ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マクシミリアン・ヨーゼフ2世


ヨミ: マクシミリアンヨーゼフセイガンテイ
掲示板をミル!
18カキコ!

マクシミリアン・ヨーゼフ2世とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。


概要


ゴールデンバウム朝銀河帝国23皇帝。先々々フリードリヒ3世の第二男子
として、あるいは「再建」、「清掃」として、後世まで名君の誉れ高き皇帝として名が挙がるゴールデンバウム王の祖である。 


前半生


ゴールデンバウム王の血脈がもっとも混迷した時期に皇嗣に生まれた人物。
皇太子である長グスタフが生来病弱で不安視されていたため、その前半生は皇太子の座を巡って異ヘルベルト大公、リヒャルト大公の二名が憎み合う情勢下にあったが、次男マクシミリアン・ヨーゼフは母親が下級貴族の出であったために皇位継承権がいものと考えられており、本人もその意思を全く見せなかったために争いに巻き込まれることもなくほとんど視される存在であった。

しかし、遠征軍総司令官に任じられたことで位継承待ったなしと思われたヘルベルト大公の勢ダゴン域の惨敗によって失墜すると、継承権争いはさらなる混迷を極めることとなる。フリードリヒ3世が崩御すると冠は兄弟争いを避けてフリードリヒ3世の異マクシミリアン・ヨーゼフ1世の手に移り、まもなく皇太子グスタフへと受け継がれた。そしてそのグスタフも、ヘルベルトの策謀により、在位約3ヶにして殺される憂きに遭ったのだった。

グスタフは、死の床で次マクシミリアン・ヨーゼフを後継者に名し、自らその冠を彼の頭に載せる。
ゴールデンバウの祖として世に名高きマクシミリアン・ヨーゼフ2世””の誕生であった。


統治


マクシミリアン・ヨーゼフ2世に奉られた「」の異名は、むろん彼が数代ぶりの清新な皇帝として賢明に統治し、先々々フリードリヒ3世以来体制の端々にわだかまっていた汚職・陰謀といった数の澱みを一掃して王を立て直したその治世を抜きにしては存在しなかったであろうが、それでもあえて「眼」であるのには理由があった。

彼は未だ位を狙う異の陰謀によりを盛られ、後半生を半盲の身体で送ったのである。
不随の身体となりながらも、彼は皇帝としての義務を投げ出すことく、かつてダゴン域での敗戦の責を取らされ軍法会議に掛けられたゴッドリーブ・フォン・インゴルシュタット中将の弁護人として格調高い弁論で起訴の不法性を糾弾して左遷された「弾劾者」ミュンツァーを法尚書に迎え、勝ち気な女上がりの皇后ジークリンデの補佐によって20年近くにわたって統治を続けた。

内治においては前述のとおり悪弊を一掃し、また外征においても、「距離の暴虐」を唱えた法尚書ミュンツァーの言を容れ、一度も同盟への遠征を行わなかった。軍事的にも、フリードリヒ3世時代に近衛の反乱を恐れて増設された皇宮内の複数の陸上部隊を解体して穏を取り戻した。

その半盲の障故か、彼はそれまで顧みられることの少なかった民生にもを入れ、かの「劣悪遺伝子排除法」を有名実化した。後的な半盲である彼は劣悪遺伝子排除法に抵触することはないが、病弱グスタフ室に生まれていなければ迫されていたであろうし、彼の手による有名実化がかったならば、のちにパウル・フォン・オーベルシュタインローエンラムの成立に関わることもなかったかもしれない。

但し、これはあくまで有名実化であり、効化ではかったことを付記しておく。OVA外伝では、オットー・フォン・ブラウンシュヴァイク公爵ウィルヘルム・フォン・リッテンハイム3世侯爵であり皇帝フリードリヒ4世の後継補であるエリザベートとサビーネは共にある遺伝病を抱えており、それが露見した場合後ろたる両者は破滅するであろう、とされている。


死後


マクシミリアン・ヨーゼフ2世はその統治中に既に名君と呼ばれており、その死後も名は高まるばかりであった。

養嗣子として位を継いだ第24代皇帝コルネリアス1世は後継者として充分に賢君であり、内政においては養の路線をほぼ引き継いだ。しかし、偉大過ぎる養の後継者たるに悩まされた彼は、先々々々の時代に失敗した自由惑星同盟の併す事になる。これが、自由惑星同盟に最大の危機をもたらしつつもついに失敗に終わった「コルネリアス1世の親征」である。

さらに150年の年が流れたフリードリヒ4世の治世においても彼の名が忘れられることはなく、ラインハルト・フォン・ローエングラムゴールデンバウム王暗君を挙げて血統による継承を否定した時にも、ゴールデンバウム王史上の名君として引き合いに出されている。


関連動画


マクシミリアン・ヨーゼフ2世に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 16/04/15 19:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ