ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マクドネル・ダグラス


ヨミ: マクドネルダグラス
掲示板をミル!
5カキコ!

マクドネル・ダグラス(英:McDonnell Douglas,マクダネルダグラス)とは、かつて存在していたアメリカ航空機宇宙企業である。

マクドネル・ダグラスが手掛けた代表的な航空機DC-9、DC-10MD-11MD-80F-15イーグル、AV-8Bハリアー2、F/A-18ホーネットAH-64アパッチ等がある。某業界では有名な航空機オンパレードである。


概要


1960年代末、戦闘機メーカーであるマクドネル旅客機メーカーダグラスを吸収合併した。当時はベトナム戦争化し、航空機材料であるジェラルミンが軍用機メーカーに優先的に供給されたのでダグラス旅客機の注文が充分にあったのに生産を間に合わせることができなかった。さらに新旅客機DC-10の開発で資難に陥ったことから、両社は合併し、マクドネル・ダグラスが誕生した。ロッキード・マーティン 巨大軍需企業の内幕」ウィリアム・D・ハートゥング:著 玉置悟:訳 2012 思社 p.35訳注

80年代までのマクドネル・ダグラスはまさに黄金期だった。旅客機部門では合併後に完成したダグラス旅客機DC-10が(就航初期に設計ミスに起因する大事故を起こしてしまったものの)順調に売れ、またDC-9のストレッチタイプであるDC-9スーパー80MD-80)が好評を博していた。軍用機部門でも艦載機製造ノウハウを買われて、ノースロップ社のYF-17を艦載機向けに設計したF/A-18ホーネットBAEハリアーの設計を洗練させたAV-8ハリアー2、自社謹製のF-15イーグルハープーン対艦ミサイルトマホーク巡航ミサイルなどの名のある機体を多く手がけている。

90年代に入りマクドネル・ダグラスはMD-11MD-90などの既存機の拡大の機体を旅客機市場に送り出したが販売が思うように振るわず、ボーイングエアバスの二社に苦戦を強いられることとなる。さらに91年のソ連崩壊に伴う冷戦終結で軍需部門の売上も下がりはじめ、マクドネル・ダグラスは一転して苦に立たされる事となった。一時は中国との合弁会社で持ち直そうとも考えていたが、これも失敗に終わっている。

1990年代半ば、マクドネル・ダグラスはJSFの書類審に敗れた。その時点でマクドネル・ダグラスは将来の戦闘機製造事業から撤退することが確定した(空軍戦闘機はラプターとJSFに、米海軍ホーネットJSF海軍仕様に切り替わる)。それから1ヶもたたないうちにマクドネル・ダグラスはボーイングに吸収合併されることに合意。ボーイングに吸収されることで旅客機製造の名門ダグラスも消滅し、世界の大旅客機シェア争いはボーイングエアバスの2社に移っていった。ロッキード・マーティン 巨大軍需企業の内幕」pp.33-36


関連動画


そうなのは追記してください♪


関連商品


そうなのは追記してください♪


関連項目



最終更新日: 19/06/01 20:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ