ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミーノータウロス


ヨミ: ミーノータウロス
掲示板をミル!
41カキコ!

ミーノータウロス/ミノタウロス (Μινώταυρος, Minotauros) とは、ギリシア神話に登場する頭が、体が人の怪物である。

ギリシャ語ではミーノータウロスの様な発音に近くなり、スペインなどではミノタウロスのような発音らしい。
英語では「Minotaur」と表記し、「ミノター」もしくは「i」を「アイ」と発音し「マイノター」のようになる。

ミーノータウロスは「ミーノース」の意味で、本名はアステリオス (Ἀστέριος, Asterios) あるいはアスリオーン (Ἀστερίων, Asterion) で、「」を意味する。

タグ検索ミノタウロス[動]ミノタウルス[動]


概要


ミノタウロス太陽ヘーリオスのにしてクレータ王ミーノースの后であるパーシパエーと、海神ポセイドーンがから送り出したとの間に生まれた。

ミーノースは義アスリオーンの死後、クレータの王になることを望んだが、周囲に反対されたため、自分が々からこの地を授けられたと称した。
海神ポセイドーンにを授けられることを祈り、さらにそのを「々にげる」と誓ったところ、ポセイドーンから美しいが送られてきたため、クレータ王となった。

しかしミーノースはあまりにも見事なそのが惜しくなったため、別の々にげてしまった。
約定を破られた事にポセイドーンは怒り、かの呪いを送って暴な怪物に変える。更にはパーシパエーに呪いをかけ、に対して欲情の念を抱かせた。
想い募るパーシパエーは名工ダイダロスに命じ、模型を作らせる。そしてその中に入りとまぐわい、想いを遂げた。かくの如く呪われた契りから生まれたのがミーノータウロスである。

ミーノースダイダロスに命じ、迷宮ラビリントスを作らせ、ミーノータウロスをその中に閉じ込めた。さらに息子アンドロゲオースがアッティカで殺されたため、その報復としてアテーナイを攻め、結果として9年ごと(あるいは3年ごと、毎年とも)アテーナイからおのおの7人ずつの少年少女を貢がせ、ミーノータウロスの生贄にげるようになった。

第三回の年、アテーナイ王アイゲウスの息子である英雄テーセウスが決意し、少年少女の中に混じってクレータに潜入。
この際アイゲウスはミーノータウロスを倒して事戻ったら船にい帆を上げるよう、テーセウスと約束した。

少年少女の中に混じっていたテーセウスに一目惚れしたミーノースアリアドネーは、ダイダロスの知恵を借りて糸玉をテーセウスに与える。テーセウスはこの糸をラビリントスのに結びつけて引きつつ進み、迷宮のミーノータウロスを殺すると、今度は糸を戻しつつ進んで脱出した。

その後テーセウスとアリアドネーは少年少女と共にクレータを脱出。途中ナクソスに立ちよってアリアドネーを置き去りにし(理由は諸説ある)、その後デーロス島を経てアテーナイに帰還した。
かしこの際テーセウスはアリアドネーのことを悲しむあまりい帆を上げることを忘れたため、い帆を見たアイゲウスは息子が死んだものと思い、に身を投げた。それ以来そのアイガイオンと呼ばれるようになり、今日ではエーゲと呼ばれている。


補遺


その後、クレータのは大英雄ヘーラクレースにより生け捕りにされ「十二の偉業」に数えられた。
ヘーラーレースを解き放ち、自由になったは各地を彷徨った後でアッティカのマラトーンにて暴れまわり、奇しくもミーノータウロスを仕留めたテーセウスにより退治された。


創作作品において


牛頭人身の怪物」というインパクトのある姿から、上記の神話とはあまり関係く、様々な異なる設定を持つモンスターとして数多くのファンタジー作品などで登場している。

その場合は「ミノタウロス」という名前で登場していることが多い。そういったキャラクターの例などの詳細は、別記事「ミノタウロス」を参照されたい。


関連商品


■az4003211014
■az4000800132


関連項目



最終更新日: 20/02/16 12:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ