ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マグナムセイバー


ヨミ: マグナムセイバー
掲示板をミル!
51カキコ!
ミニ四駆 > マグナムセイバー

マグナムセイバーとは、漫画及びアニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の主人公星馬豪」が使用したミニ四駆であり、フルカウルミニ四駆シリーズ第1弾である。

ここでは後継機のビクトリーマグナム、ビートマグナム、ライトニングマグナム、バイソンマグナム、そしてアニメで代用マシンとして登場したマグナム600とコロコロアニキ掲載『Return Racers!!』に登場するZウイングマグナムも記す。

マグナムセイバー(Magnum Saber)

シャーシ:スーパー1スーパープレミアム

土屋博士にもらったセイバーを、高速セッティングしたマシン
体がフラット構造になっており空気抵抗をくした過高速改造がされているが、反面ダウンフォースく安定していないという短所がある。

トライダガーXブラックセイバーといったライバル機と熱き戦いを繰り広げたが、プロトセイバーJB空気によってコース外に飛ばされ、溶岩に落とされてしまう。このシーン役演じる池澤春菜の名演と相まって、当時の子どもたちにとって大きなトラウマとなった。

必殺技中でマシンを回転させて弾丸のように飛翔する『マグナムトルネード』。

バリエーションにマグナムセイバープレミアムがある。こちらはスーパー1シャーシを良した高性スーパーシャーシの初採用種。

兄弟機はソニックセイバーブラックセイバーアニメでは後に「セイバー600」(正しい読み方は「セイバーシックスダブルオー」)として量産化される。

■azB0044BCLDK

ビクトリーマグナム(Victory Magnum)

シャーシ:スーパー1スーパープレミアム

Vマグナムとも呼ばれる。

重心が大幅に強化されており、スピード重視の性を考慮して、リアウィングは小化されている。

キットのものはリアウィング非常に脆く、一度のコースアウトで折れることもしばしば。またフロントカウルの後部は取り外しが可で、軽量化のためによく外される。

原作では烈兄貴の言い分を視し軽量化をし過ぎたせいで全体が脆くなり、近藤ゲンのマシンブロッケンギガント」のアタックで一度シャーシが破損。 その後パテで修理したが、再びブロッケンギガントハンマーGクラッシュを喰らった際にシャーシ以外が全に大破してしまう。

アニメでは烈兄貴と共に大神軍団の二人(ゲンと沖田カイ)とレース中、完成したばかりの「レイスティンガー」を引っ提げた土方レイが現れる。ビクトリーマグナムは上記の二人を追い上げる為にマグナムトルネードを使用するが、その間にレイスティンガーのニードル攻撃を受けてしまい、中で全に大破。
このシーンはあまりに衝撃的&トラウマで、再起は不可能だった。

アニメMAXでは販化されており、登場人物のひとしがこのマシン改造した「ビクトリーチャンプ」を使用している。

バリエーションファイターマグナムVFX、ビクトリーマグナムプレミアムがある。
フルカウルミニ四駆シリーズで一番売れたキットであり、ミニ四駆全体で見てもアバンテJr.に次ぐ歴代2位の売り上げを記録している。

■azB00061H0QK
■azB004WBC01K

サイクロンマグナム(Cyclone Magnum)

詳細はサイクロンマグナムを参照

ビートマグナム(Beat Magnum)

詳細はビートマグナムを参照

ライトニングマグナム(Lightning Magnum)

シャーシ:VS

MAX漫画版の終盤にのみ登場する5代目マグナムアニメでは未登場。

形状やカラーリングからネット上では「スクール水着」と呼ばれることも。

バリエーションクリアブルーボディのLMブレイカーがある。

■azB00061H10U

バイソンマグナム(Bison Magnum)

シャーシ:MS

アメリカ修行中にライトニングマグナムが大破してしまい、アメリカインディアン精霊からヒントを得たが作った6代マグナムミニ四駆25周年を記念して作られた。外見はマグナムセイバーを彷彿とさせる。

バリエーションにバイソンマグナムGスペック(限定品)がある。ちなみにGはMCガッツの略。■azB000ZKT358

マグナム600

販品のセイバー600を改造したマシン、通称マグロク(もっぱら本編ではマグロク及びマグロ2号と呼ばれる)。

バトルマシンを用いて勝った相手のマシンを奪うという不良グループ、バンディッツに負けてVマグナムを奪われてしまったマシンを取り返すために用意した代用マシン
模様はマグナムセイバーとビクトリーマグナムを足して2で割った感じで、ウィングはビクトリーマグナムと同一の物を使用している。

42話で隼人に譲られ帯セイロクに生まれ変わるが、WGP編ではGJCに参加するためにマグロ2号という見たに変化は2号機が登場した。

Z ウイングマグナム(Z WingMagnum)

シャーシ:AR

2014年10月15日発売のコロコロアニキ創刊号掲載「爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers」に登場。

星馬豪大人になった20年後の世界で、少年が使用するマシン
従来のマグナム通りファイヤーパターングリーンのホイールが特徴。
そしてZウイングマグナム最大の特徴は、フロント下部のエアインテーク内に小ウイングが搭載されていることである。 

漫画登場当初はウイングマグナムという名称でフロントカウルがついていない。
しかし、ピーターとのレース中にF1パーツを使用しフロントカウルを作成。これを取り付けパワーアップしたものがZウイングマグナムである。
ちなみにウイングマグナムデザインは、アニメ無印フロントカウルが吹っ飛んだサイクロンマグナムに似た形状をしている。

前述の通り息子であるが使用するマシンだが、コロコロアニキ7号にてJのプロトセイバーEVO.とのバトルではに代わってが使用し、マグナムらしいしい走りを見せた。

キットはZウイングマグナムのみ発売。ウイングマグナムにするにはフロントカウルの切断と、前述したコロコロアニキに付属する専用ステッカーが必要。このためにフロントカウルの下に「ウイングマグナムフロントノーズ」が仕込まれているのだが、これを逆に切除してやるとフロントカウル内に大きな洞が出来るので、モーターを露出させずにFMシャーシに載るというネタがある。

なお、ライトニングエアロバイソンPROだったのに対し、本マシンは再びフルカウルミニ四駆シリーズとして発売された。
■azB00NDV8JFQ

グレートマグナムR(GreatMugnum R)

シャーシ:FM-Aシャーシ

2018年9月15日発売。爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers!! 青春中学生編に登場。R(リボルバー)と読み、劇中では「グレートマグナム」ではなく「マグナムR(リボルバー)」と呼ばれることが多い。

中学時代の大神博士息子・陽人(はると)に勝つために作り上げた、マグナム系初のFMマシン。大拳銃モチーフにしており、左右のシリンダーに備えた圧縮空気カートリッジから後方に空気を撃ち出し体をコントロールできる。
マグナムの由来になった弾丸には度々言及されてきたが、初めてマシン銃器要素が取り入れられた。
必殺技は「マグナムガトリングアタック」「マグナムRイナズマショット」「マグナムトルネード」。

ネクストレーサーズ伝」ではZウイングマグナムとは逆にからに貸し出された。時代が前後しているため、マグナムRの方が「古いマシン」と言われている。

■azB07G5C5KVP

関連動画


■sm3152735[ニコ動]

関連項目


最終更新日: 20/12/30 14:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ