ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マンボウ


ヨミ: マンボウ
掲示板をミル!
103カキコ!

まんぼう記事#1 [画像]

マンボウ(翻車魚)とは、フグマンボウ科のである。


曖昧さ回避


その他のマンボウおよびマンボウを名前に含む用についてはまんぼうの記事を参照。 →「まんぼう


概要


現在フグマンボウ科は5種類知られ、マンボウ科マンボウ属には3種類のマンボウが知られているが、その中の普通の「マンボウ」が以下の通り。

【分類】脊索動物門 脊椎動物亜門 条鰭綱 フグ フグ マンボウ科
【学名】Mola mola
【分布】熱帯と温帯の世界中の合いに広く分布。
【体長】最大で2.7m程度?
 ※3m以上の個体も記録されていたが、分類の見直しで多くが「ウシマンボウ」になった可性が高い。
【体色】褐色
【特徴】体は縦にたく全体的に円形をしている。格のほとんどが軟
  体の後端に上下一対で縦に細く長い背鰭と鰭を持ち、尾鰭はく独特の鰭を持つ。
  口に一般的なく嘴(くちばし)状になっており、クラゲプランクトンの他、小甲殻類捕食する。

マンボウの生態については現在も不明な点が多く残されている。その体形から面近くの表層部で生活していると思われていたが、近年の調深海にも行き来することが判明したり、他にも面にたい体を横にして浮かんでいたり、面からジャンプするといった行動の理由も諸説あるがまだよく分かっていない。
ただし、マンボウのメスは一度に最大3億個のを生むという話があるが、これは疑わしい。

深海に潜るのはエサを食べるためのようだが、圧変化に対応するためか空気の詰まった浮き袋ではなく分の多いゼラチン質の層で浮を稼いでいる。泳ぎは苦手でいつも漂っているような印があるが、危険が迫ると猛速度で泳ぐ。茨城県の「アクアワールド・大洗」によると「本気を出したマンボウは意外に速い」とのこと。この泳ぎは背鰭と鰭を一緒に左右に振る、ペンギン羽ばたき泳法を横倒しにしたような動作による。

生まれたばかりの稚には多数のトゲが生えており一見ハリセンボンにも似た成とは似ても似つかぬ姿をしている。元々ハリセンボンと同じフグ仲間であるためだろうか。マンボウは食用としても用いられ、身はく弾があり、特に肝が味として重宝される。身は分が多くほとんど味がないが、傷みやすいことから、煮物にされたり、刺身の場合はポン酢味噌などと合わせることが多いが、身と肝を和えるとこれまた美味とのこと。

マンボウの嬌のある堂々とした姿はなかなかのインパクトがあり、各地の水族館で飼育されている。とくに茨城県大洗町の「アクアワールド・大洗」では、日本一の大きさという巨大水槽2014年現在7匹が飼育展示されており、ゆったり泳ぐ姿を見ることが出来る。餌の時間には飼育員の方による解説もある。また館内のミュージアムゾーンには世界最大級のマンボウの剥製もあり、マンボウはサメと並んで同館の顔として知られている。

水族館では旋回が不得意な性質からで擦り傷を作って弱ってしまうことが多い。専用水槽の場合ビニール製のカーテンをガラスの内側にたらしてそれを防いでいることも多い。飼育下で弱りやすいことや、死亡率が高いことから、ほんのささいなきっかけで死んでしまうスペランカーのようなであると言われることがあったが、そうしてられる死因の大半はデマのようだ。野生動物にも生きるのが下手な笑えるものがいてもいいという願望から尾鰭が付いたのだろうか。マンボウに尾鰭はないのだが。


マンボウの死因


前述するように、マンボウは細なことで死ぬという以下のようなデマがある。

ほぼ全てデタラメである。

この中の多くは実のところ、このようなネタツイートネタ絵が得意な絵師であるサッカン氏が2013年に考え、ツイッター投稿した全くのネタであった(マンボウの死因一覧ツイートその1[外部]その2[外部]その3[外部]など)。特にツイート2は突出しており、9000以上RTされている。このツイートが世間に出回ってしまっていることはサッカンも承知しており、2014年に謝罪している(ツイート[外部])。

ただし、サッカン創作と考えられているものは多いが、全部ではない。特にジャンプの着で死ぬ」というデマが見られるようになるのはサッカンより3年以上前のwikipediaであり(マンボウ博士澤井悦郎が明言)、ツイッターに限定しても2011年9000RTされたものが確認できる。
なのだが、2019年現在ネットだと全部サッカンのせいということにされていることもある。

そもそもサッカンツイート釣り目的のデマというより、ネタツイ、大喜利といった性質のものに見えるが、こんな荒唐稽なものを信じることは受け手側の問題ではないのだろうか。
また、複数のメディアがこのデマ拡散したが、サッカン以外にまともな謝罪の意を示したものは皆無である。なかでも2014年に大流行したスマートフォンアプリ生きろ!マンボウ!」は現在も特に内容をめることなく世界中で配信されている。

この一連のデマについて、サッカン責任はかなり重いと言えるが、サッカンひとりに原因を押し付けるのも間違いであるネットみにしてだいたいサッカンのせいだと単純化すること自体が、ネタ絵師のネタツイを信じてデマを産んだ構造そのものではないのか?

この件についてはテレビツイッターなどで否定が進み、2014年後半にはほぼデマと見なされるようになった。
都市伝説などと言われることもあるが、実際のところわずか4年程度で急に広まりすぐ消えていったネットミームである。
が、まだ信じている人もやはり存在する。


卵3億?


死因デマが信じられた原因のひとつとして考えられるのが「一度に3億のを産むが、生き残るのは2匹」という情報と思われる。
これはwikipediaやサッカンよりまともそうな文献にも書いてあることがあるが、やはりマンボウ研究澤井は否定的に述べている。これは「卵巣に未成熟が3億あると書いてある論文が過去に存在した」なのだといい、産む数ではない。しかも3億の根拠が論文に示されていないのだという(3億でないと言い切ることさえできない)。もちろん生き残る割合も定かでない


マンボウ科の種類


※ヤリマンボウ属のトンガリヤリマンボウは実際はヤリマンボウと同じ種だと言われるが、はっきりはわかっていない。
※マンボウ属のゴウシュウマンボウは研究が進んでウシマンボウと同種とわかり、名された。


関連動画



■sm7442926[ニコ動]

■sm4134745[ニコ動]
■sm7086349[ニコ動]
■sm5059299[ニコ動]
■sm7612136[ニコ動]
■nm17489750[ニコ動]
■sm14108973[ニコ動]


関連商品


■az4005008593

マンボウ博士として知られる澤井悦郎の著書。2017年前半までの最新情報がふんだんに掲載されている。ただし2017年はマンボウ属の分類がさらに進んだ年であり、本書で触れている未知の種にカクレマンボウという名前がついたことにはわずかしか触れておらず、さらに不確定になっていたマンボウとウシマンボウの学名が確定するのは本書の出版後である。澤井ネット上の記事も合わせて読みたい。
このほか、死因デマにも触れており、サッカンと直接やりとりした話も出てくる。
ちゃっかり献本をもらったサッカンツイート

ツイートを取得できません
https://twitter.com/sakkan69/status/903868798066876416[外部]

■az4092172532
■azB004Y8NBQY
■azB0002ZQH32
■azB005FAFZGE
■azB005NH7B0C
■azB004F94UZS
■azB0052CHOUK


関連項目



最終更新日: 19/02/24 08:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ