ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マーティ・フリードマン


ヨミ: マーティフリードマン
掲示板をミル!
127カキコ!

マーティ・フリードマン(本名:Martin Adam "Marty" Friedman)とは、日本で活躍するギタリストプロデューサーである。世界一知名度の高いモーヲタ


人物像


アメリカワシントンDC出身のミュージシャン新宿在住のギタリスト。通称「マーティさん」。
ソバージュがかった長、面長な顔立ちやくりっとした眼が特徴である。
ハワイカコフォニー、メガデスと数々のメタルバンドを渡り歩いたのち現在日本に拠点を置き活動している。
現在バンドLOVEFIXER」を結成。
語尾によく「~じゃん」をつける口グセがあるじゃん。


「やたらギターのうまい外タレ」というイメージが強いが、その実メガデスを「スラッシュメタル四天王」まで叩き上げた実超絶ギタリストであり、ヘヴィメタル演歌フレーズを取り入れるなどして、メガデス時代から「東洋の調べをもつギタリスト」として有名であった。
日本ではいまだに「メガデス」「メガデス」と言われ続けるので当人はちょっぴりウンザリしているようである。

日本在住だけあり、もちろん日本語はペラペラである。しかしこ日本語は、メガデスツアー中に暇つぶしでやった通信教育のたまものである。通信教育仕込みだと知った関根勤ガレッジセールゴリに「全然ロックじゃないじゃん!」とツッコまれたこともあった。

演歌J-POPオタク文化にも造詣が深く、アニメ版「マリア様がみてる」三期OVA3巻以降のエンディングテーマであるKOTOKOの歌う「きれいな旋」は彼の作曲であったりする。というのも、彼が個人的にマリみてファンであり(好きなカップリングは祥子×らしい)そのご縁だとのこと。
あとはしょこたんの歌をプロデュースしていたり、ポップソングにかなり精通している。

タモリ倶楽部」に度々出演。音楽系の企画論、空耳解説としても活躍。安斎肇が遅刻して来ない時に代わりに空耳アワーに出演することもある。

映画「グーグーだってである」で英会話講師の死神ポール」を演じていたほか、「デトロイト・メタル・シティ」にちょびっと出ていたりする。


フリードマンの音楽


音楽性やギタープレイに関する話をすると、演歌で使われるような「四七抜き」の和風音階を多用する。

レガート奏法を得意とし、ボックス以外の音を追加したりボックスを丸ごと移動したりしながら変質したペンタトニックやハーモニックマイナーのようなシーケンス・フレーズ演奏するのが彼のやり方である。また、コードにとらわれない不思議なきのアルペジオも得意とする。

上述のレガートの技術と異常速度に定評があり、まれに、タッピングやスウィープを使っていなくても、あたかも使っているかのような錯覚を起こすほどの速度である。また、エコノミーピッキングを絡めたオリエタルスウィープも得意。しかし何と言ってもコブシを感じる泣きのビブラート二。

対してタッピングやアーミングなどの変化球技はあまり好きではない。(特にアーミングに関しては)
好きではないものの、ROCK FUJIYAMAにおいて、ドラゴンフォースのトットマンとタッピングのスピード対決をするというちょっとレアな場面もあった。結果は、トットマンの両手タッピングの前に惨敗している。

下から弦を巻き込むような独特のピックの持ち方をし、よくネットなどでネタにされるが、これはピッキングノイズをなるだけ出さないための工夫だとのこと。

機材面に関しては、メガデス時代はジャクソン社のケリーという機種をモデルにしたシグネチャーモデルマーシャルやVHT、クレートのアンプを使用していたが、日本に移住し てからはアイバニーズのSZ、ArtistモデルにしたシグネチャーやPRSシングルカット、ヒュース&ケトナーやエングルアンプを使用している。


ディスコグラフィー


彼の在籍していたバンドなどは含めず、彼のソロ名義でのスタジオアルバムについてのみ記述する。


関連動画



■sm3174945[ニコ動]

■sm53598[ニコ動]
■sm1349199[ニコ動]
■sm2384159[ニコ動]
■sm1471301[ニコ動]
■sm3291393[ニコ動]


関連商品


■azB0012F9AM6
■azB001AWPYUI
■az4822263193
■az4822263347

関連項目



外部リンク



最終更新日: 16/03/05 16:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ