ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マーク・バーリー


ヨミ: マークバーリー
掲示板をミル!
2カキコ!

マーク・バーリーMark Buehrle、1979年3月23日-)とは、アメリカ合衆国出身の元メジャーリーガー(投手)である。


概要


OB
マーク・バーリー
Mark Buehrle
基本情報
アメリカ合衆国アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ
生年 1979年3月23日
身長
体重
188cm
104kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 投手
プロ入り 1998年MLBドラフト38巡
経歴
プロ野球選手テンプレート

的な技巧ピッチャーコントロールが抜群にいい。
持ち球はファストボールスライダーカーブチェンジアップなど。
毎年200イニング以上投げるが四球シーズン61個をえたことがなく、50個前後である。

1998年ドラフト38巡シカゴ・ホワイトソックス名され入団。2年2000年メジャーデビューを果たす。翌年から先発ローテーションに定着し16勝を挙げ、2002年からは5年連続の開幕投手ホワイトソックスエースとなる。

2009年7月23日、対タンパベイ・レイズ戦で完全試合を達成(メジャー18度)。
9回死の場面で元読売ジャイアンツのゲーブ・キャプラーホームラン性の当たりを打たれるが
これを守備固めでセンターに入っていたドウェイン・ワイズが好捕。その後三振ショートゴロに打ち取り達成。
ワイズのプレーなしにはれない完全試合となった。(大のホワイトソックスファンであるオバマ大統領も祝福の電話にて「ワイズにステーキをおごれ」とおっしゃっている)
なお、この試合の審判バーリーノーヒッター、野茂のノーヒッターの球審を務めている。

ホワイトソックスでは2011年まで11年連続2桁勝利200イニングを記録。

2012年マイアミ・マーリンズに大契約で移籍し、202回1/3を投げて13勝を挙げそれぞれ12年連続に記録を伸ばした。しかし同年オフ、大トレードで今度はトロント・ブルージェイズへと移籍することになった。

2013年は序盤は不振に陥ったが、ブルージェイズでも203回を投げぬき、13年に記録を伸ばした。

2015年は後半で失速し、15年連続200イニングはならなかった。オフFAとなった。

その後、明確な時期は不明だが、現役を引退した。

イチローカモにされてもいる(過去、4打数4安打された)。


通算投手成績


通算:16年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
MLB 518 33 10 214 160 0 3 .572 3283.1 734 1870 1542 1391 3.81 1.28

記録


関連動画


■sm7726214[ニコ動]

■sm7686938[ニコ動]
■sm19402262[ニコ動]

関連商品

■azB0072LU49C
■azB00CX3NZSG


関連項目



最終更新日: 18/03/12 06:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ