ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マイケル・チャン


ヨミ: マイケルチャン
掲示板をミル!
4カキコ!

マイケル・チャンは台湾アメリカ人の元テニス選手である。現在錦織圭コーチを務めている。


概要


Michael Chang
基本情報
アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国ニュージャージー州ホボーケン
生年 1972年2月22日
身長
体重
175 cm
73 kg
選手情報
利き手
バックハンド 両手打ち
デビュー 1988年
引退 2003年
テニス選手テンプレート

ピート・サンプラスアンドレ・アガシジムクーリエらと共に90年代アメリカを代表する選手の一人。彼らの中でもいちく四大大会で結果を出し、89年の全オープン17歳3ヶの最年少記録で優勝。この大会の四回戦、当時ランキング1位イワン・レンドル戦は2セット先取されながら、アンダーサーブを使ったりして執念で逆転勝ちを収めた試合としてになっている。また決勝ではステファン・エドベリを破っており、これは結果的にエドベリのキャリアグランドラムを阻む優勝となった。四大大会での優勝はこの1回で終わったが、95年に全オープン96年に全オープン、全オープンで準優勝を挙げており、96年には最高ランキング2位を記録している。97年まではトップを争う位置にいたが翌98年から成績を落とし始める。2003年の全オープンを最後に引退したが、ラスト1年ほどはランキングも3桁台まで落ちていた。

抜群のフットワークを武器にり強くボールを拾いにいくベースライナーだったが、アメリカ人らしく戦場はクレーよりもハードコート、カーペットだった。そのプレイスタイルは最近で言えば全盛期レイトン・ヒューイットが近い(もっともヒューイットと違って芝は得意ではなかった)。ビッグサーバー全盛の90年代にあって、小柄な体ながらベースラインで拾い捲るスタイルに心を打たれたという人は少なくない。日本の大会への出場も多く、セイコースーパーテニス最後の優勝者であるほか、ジャパンオープンでも準優勝がある。現役選手としては2002年ジャパンオープンヒューイットに敗れたのが日本での最後のプレイとなった。

2014年からは錦織圭コーチを務めている。自身初のTOP10入りなど彼の躍進への貢献は大きいようである。


主な実績



関連動画



■sm17805753[ニコ動]

どういうわけか中国テニプリ関係のイベント(?)に呼ばれたらしく動画が上がっていた。

■sm7393639[ニコ動]
■sm7376294[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 15/02/02 22:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ