ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マングース


ヨミ: マングース
掲示板をミル!
7カキコ!

マングースとは、ネコマングース科の哺乳類である。


概要


として知られるハブ敵として有名な動物である。といっても、ハブの猛に耐性があるわけではなく、受ければマングースもただでは済まない。
それでもハブはマングースにとって捕食の一つではあり、ハブもまた彼等に見つからないように手を尽くすなど、恐ろしい存在であることに変わりはない。

しかし、実際マングースはハブよりも小爬虫類トカゲ)や、小さい哺乳類ネズミ)など、弱い生き物の方を狙う。ハブは言うまでもなく一筋縄ではいかない相手であり、マングースとしても積極的に狙いたいと思える相手ではないのである。

何故マングースがハブの好敵手・敵、ということになったかというと、昔の人間が「マングースってよ、ハブも殺せるくらい強いらしいぜ!」「マジで?!そりゃ面い、見世物にしようぜ!」としてマングースVSハブの対決ショーを始めたことに由来するらしい。

この噂によって実を被った土地が日本にある。明治時代、沖縄奄美大島では、増殖する猛ハブの対策としてジャワマングースを大量に投入した。それ以前の放られたイタチなどはあっさり全滅しており、奄美大島の人はこのマングース作戦希望を抱いていた。
ところがどっこい、マングースは絶滅こそしなかったが、ハブにはほとんどもくれなかった。それよりも沖縄で暮らすか弱い生物を襲い始め、奄美大島の生態系をメチャクチャに破壊してしまった。

人間の都合で連れて来られたマングースは、これまた人間の都合で今では駆除対となっている。しかも結構あの手この手で本格的に根絶やしにしようとしている。だがマングースが繁殖し続ければの生態系は乱れるどころか本当に崩壊してしまうため、仕方のない措置ではある。

だが、沖縄ではその「マングース対ハブ」を見世物としていた時期がある。しかしこれは動物愛護の観点から不届きであるとされ、今では行われていないとのこと。

また、この沖縄での暴れっぷりやハブとの関連性がアニメゲーム作成者のにとまったのか、ポケモンMTGといった作品で、この動物モデルにしたモンスタークリーチャーなどが登場することがある。
なかには、ハブとマングースの物騒な戦闘シーンを放映したアニメも・・・(例:大魔法峠など)。


関連動画



■sm7824217[ニコ動]

■sm9860733[ニコ動]


関連商品


■azB000V1M0JW
■azB00QMIRIMM


関連項目



最終更新日: 16/05/25 17:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ