
 ■az4794218540


関連項目



最終更新日: 15/12/06 15:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ