ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミロス・ラオニッチ


ヨミ: ミロスラオニッチ
掲示板をミル!
9カキコ!

ミロス・ラオニッチ(Milos Raonic)は、カナダテニス選手である。

ラオニック」の表記揺れも見られるが、生まれは分裂前の旧ユーゴ(現在モンテネグロ)のため「ラオニッチ」が正しい模様。ファーストネームも出身地の発音に合わせて「ミロシュ」と表記されることがよくある。


概要


Milos Raonic
基本情報
カナダ
出身地 モンテネグロ:
ポドゴリツァ
生年 1990年12月27日
身長
体重
196 cm
99 kg
選手情報
利き手
バックハンド 両手打ち
デビュー 2008年
テニス選手テンプレート

1990年まれのビッグサーバーMAX240km/hのサーブとフォアハンドの強打を武器とする。ストロークは一発で決めに行くスタイルのため安定感はい。そのため長いラリーになると先にミスが出てしまうことが多い。プレイスタイルピート・サンプラスを参考にしているという。

2011年の初めは3桁台のランキングだったが、2月のサンノゼ大会で初優勝、翌週のメンフィス大会でも準優勝を挙げ、一気にランキングを上げてきた。この年は最高で25位、年末ランキングでは31位と四大大会シード圏内に乗せている。サンノゼではその後3連覇を達成したほか、2013年には地元カナダATP1000大会初の決勝に進出(ラファエル・ナダルに敗れ準優勝)したことで初めてTOP10入り。四大大会ではなかなか四回戦のを越えられなかったが、2014年の全で初のベスト8に入るとウィンブルドンではベスト4に残ってランキングも6位まで上げてきた。同年、自身初のツアーファイナルズ出場を果たしたが、ラウンドロビンで二敗したところで3試合は故障欠場となった。2015年5月に自身最高ランキングとして4位をマークしたが、その後は故障に悩まされる。全オープンを欠場したほか、以降の大会も低調で結局優勝は1回だけ、年末ランキングも14位まで落とした。

2016年は昨今のレジェンドコーチの流れに乗ったのか、カルロス・モヤコーチにつけて戦った。ビッグサーブに頼らずとも勝てるスタイルを模索し、故障との戦いになった面もあったが成績は良好。芝シーズンにはさらにジョン・マッケンロー営に加え、ウィンブルドンでは見事決勝進出。アンディ・マレーに敗れて準優勝となったが大きな進歩を見せた。マレーとはツアーファイナルズでも熱戦を繰り広げ、自己最高の3位でシーズンを終えている。ただモヤとのコンビはこの年限りで解消となった。2017年は相次ぐ故障で成績を落としている。

ジャパンオープンには2010年から2014年までと2017年に出場している。予選上がりだった2010年は2回戦でナダルと対戦しており、一部では注を集めていた。2012年は準決勝でマレーフルセットで下したが、錦織に敗れて準優勝2013年ファン・マルティン・デルポトロに敗れて準優勝2014年も再び錦織に敗れて準優勝と、3年連続で決勝進出しながら優勝できていない。久々に来日した2017年日本杉田祐一と対戦したが、序盤でリタイア負けとなった。

ATP MATCHFACTS[外部]サービス部門ではブレークポイントセーブ率、1stサーブでのポイント取得率、サービスゲームキープ率で1位になったことがあるほか、エース数でもジョン・イズナーイボ・カルロビッチらと争うなど既にATPを代表するビッグサーバーと言える。かつてATPの若手選手キャンペーンMagnificent Sevenにも錦織らとともに選ばれたほか、90年代生まれで最もツアータイトルを獲得した選手でもある。男子では90年代生まれとして初の四大大会決勝も経験したが、ビッグタイトルに向けてあと一歩が望まれる。


主な実績



関連動画



■sm24622945[ニコ動]

■sm24380597[ニコ動]
■sm19068541[ニコ動]
■sm18501274[ニコ動]
■sm17301597[ニコ動]
■sm14160394[ニコ動]


関連商品


■ystennis-lafino_gd4515


関連項目



最終更新日: 17/11/03 21:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ