ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マルセロ・ビエルサ


ヨミ: マルセロビエルサ

マルセロ・ビエルサ(Marcelo Alberto Bielsa Caldera, 1955年7月21日 - )とは、アルゼンチンの元サッカー選手、現サッカー導者である。別名エルロコ(狂人)。3トップフォーメーションを多用する。


概要


アルゼンチンサンタ・フェの出身。政治家弁護士などを輩出するエリート一族に生まれる。

1977年アルゼンチンプリメーラ・ディビシオンニューウェルズ・オールボーイズでサッカー選手としてのキャリアスタートするも、25歳で現役を引退。その後すぐにコーチす。

1990年ニューウェルズ・オールボーイズの監督となり、1990年のアペルトゥーラ(前期リーグ)、1991年クラウスーラ(後期リーグ)で優勝し1990-91シーズンの2連覇を達成。1992年にはクラブをコパ・リベルタドーレス準優勝に導いた。

その後、メキシコアルゼンチンクラブチームを率い、1998年サッカーアルゼンチン代表監督に就任。2002 FIFAワールドカップではグループリーグで敗退するも続投。2004年コパ・アメリカで準優勝、2004年アテネオリンピックではメダルを獲得する。

2007年からサッカーチリ代表監督に就任、攻撃的なチームを作り上げ、2010 FIFAワールドカップ予選を2位で通過。本大会でもベスト16に進出を果たした。このときのチリ内でのビエルサ人気は大変なものであり、ビエルサが退任する噂が立ったときにはファン抗議行動を起こすほどだった。

2011年アスレチック・ビルバオの監督に就任。1年2011-12シーズンUEFAヨーロッパリーグとコパ・デル・レイで準優勝したもののリーグ戦で10位に終わる。飛躍が期待された2012-13シーズンは昨シーズンよりも下のリーグ戦12位となり、シーズン終了後に解任された。

2014年オリンピック・マルセイユ監督に就任。2014-15シーズンには序盤戦にはパリ・サンジェルマンを相手に戦差を感じさせない首位争いを繰り広げた。しかし2015-16シーズンの開幕戦後に突然辞任を表明した。


関連項目



最終更新日: 15/11/20 12:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社