ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミルコ・クロコップ


ヨミ: ミルコクロコップ
掲示板をミル!
35カキコ!

ミルコ・クロコップ(Mirko Cro Cop)とは、クロアチア出身の格闘。旧リング名はミルコタイガーMirco Tiger)、ミルコ・"クロコップ"・フィリポビッチMirko "Cro Cop" Filipovic)。本名はミルコ・フィリポヴィチ(Mirko Filipović)。

ミルコ・クロコップ 「おまえは何を言っているんだ


概要


1996年に初代K-1王者ブランコシカティックの子「ミルコタイガー」(タイガーはドージョー・チャクリキのクロアチア支部の名称)としてK-1デビュー。しかし同年中に師匠と決別してK-1リングから遠ざかるが、3年後の K-1 REVENGE '99 から「ミルコ・"クロコップ"・フィリポビッチ」としてよりビルドアップした姿で復帰、この年は四天王ルナルドを1ラウンドKOに下すなど順次好成績を収め、翌年から「ミルコ・クロコップ」に名した。また、常に顔色ひとつ変えず精妙な攻守を繰り出す様から「ターミネーター」というニックネームも頂戴した。

クロアチアコップ(警官)」という意味のリングネームの通り、当時は本職の警察官(対テロ特殊部隊の教官)だった。2003年から '07年にかけては国会議員を務めている。10代後半頃、故郷であるクロアチア東部の都市ヴィンコヴツィはクロアチア紛争(1991~’95クロアチアでは「祖国戦争」「大セルビア侵攻」と呼ばれる)の前線間近であり、甚大な被害った。これにより多くの知人を喪った彼は、当時のバルカン半島動を経験したクロアチアスポーツ選手の例に漏れず大変な愛国者であり反戦義者で、かつて格闘を志したのも「みんなを守りたい」という強い動機に基づくものであった(彼も紛争の最後の1年ほど従軍している。初来日したのは紛争解決からわずか4か後)。

2000年に憧れの選手であったアンディ・フグの地元引退試合の対戦相手を務めた(フグはその約3か後に急逝する)。 '01年総合格闘技ルールでの藤田和之戦をきっかけに総合格闘技シフト。 同年、高田延彦戦にてPRIDE参戦。その後ヴァンダレイ・シウバアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラエメリヤーエンコ・ヒョードルといった強ライバルとしのぎを削りあい、 '06年PRIDE差別級GPにて優勝し、PRIDE差別級王者となる。

いかにも「ターミネーター」らしく、間合いの取り方の上手さ、タックルへの反応速度、一撃必殺の左ハイキックとそれを餌にしたキレの鋭い各種打撃が武器で、調子の良いときは手がつけられない強さを見せるが、生な一方で図に乗りやすい性格らしく、大事なところでミスをする癖があり「冠の最強戦士」という二つ名を頂戴することもあった。

2007年からはUFCに移籍したが、移籍直前や在籍期間中に3度(合計で4度)手術した両膝の怪の影から得意の蹴りやフットワークが上手く使えなくなり、年齢からくる衰えなども重なり以前のようなを発揮できなかった。その後K-1に戻り数試合を行い連勝。総合格闘技の試合も行いながら現在に至る。

入場テーマはたまに変えるが、デュランデュランWild Boys」のイメージが強いだろう。


関連動画



■sm2041048[ニコ動]


関連商品


■azB000A2YPWC
■azB00018GXKM
 


関連コミュニティ


■co12887
■co3807


関連項目



最終更新日: 17/03/20 21:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ