ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マミヤ


ヨミ: マミヤ
掲示板をミル!
49カキコ!

マミヤとは、漫画北斗の拳」の登場人物である。

CV藤田淑子TVアニメ版 他) / 進藤尚美北斗無双) / 堀江由衣DD北斗の拳


概要


ユリアに良く似た貌を持つ女戦士であり、サザンクロス編でユリアが死んでしまったことになったので、実質、風雲虎編のヒロインである。え?リン?あ~聞こえんなぁ~?

20歳の時の誕生日に妖ユダに捕えられ両親をの前で殺された揚句、左肩の後ろに『UD』という焼印を押されてしまう。その後、命からがらユダのところから帰ってきたマミヤは女であることを捨て、故郷である村を守るために戦うこととなる。
ボウガンヨーヨー、娥媚刺など様々な武器を使い世紀末の荒くれ共と戦い、ケンシロウレイと出会うと村を離れ、共に同行することとなる。カサンドラでのトキ救出後にマミヤに死兆星が見えていることが分かり、ラオウに命を奪われかけるが、ケンシロウレイのおかげにより窮地を脱する・・・だが、それでも死兆星は消えてはいなかった。

この死兆星彼女世紀末世界へ引きずり込んだユダが鍵を握っており、それを知ったレイラオウとの戦いで受けた秘孔新血愁で余命3日という中マミヤを救うために奔走し、ついにはユダを倒しマミヤの死兆星は消えるが、レイの身体は限界に来ており、その後マミヤへ自分のを告げ死んでいった。その後は故郷の村に留まり、終章ではより女らしくなって再登場し、バットの窮地を救おうとしている。

※マミヤはレイ一筋かと思われがちだが、実は最初はケンシロウに想いを寄せていた場面もある。

この非常に犠牲者の多い世紀末しく最後まで生き残った人物であり、全編を通した登場はないものも北斗の拳世界の中で重要な地位にいるキャラクターである。


AC北斗の拳でのマミヤ


AC北斗の拳にも一の女性キャラクターとして登場している。ボウガンメットなど多飛び道具を持っている遠距離キャラクターで、前述のユリアに似ていることもあってかトキシンユリア絡みのイントロがあったりする。(なぜかラオウにはない)

レイに一撃必殺技を決めた時に演出で夜空に彼の顔が浮かぶ特殊演出があったりと、いろいろされているキャラなのだが、女性ということもあり防御・気絶値・ガードランク最低ランク。攻撃も低めに設定されているため、あの聖帝の様に「攻めている時は強キャラ」のようにはならない。切り返す時の技もガーキャン(ただしアジられても不利はい)かバイクオーラ1)くらいしかなく、さらに投げ・掴み投げが存在しない。そしてマミヤの飛び道具サウザーの南斗爆破などと違い弾数が10発と制限されており、補充はできるもののその際に大きな隙をさらす他、ユダと同じく非常にゲージ管理に気をつけなければならないキャラである。
そのせいで稼働初期は同じく弱キャラジャギと一緒に最弱、もしくはジャギ以下とも言われていた・・・。

だが、そんな世紀末彼女を見捨ててはいなかった!!!

研究が進むにつれてヴォーテツサーンこと鉄(格闘ゲームプレイヤー)氏がAC北斗永久コン、バスケを発見。
さらに当時全一マミヤ使いであったぽち氏がを開発したことによりマミヤは画面端であればバインドトリックオーラ1)でバスケに行くことができるようになり一時ランクを上位に押し上げた。さらに、中下段を揺さぶる飛び道具リーチの長い通常技、前転を使った表裏の撹乱、全キャラ最速発生のヘヴィーを使ったしい起き攻めにより相手に何もさせずに完封させることも可

一撃必殺技は少し特殊で、マミヤが中にビンを投げた後そのビンに矢を当て、その中身が相手に当たればテーレッテーとなる。ボウガンの矢ではなくビンの中身を当てなければならない。ボウガンの矢がい場合は発動時に1発増える。このような不思議な設定によりゲーム内でも上位クラスの使いづらさを誇っているが、実は暗転後の発生が0F、さらにビンはオーラガード不可であり、読みが当たれば最強の対技としても機する。追加入で溜めると矢がガード不能になり、暴発した際の悪あがきにも使える。

ある意味バスケがあるから強キャラのように聞こえるが、世紀末はやはり甘くなく、このゲーム最強キャラであるトキとの相性がとてつもなく悪く、このゲームの中で一番終わっている組合せと言われているほど・・・トキナギッを使った固めによるガークラ連携が非常に辛く、オーラい時に触られたらそのラウンドは捨てるしかない。例えワンチャン掴んでバスケに移してもトキ判定のせいでバスケ中にミスする事もよくある。なのでトキと戦う際は、1ラウンドを捨てる覚悟でせめてオーラ1をゲットし、2ラウンドでバスケをしゲージ回収→3ラウンドも同じくバス(ry・・・という感じになってしまう。

さらに4強の一人のレイとも相性が悪く、特にレイの一撃必殺をマミヤが受けるとこのゲーム一の「脱衣K.O」が起きるためレイ×マミヤのときにはレイ側が露取りに来る時も多い。まぁ他のキャラはそんなにダイヤは悪くないキャラなのだが・・・

ちなみに投げ技がいことによりシンバグ技ムテキング」に対して解除手段がないのでムテキングを決められた間にセルテーレッテーとなる。
現在ランクでは下から2・3番のところにいるが、プレイヤーの少なさや慣れない遠距離攻撃のためか対策がなければハート様と同じくわからん殺しが発生しやすい荒らしキャラでもある。の発見などAC北斗の拳の発展に大きく貢献したキャラであることは間違いない。


DD北斗の拳のマミヤ


漫画版ではあべし署の婦人警官という設定で、ストーカー騒動の折にレイに惚れられるという役柄。

アニメ版ではリュウリュウケン店長リュウケンマミヤ・リンゾウ(つまりリュウケンであるリン従姉妹)という設定。
ときどき言われていたマミヤ苗字説の裏づけになるかと思いきや、名前もマミヤ。フルネームは「マミヤ マミヤ」、富野作品のキャラみたいなきである。
行き遅れたために50歳に至るまでまるで良縁に恵まれなかったオバサンという酷い設定で、地も見たに反しておばさんそのものである。
ユリアに似ていると北斗兄弟は色めき立ったが、ナレーションからは「それほど似ちゃいない」と、ついに長年公式が突っ込まなかったところに突っ込まれてしまった。だがユリアと共通の声優が演じるのは北斗史上初めてだったり。
普段は美人だが、実はそれは化粧によるもので、それが剥がれると見るも残な、筆舌に尽くし難い………というか思い出すのも恐ろしい容姿になる。
レイもそれを見て一度はドン引きして逃げようとしたが、ケンシロウが秘孔を突いたことで25歳くらいまで若返り、一気にモテモテのとなった。
二期では教育実習の先生という立場で登場し「まみっちんぐ」を合言葉に授業を行った。また、一時限をこなす毎に熱心に取り組み発汗したという理由でを一枚脱ぎ、最後には原作レイを切り裂かれたシーンを彷彿とさせるような手な脱衣を見せたがリュウケンによる寒いダジャレのせいで一気に冷え、逆にを着込むという結果に終わった。
一期に見られた年増を臭わす言動はなく、またケンシロウ達との面識もいため年増であるという設定はくなった様子。 


関連動画



■sm4888289[ニコ動]

■sm5764228[ニコ動]

■sm4629591[ニコ動]
■sm11784429[ニコ動]

■sm1347660[ニコ動]
■sm10162548[ニコ動]


関連商品


リボルテックが・・・あれ?


関連項目



最終更新日: 15/12/11 12:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ