ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マークザイン


ヨミ: マークザイン
掲示板をミル!
121カキコ!

マークザインとは、テレビアニメ蒼穹のファフナーシリーズに登場する人兵器ファフナー」の機体名、及び同作品内で使用されるBGM名である。

本項では両者に付いて解説する。


マークザイン(機体)


日野洋治とミツヒロバートランドがフェストゥムとの最終決戦に向けて共同開発した人類軍の最新ファフナー、「ザルヴァートルモデル」の一機。
マークエルフコア移植後、ミョルニアによって真壁一騎に託され、以降彼の機となる。
日野洋治の設計思想に基づき、ひとりでも多くの搭乗者と味方を長く生かす事をコンセプトとしており、「マークニヒト」はマークザインと対を為す兄弟機である。

メイン武装はルガーランスのみ。(一時的にマークハトガル44などを使用したことはある)

ザルヴァートル」は「救世主」を、「ザイン」は「存在」を意味する言葉である。


作品内での活躍


蒼穹のファフナー(TVアニメ一期)

真壁一騎竜宮を離れ新国連軍の捕虜となった際、マークエルフからコア移植することで完成した。ロールアウト初期はが掛かった白色の装甲にアンカーケーブルユニットやホーミングレーザーポッドを持つ外観だったが、コアの単独再生による再構築後は純の装甲とスタビライザーのみと言うシンプルシルエットの機体へと生まれ変わっている。
ノートゥングモデルとは操作感が全く違い、「違う自分になる」のではなく「存在そのものが全く別のものになる」感覚を受け入れられなければ、その価を発揮できない。
最大の特徴は何よりも同化と、それによるによる武器の強化。 竜宮帰還直後の戦闘では、埋め尽くさんばかりにり付いた小フェストゥムを同化して食い尽くし、一周回って正しい使い方になったルガーランス(通称同化の一撃でプレアデスを撃破した。

フェストゥムに対する最終兵器と言えるような性だがそれ故パイロットへの負担も強く、一騎は同化現が深刻化し眼化・視低下・半身まひ等を発症し、第一次蒼穹作戦後は睡状態に陥ってしまっている。

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH(劇場版)

クロッシングした総士に「11番ので行け」と告げられた一騎が搭乗する。
来主操のミール率いるフェストゥムやマークザイン内への封印から解き放たれたマークニヒトと交戦。また、同化を肩代わりするを披露した。
今作よりルガーランス内蔵レールガン核融合プラズマへと変更され、プラズマ発射が正式採用されている。とはいえ、プラズマ弾がエウロスを消し飛ばすビームに変貌するのは流石にマークザインだけである。

蒼穹のファフナー EXODUS(TVアニメ二期)

ファフナーブルクの一に厳重に拘束された状態で保管されている。
マークニヒトとの共鳴によりクロッシング不全を起こしているが、一方でパイロット不在の状態でありながらジークフリードシステムにクロッシングしていた。
皆城織姫示により真壁一騎が搭乗、マークニヒトとともにインド・シュリーナガル基地へ降り立つ。
ひとつを丸ごと同化し、フェストゥムの同化により「いなくなりかけていた」パイロットたちの「存在」を取り戻すという離れ業を成し遂げた。ルガーランスは極太ビームどころか同化代替やビームのシャワーなどもはや元の用途が分からない使い方をされている。
世界中がシャイニー☆状態である。

なお、西尾里奈の搭乗するマークインもマークザイン同様の武器を同化強化するを獲得したのだが、本家り切りすぎてんで見える状態になってしまっている。

蒼穹のファフナー THE BEYOND(劇場版)

第五次蒼穹作戦にて登場。搭乗者は日野美羽である。

しかし祖日野洋治がマークザインの生みの親にして日野夫がトリプルシックスと呼ばれる程のファフナーパイロットであったことを思えば当然の結果だったかもしれない…


外部出演


スーパーロボット大戦K

原作とは違いドロドロに溶けるイベントいため、最初から再構築後の姿で一騎の元に届けられる。
「同化」という特殊再現されているが、気低下位の効果にしかならず、その効果自体が決定打にはならない。サイズ40mをえているにも関わらずMサイズユニットとしては正統派な性をしている。何故か飛べない。

スーパーロボット大戦UX

もしかしなくてもフェストゥム殺すマン

詳しくは該当記事を参照。
しっかり再構築イベント再現された上で搭乗する。今作では飛べる。「同化」の性が強化されており、気120以下の敵フェストゥムを次々と同化(即死)しHPとENを回復しつつ無双し始める。
フェストゥム戦における最強の機体となっており、またそれ以外の相手でもバランスが良い機体に仕上がっている。 1部、2部のTV版と3部劇場版で武器の性が変わっており、TV版では近接・格闘寄りで、劇場版では遠距離・射撃に傾いているため、運用方法がガラリと変わるので注意。


マークザイン(楽曲)


もしかして:→処刑用BGM(味方含む) 

一騎の竜宮帰還シーンから使用されたBGM。ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団の荘厳かつ繊細な演奏が存分に発揮された、作中でも特に印に残りやすいだろう。

しかし、この曲を最も印付けるものは使用されたシーンにある。
使用されたシーン竜宮帰還以外では対スカラベ戦・蒼穹作戦終盤・L計画始動・EXODUS第一話長尺版ラストと、印の割に回数は少ない。
だが、それぞれのシーン

と、どれもが始まりを告げるシーンであり、実際には物語の転機を徴するBGMであると推測できる。
だが、5回中3回のインパクトが強すぎるため、処刑用BGM扱いが定着しているようである。 


関連動画



■sm22777482[ニコ動]

■sm22784845[ニコ動]
■1425620968[ニコ動]
■sm7335038[ニコ動]


関連静画


■im5506432(静画)
■im4748668(静画)
■im4676330(静画)
■im5551676(静画)


関連商品


過去ROBOT魂においてフィギュアが発売されていたが、現在では入手困難である。

■azB004UPINKA


関連項目



最終更新日: 19/11/09 12:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ