ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミス・モノクローム


ヨミ: ミスモノクローム
掲示板をミル!
271カキコ!

ミス・モノクロームとは、日本女性声優歌手である「堀江由衣」のライブ演「堀江由衣をめぐる冒険IIISecret Mission Tour~」で初登場したキャラクターである。

その後ソーシャルゲームへの出演やグッズ化、アニメ化など多方面へ展開している。


概要


キャラクター原案は堀江由衣本人によるもの。細かな設定は登場作品によって異なるが、アンドロイド(またはロボット)、銀髪ツインテールを基調とした衣装、感情表現が控えめ、単三電池が動などは共通している。

2012年3月に行われたライブツアー堀江由衣をめぐる冒険IIISecret Mission Tour〜」に、色を嫌い世界モノクロに染めようとするロボットとして登場。敵キャラクターとして堀江由衣と対決した。翌年3月に行われた「堀江由衣ベストライブ〜由衣と時間泥棒〜」にも再登場している。

2012年10月からサービスを開始したスマートフォン向けソーシャルゲームガールフレンド(仮)」に出演。表情・感情表現を上手く行えないアンドロイドで、感情機を学習させるために学園に転入してきた。

2013年には「ミス・モノクローム -The Animation-」として5分TVアニメ化された。売れっ子アイドルアンドロイドで、スーパーアイドルKIKUKOに憧れている。

アニメ化以降もコミカライズ化や、ねんどろいど発売、Animelo Summer Live 2014への出演、セカンドシングル発売、ゆるキャラグランプリ2014への出場、グラビア誌の発売など、キャラクターアイドルとしても幅広く活動している。

ラジオ番組「堀江由衣の天使のたまご」には、ミス・モノクロームに対する質問と回答を予想して募集するコーナー「ミス・モノクロームのつけておしまい!」がある。

2014年放送のアニメガールフレンド(仮)において5話に登場・・・したが、僅かの30出演であった。


ガールフレンド(仮)でのミス・モノクローム


プロフィール
名前 ミス・モノクローム
CV 堀江由衣
属性 COOL
学年 2学年
所属 帰宅部
誕生日
身長 155cm
体重
3サイズ(BWH) ?-?-?
趣味 人間観察、の餌やり
好きな食べ物 電池、海苔弁当うなぎパイ
嫌いな食べ物 ジェリービーンズ

研究の一環で、感情を学習させる的で転入してきたアンドロイド
という設定。 
常識や感情の機微に疎いためか、素ボケやキツい
ツッコミなどが飛び出すこともしばしばある。 

よっ、人間」←こんな感じ。 
※ちなみにこの台詞は、R→HRに最終進展させたモノクローム
確認できる。 

あとオセロがとても強い・・・わかる気がする。 

イベントカードもあり、ウエディングや節分バレンタインチアガール
など、多くのバリエーションが存在する。 
しかし一部のイベントを除いて基本的にレアリティSRのため
入手は至難となっている。

校内では友達は多くないようだが、ロボット研究会の螺子来夢
の研究にはしばしば付き合っているようで、二人の仲良しカード
SSR)も存在する。

なお、ゲーム内のヒトコト機(Twitterのようなもの)へは、 
セキュリティの関係上行わない(行えない?)ようだ(他生徒談)。 
マラソンレイドイベント1位になったプレイヤーが本命ガールから労いの言葉を頂けるのだが、 
モノクロームの場合、本命ガールに設定して1位になっても祝福されない。 


TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」


ミス・モノクロームを役にしたTVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」が2013年10月1日から放送を開始した。全13話。
ニコニコチャンネルでも配信されており、第一話は無料。最新話もテレビの放送後から一週間無料配信された。

パッケージは、版(TV放送第1話-第7話)と 版(TV放送第8話-第13話) が同日の2014年3月26日に発売された。

ミス・モノクロームを役にしたTVアニメの第二期の「ミス・モノクローム -The Animation- 2」が2015年7月3日から放送を開始した。全13話。1話7分50

ミス・モノクロームを役にしたTVアニメの第三期の「ミス・モノクローム -The Animation- 3」が2015年10月2日から放送を開始した。全13話。1話7分50


ストーリー


“もっと前に出たい!”

その思いを実現するため、ミス・モノクロームは売れっ子アイドルして活動を開始する。
天然な性格のミス・モノクロームに周りも振り回されつつも、今日アイドル業界を奔走する!

──公式サイトより


登場キャラクター


ミス・モノクローム(CV堀江由衣
この物語役で、売れっ子アイドルアンドロイド女の子
アンドロイドであるせいか表情やの抑揚がである(TVアニメ放映にやや先立って開されたTwitterアカウント[外部]ではどすべてのツイートカタカナで記載している)。常識にも疎い。
だが、他人の助感謝する、プレゼントを喜ぶ、近しい者の死を悲しむなどの姿も見せ、決して感情がないわけではない。口癖も「もっと前に出たい」とのことでかなり前向き。
元々はお金持ちでおに住んでいたが、第一話でほぼ全財産を失い、おも差し押さえられ追い出された。その後はマネオコンビニで働きながら質素なアパートで暮らしている。
単3電池1本を動としているらしいが、その電池が収納されている自宅の装置と繋がっている様子もなく動き回っており詳しい理屈は不明。
ネオCV藤原啓治
ミス・モノクロームのマネージャー男性。といっても実は本業はコンビニマネージャー、つまり「店舗を管理(マネージメント)している」という意味の「マネージャー」である。
アイドルになるためには仕事を取ってくるマネージャーが必要」と言うマナちゃんの言葉を覚えていたミス・モノクロームが、通りすがりの彼の「マネージャー」という名札を勘違いして「私のマネージャーになって」と頼んだ。
そんな無茶振りを「あっ、はい」の一言で受け入れて、しかも時々アイドルっぽい仕事もとってきてくれるいい人。
KIKUKOCV井上喜久子
スーパーアイドル永遠の17歳。「Endless Seventeen」という劇中歌も歌う。
ミス・モノクロームは彼女にそっくりの女性が登場するめいた夢をたびたび観ている。ミス・モノクロームが売れっ子アイドルしている理由も、夢に出てくる彼女と会ってみたいという事情から。
マナCV神田朱未
ミス・モノクロームの住むおで献身的にミス・モノクロームの身の回りのお世話をしていた清純な少女の下に捨てられていたところをミス・モノクロームに拾われたらしい。第1話で193億円を持ったまま消息不明になってしまう。
ルーちゃん(CV神谷浩史
ミス・モノクロームの大切な家族で、ロボット掃除機の形をした何か。知があるようだったりミス・モノクロームを載せて動くことができたりと単なる掃除機ではないよう。第2話で非業の死を遂げ埋葬されるが、その後何もなかったかのように復活した。
2期ではなんと会話できることが判明。語尾に「ルー」が付くという若干ウザい喋り方をする。
あきこ(CV諏訪彩花
ネオコンビニ店員休憩時間にギターを弾いていたところをミス・モノクロームに撃され、ライブツアーギター担当に任命される。しかしその後、偶然演奏を聞いたアメリカプロデューサースカウトされ世界デビューしてしまった。
宇宙人CV村田太志
数億年の時を経て、美しい宝石のような惑星地球に戻ってきた宇宙人。しかしその的は友好的なものではなく、「人間狩り」と称する邪悪な殺人娯楽であった。ヒャッハー!高度な科学を有しているにも拘らず、明らか人間することを楽しむかのような言動からは残虐な精構造が伺える。残念ながら彼らの文明においてテクノロジーの進歩は倫理観の充実につながらなかったようである。もしくは地球人類とは全く異質な倫理観を持つのか。外見はいわゆる「リトルグレイタイプ
紺野やよいCV阿澄佳奈
レコード会社で働く女性。通称「やよいたん」。を攻めていたところをミス・モノクロームに追い抜かれ、その後成り行きでミス・モノクロームのプロモーターを務めることになった。
よく転んだり頭をぶつけたりするドジっ子だが、一で全の有名ライブ会場を押さえるなど意外と有能ハンドルを握ると性格が変わる。
キャラメル
2期第6話から登場、ドラマのマネキン役でミス・モノクロームと共演、ミス・モノクロームとのシンクロ率の高さからバックダンサーとして見いだされる。
ゆいCV堀江由衣)-担当。
あけみCV神田朱未)-担当。
かな(CV:阿澄佳奈)-担当。
あつこCVatsuko(angela))-担当。
電池くん(CV中村悠一
2期第8話に登場。顔と手足が付いた人間サイズの電池。巧みに人を操ってミス・モノクロームとの運命や友情り、キラキラした瞳からのウインクやさりげないボディタッチによって幾度もミス・モノクロームをしびれさせる。電池だけに。
だが彼のミス・モノクロームへの友情摯なものであり、自らの存在を賭してまでミス・モノクロームの窮地を救った。
DJカラフルCV森久保祥太郎
3期第1話から登場。ガソリンスタンドで働いていたが、フロントガラスを拭く手つきに惚れ込んだミス・モノクロームによってライブツアーDJ担当に任命された。
ミスターモノクロームCV櫻井孝宏
3期第3話に登場。電池をプラスマイナス逆に入れた結果、ミス・モノクロームが変身した姿。
性別だけでなく性格まで逆になり、「もっと後ろに下がりたい、引きこもっていたい」などと言い出すネガティブキャラになってしまうが、それが逆に可愛いと評判になり「守ってあげたいアイドル」として女性人気を博す。しかし最後にはその性格が災いし、を掘って行方不明になってしまった。
彼の存在は今なお伝説アイドルとしてり継がれている、らしい。
暮郎CV細谷佳正
3期第6話に登場。読みは「まぐろう」。
ミス・モノクロームがの上流から流れてきたマグロのカマにチョップをかましたところ、中から現れた漁師。マグロだけに動き続けていないと死んでしまうとのことだが、その「前に前に進み続ける」姿勢にミス・モノクロームは共感し親友同士となった。
ただ、登場話は岡山舞台としているために、沿である瀬戸内に実際は遠であるはずのマグロなんていないのだが。

ゲスト出演


ゴールデンタイムの11話にモブ役でゲスト出演しており、その事が12話でられている。

■1387171534[ニコ動]

うーさー本編に登場しているがその縁もあってかうーさーのその日暮らし 覚醒編の第1話にもゲスト出演している。
■1388994498[ニコ動]

少年ハリウッド-HOLLY STAGE FOR 49-の10話で作中の音楽番組にアイドルとして出演し、セカンドシングル収録曲「私だけの物語」を披露した。
■1410405562[ニコ動]


楽曲


題歌「ポーカーフェイス
作詞作曲編曲近藤一 歌:ミス・モノクローム(CV堀江由衣
本編エンディングで、ミス・モノクロームがダンスする3DCG映像とともに流れる楽曲。マキシシングルポーカーフェイス』にフルバージョンが収録されている。
挿入歌「Endless Seventeen
作詞野菜摘 作曲バグベア 編曲川島 歌:KIKUKOCV井上喜久子
BD/DVD版特典のCDに収録。

漫画


2013年末にコミカライズが2作品同時に発表された。「ミス・モノクロームさん」を担当するリヨは、ニコニコ動画ではベルナール・リヨ3世として活動している。KIKUKOやマネオマネージャが登場するなど、どちらの作品も基本的にテレビアニメ世界観を踏襲している。


次へ»
最終更新日: 15/12/26 15:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ