ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マジンボーン


ヨミ: マジンボーン
掲示板をミル!
171カキコ!

マジンボーンとは、2014年4月より放送開始されたTVアニメーションである。メディアミックスとして展開されており、ほか漫画版とアーケードゲーム版がある。この記事ではアニメについて記述する。


概要


東映アニメーション×集英社×バンダイというコラボが生み出したオリジナルTVアニメーション原作そのものも東映アニメーションが手がけている。テレビ東京系列にて2014年4月4日から、毎週火曜日夕方午後6時30分より放送中。

プロデューサープリキュアシリーズの生みの親として知られる鷲尾天シリーズディレクターには「銀河キックオフ!」などを手がけた多鋼之介、シリーズ構成には羽原大介、村山功という鷲尾P時代のプリキュアにて脚本を手がけた2人が担当。キャラクターデザインには「アイシールド21」、「ワンパンマン」などの作画を担当する漫画家村田雄介が起用された。

9歳から12歳の男児がターゲット…らしいが、エロ興味ありまくりな思期まっただ中の少年主人公だったり、自主規制が著しい昨今、加えてテレ東規制と揶揄される放送局中において、パツキン巨乳ちゃんが妄想で出てきたり、ヒロイン着替えシーンが映るなど、ある意味挑戦的な内容となっている。

主人公達が変身する「ボーン」は3DCGで描かれるが、それ以外は作画によって描かれる。東映アニメーションとして、CGフルに使うのは初の試みであるとのこと。

OPは東映的には風間大介 / 仮面ライダードレイク役でお染みの加藤和樹が担当し、コテコテアニソンを歌唱している。アニメ大好きと加藤は、この話が来た時大層喜んだらしい。EDに全部持って行かれてしまった感はあるが…。
かたやEDが特徴的である。マジンボーンのマの字も出てこない、それどころか番組・作品のジャンルから逸脱しているのにも関わらず、やたら中毒性が高いことで話題となっている。詳しくはバンドを組んだぜを参照。

ニコニコ動画でも予想外にも配信されることとなったのだが、無料配信される第1話以降は、無料配信期間が一切存在しない全有料配信となっている。
一方で公式サイト周りにおける配信は、最新話のみ一週間無料配信となっているので、無料で見たい人はそちらで期間内に視聴することをオススメする(もちろんニコニコ動画のようにコメントは付けられない)。


登場人物


ボーンファイター

ボーンカードによって、ボーンという一種の戦闘スーツを着装(変身)する適合者達のこと。それぞれモチーフが異なる。

龍神悟(りゅうじんしょうご) / ギタードラゴンボーンKENN
っ盛り、どこにでもいる普通の高校2年生。自室のエロ本について第三者からイジられることが多く、視聴者の中でもそういうキャラと見られ始めている。特技は空手だが中途半端な打ち込み方の模様。幼馴染穂の家族から「ちゃん」と呼ばれている。思期特有の知の低い行動などから、家族よりやや冷たい扱いを受けることも。第2話にして幼馴染と一つ屋根の下で同居というリア充。当初から戦う理由を見つけられず悩んでいたが、ルーク達と行動を共にするうちに「日常を守る」という願いを見つけて吹っ切れた
ルーク / ボーカルシャークボーン(立花慎之介
オーストラリア出身。い長青年で、合気道を得意とする22歳。ボーンファイターのまとめ役クールで冷静な性格で、滅多に表情を変えない。見たによらず筋入りの甘党で、甘いものが絡むと常識すらなくなる。低所恐怖症だったり、潮干狩りを嗜んだことがあったり、自分らが買ってきたお土産を自分が一番遠慮く食べたり、見たによらずかなりのマイペースチーム一の成人であり、ボーン研究所と適合者達の間を取り持つ中間管理職キャラなのだが、回を重ねるごとにどんどんネタキャラ化が進んでいる。ちなみにじゃんけんで負けてボーカルになった。
アントニオ / ベースジャガーボーン(吉野裕行
ブラジル出身の、い肌の少年。見た通り陽気な人。カポエイラが特技の17歳。売り出し中のパフォーマーを自称しながら悟に近づく。普段はあちこちでバイトをしながら生活している模様。任務を忘れて悟のの智子を口説こうとしたり、ノリはかなり軽い。意外とマメな性格であり、人の感情の変化には敏感だったり、女性の好みに合わせたお土産を内緒で買ってきたりしている。地面がむほど重量があるジャグリングクラブで軽々しく芸を見せるなど、見た以上に怪力家族がおらず、故郷ではスラムで暮らし、非常に荒れた生活を送っていたらしい。
タイロン / ドラムイノーボーン(安元洋貴
アフリカ出身。糸目と奇抜な髪型が特徴な大男。両親はいないが、7人、8人(合計15人)がいる大家族の長兄弟の数を間違えられると怒る。設定が似ているが岩の妖精ではない。レスリング技の使い手。3人の中では一番穏やかな人で、一番人間ができているため、諍いなどを諌める役を務めることもしばしば。和の文化を非常に好んでいる。アフリカでは小さな村に住んでいたため人混みがやや苦手で、ボーリングなどの娯楽に染みがあまりない。村田雄介ツイッターイラストでは妙にネタ扱いされている。
ギルバート / キーボードレオボーン(三瓶由布子
アメリカ出身。仲間内では最年少の13歳。ボクシングを得意とする。ファッションや顔付きはやや大人びている。世界を守るという壮大な使命に感銘し、自らボーンファイターになることを決めた。負けず嫌いで、子供扱いされることを嫌う。言動が生意気でドギツく、アントニオも怒らせるほど。何事もハッキリしないと気がすまない融通の効かない性格。大口くだけあって戦闘センスは抜群だが、動きが直線的で強には見切られやすい。敵から強い注を受けている悟に強い対抗意識を燃やし、何かと突っかかる。

ボーン研究所

ボーンファイターのことなどを研究している機関オーストラリアに本部がある。一般の職員達はドラゴンボーンのせいで危険なに合うと感じているため、あまり悟のことを快く思っていない。所長に近い人物は日本語が堪だが、それ以外はむらがある。

東尾(ひがしお) /(大塚明夫
50歳。煙草好き、毎日二日酔い、部屋は片付けられない、半ズボンで歩きまわる、と、おおよそ人として尊敬出来ない要素を詰め込んだオッサンだが、これでもボーン研究所の所長。しかし所長としての責任感と洞察は持ちあわせており、いざという時の決断や判断にはを見るものがある。
アンナクリスティン /(小林愛
24歳。東尾の秘書的な存在で、物語序盤ではルーク電話越しで示を与えていた人物。研究所の要職員の中では一番まとも。
レナード /(浅沼晋太郎
35歳。研究所の中でもっとも危ないマッドサイエンティスト。研究オタクであり、ボーンの研究・解析にしかあまり興味がない模様。研究者としては一流であるが、人間的にはお近づきになりたくないタイプ

ネポス・アンゲリス / ダークボーン

ドラゴンボーンを狙うのボーン集団。他のボーンファイターと同じくカードを使って変身しているらしいが、詳細は不明。中身は悟達と同じ人間のような姿をしているが、滅多に姿を現さない。地球人類のに向けて直接思念でりかけてくるため、言葉を話すことを基本的にはしない。ボーンの研究機関では地球外生命体であると言われている。
名前はダーク○○というパターンをとる。ただし地球を裏切ったウルフ・ボーンとタイガー・ボーンは除外で、彼等は地球側のボーンを使って変身している。

グレゴリー / ウルフボーン(平田広明
悟達と同じボーンを戦士。ヴィクトールとは兄弟中の人的に狙っているのか海賊っぽい装をしている。ただし虎ではない、念。中の人く「チャラ男」。三白眼戦闘狂で、いつもニタニタしている。生身の戦闘力も高いが、ボーンファイターとしての強さもチート級。地球絶望してネポス・アンリスに寝返ったらしい。
ヴィクトール / タイガーボーン(石田彰
グレゴリーシュールクールキャラとして確率しているルークとは違い、こちらは全に無口。虎の紋章のついた眼帯をしていて、しかも付きが悪い。中の人無口キャラなため、役作りはグレゴリー役の平田にお任せとのこと。ボーンがギルバートと被っている気がしないでもない。
ダークホース置鮎龍太郎
悟達が初めて対峙したボスキャラ。火の属性ダークボーン。ドラゴンボーン一方的に好敵手扱いし、覚醒の時を待っているかのように振る舞う。己を磨くため、強い戦士の到来を望む。頭の形が非常に特徴的で、首の部分に顔がある。本名は不明だが、中身はリーゼント頭が特徴なネポス・アンリス人間。意外と感情的であり、自分の部隊のほとんどが屠られて追い詰められると、情のままにドラゴンボーンに戦いを挑み、始まりの魔神を呼び出した。しかし始まりの魔神覚醒により、彼等のいたリベレーションコクーンが崩壊、呼び出した本人も思いっきり巻き込まれて消滅した。恐らく中身もぷっちん。
ダークスコーピオン楠大典
第1話において単独でドラゴンボーンの回収に赴いたダークボーン。先遣隊の小隊長といった立ち位置。属性は火。ドラゴンボーンを装着するも混乱していた悟を打ちのめしていた。しかし戦う覚悟を決めた悟との戦いにあっさり負けてしまい、「裏切り者」と罵りながら消えていった。初のコアボーンクラッシュキャラ。ボーン研究所ではルーク悟のシミュレーションの相手をするため、ボーンカードデータ読み込んで一時的に変身した。
ダークビー
先遣隊の一人。属性。各部に針を備えたトリッキースピードファイター。火の魔神を受けてパワーアップした悟にコアボーンクラッシュされた。素の姿は金髪男性であり、敵が人間に近い存在であることを示す契機となった。
ダークスパイダー田尻浩章
先遣隊の一人。属性で、両手脚に装備されたを活かし、横回転しながら飛んでくる厄介な相手。ドラゴンボーンの踵落とし一撃でボーンクラッシュさせられたかと思えば、魔神を受けてヒャッハーしたり、最後はダークホースフレンドリーファイヤー(?)を食らってコアボーンクラッシュと、立つけど散々な活躍の人。
ダークビートル
先遣隊の一人。属性は土。同属性であるライノーボーンとよくり合っていたパワーキャラ。基本ライノーを押していた辺り、自慢は伊達じゃない。迷いを捨て去った悟により、一撃でコアボーンクラッシュさせられ退場。
ダークマンティ
先遣隊の一人。属性は木。それ以外書くことが思いつかないくらい空気キャラだった。ビートルとまとめてコアボーンクラッシュさせられ退場。
リーベルト / ダークパンサー(折笠富美子
作中初の女性ボーン戦士にして、初めてネポス側で装着者の名前が明かされたキャラおっぱい間の属性を保つダークボーンであり、地球とネポスを行き来出来るを持っている。その強さは尋常でないばかりいか幹部級のボスであり、悟達にとっては強敵であるダークホースですら、口出し出来ない。

その他


次へ»
最終更新日: 15/02/03 22:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ