ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メアリー・スー


ヨミ: メアリースー
掲示板をミル!
5371カキコ!

メアリー・スーの定義や認定基準などについては個人差があります。
罵倒と取られかねないため、このの使用には十分ご注意ください

また、掲示板に書き込む前に必ず記事にを通してください。


概要


メアリー・スー(Mary Sue)とは

  1. スタートレック」の二次創作小説「A Trekkie's Tale」に出てくるオリジナルキャラクター
  2. 1を元とする、ある種のキャラクター造形を創作
  3. 2を元とする、小説幼女戦記」に出てくるキャラクター

のことである。ここでは1,2について記述する。


1. オリジナルキャラクターとしてのメアリー・スー


スタートレック」初代シリーズ二次創作小説A Trekkie's Tale[外部]に出てくるオリジナルキャラクターの名前。この小説Paula Smithポーラスミス)という女性によって書かれたもので、1973年ファンジンファンらによる自主制作雑誌)内の一記事として発表された。アメリカ合衆国で発表されたものであるため原文は英語だが、2014年ネット上で邦訳もされている[外部]

この、キャラクターとしてのメアリー・スーは、

作品のタイトルから見てわかるとおり(Trekkieというスタートレックファンし、否定的なニュアンスも含む)、これは当時の二次創作風刺した二次創作である。もとより「(現代でいう)ドリーム小説」とその読者をこき下ろすために作られた作品なのだ。

現代でいう「地雷」の概念や「アンチヘイトもの」の作夢女子オリキャラNLvs腐女子原作キャラBL)に代表されるような同ジャンル内での創作形態による対立構造が当時からあったことが伺える。

メアリー・スー成立の経緯

以下はメアリー・スーの初出である「A Trekkie's Tale」の作者Paula Smith氏のインタビュー。2章が成立の経緯、6章がA Trekkie's Taleの再録になっている。(外部リンク

⇒ Transformative Works and Cultures Vol 6 (2011) Interview "A conversation with Paula Smith"[外部]

この言葉がスタートレックファンダムに登場してからの経緯、そして生まれたファンの間での数々の衝突については、1991年にCamille Bacon-Smithが著した「Enterprising Women」という書籍の第4章において詳しく記載されている。

この書籍は以下のGoogleブックスのページから一部がプレビューとして閲覧でき、その閲覧可範囲には第4章の中でも特にメアリー・スーに焦点を当てて記された節、「Re-creating the Adolescent Self: Mary Sue」が含まれている。興味がある方は参照されたい。(外部リンク

⇒ Enterprising Women: Television Fandom and the Creation of Popular Myth - Camille Bacon-Smith - Google ブックス[外部]

さらにこの第4章は、ファンフィクション二次創作小説)に関する重要な論述をまとめた2014年の書籍「The Fan Fiction Studies Reader」にも収録されるなど、ファンフィクション歴史・動向を探る資料として一定の評価を受けている。


2. 創作用語としてのメアリー・スー


そこから転じて、「メアリー・スー」といえば上述のメアリー・スーみたいなキャラ、例えばドリーム小説主人公原作キャラ恋愛する自己投影キャラ)や痛い最強オリキャラなどを揶揄するために使われるようになった。

男性の場合、海外ではマーティ・ストゥー(Marty Stu)ゲイリー・ストゥー(Gary Stu)とも呼ばれるが、日本の場合は男女まとめてメアリー・スーと呼ばれることが多い。

ただ、この言葉が極端に乱用された結果、メアリー・スーの意味は秩序に広がり、正確な定義に関して一致した意見がまだないものとされている。(実際の定義例は後述)

⇒ TVtropes項目「MarySue」(英語)[外部]

実際のところ、元々が揶揄のために作られたものであることもあり、恣意的レッテル中傷として使われている状況である。果ては「メアリー書くは自分が大好き」「メアリー・スーの信者ファンとして質が低い」などという人格批判の文脈で使われることもある。

このような中傷めいた「メアリー認定」の攻撃から作者を守るために有志がメアリー・スーテスト制作することもあったが、逆に認定悪用されてきた、という歴史もある。(そもそも読者が他人の創作に対して使うものではない、十数年前に作ったものなので現代の創作には適用できない、とテストFAQに書かれているのだが)

単に「この作品はメアリー・スー的である」「メアリー・スーを避けました」とだけ言っても、「何が悪いのか」「どう善したのか」の要点が伝わりにくい。ともすれば「傾聴に値しないただのレッテル」として視されかねない。作品の欠点を摘したいのであれば、具体的に列挙し批判した方が伝わりやすいだろう。

なお、メアリー・スーという言葉は「作者に対する警鐘」「創作におけるめ」である、という説もある(かつてこの記事にそのような記述があった)。これは作者の自の範疇をえ、読者個人の好き嫌いでしかないものを一般化する方便(太宰メソッド)のようなものだった可性がある。


日本における例


日本でのメアリー・スーの類例としては、「Kanon」の二次創作における相沢祐一の美化である『U-1』が有名である。詳しいことは該当項目を参照。「新世紀エヴァンゲリオン」の二次創作における碇シンジを美化した『スパシン』、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の比企谷八幡の『HACHIMAN』などが存在している。

この他「俺TUEEEE」という類が用いられることもある。
最強主人公」を揶揄する言葉であること、厳密な定義がなく「〇〇の作品も俺TUEEEEなのか?」という議論をたびたび巻き起こすなど、メアリー・スーとほぼ同様に使われている。

また、メアリー・スーは日本ではパロディの題材としてもよく使用される。例えば「幼女戦記」にはそのまま「メアリー・スー」という敵キャラが登場する。
そういった「メアリー・スー的キャラ」はだいたい夢露悪的に誇した悪役であり、「正義主人公が悪の主人公=メアリー・スーを討ち滅ぼす」という反存在同士の突が起きる。
これらは元々のメアリー・スーが風刺であったため原点回帰ともいえるが、「メアリー・スー要素」と「メアリー・スーのアンチ要素」を両方入れた結果、「異性に対してだらしないメアリー・スーを皮りながら主人公ハーレムを作る」のような状態になっていることもある。

なお、上記のように1970年代アメリカ合衆国で生まれた言葉であるが、日本でこの言葉が広く知られるようになるまでにはかなりタイムラグがあったようだ。日本最大のインターネット掲示板であった「2ちゃんねる」の過去ログ検索してみると、2004年になって初めて「新世紀エヴァンゲリオン」や「GS美神」の二次創作小説話題を扱うスレッドで「メアリー・スー」の言葉が使われ始めている。その他、前年の2003年日本語の個人サイト(消滅済みのためInternet Archive)[外部]で「日本では知られていないが、海外ではこういう言葉が使われている」といった文脈で紹介している。


メアリー・スーは悪?


このように「痛いキャラ」の典例であるメアリー・スーは批判の対になりやすく、「最強キャラそのもの」が痛い・悪として見なされることもある。夢要素の強い主人公を見なく攻撃するために使われる場合もあり、スタートレックのウェスリー・クラッシャーのようにメアリー叩きによって原作者が作品の軌修正を余儀なくされた事例も存在する。
メアリー・スー呼ばわりを恐れて上手く創作ができない人(スー・フォビア、メアリー・スー恐怖症)も少なくなく、前述のCamille Bacon-Smithもその一人だったという。

しかし、定義が固まっていない以上、メアリー・スーが悪いかどうかを論じようがないはずなのだ。

実際には「最強キャラが大活躍」など、メアリー・スーの要素とされるものに当てはまる作品で評価が高い話はいくらでもあるし、逆に「非メアリー・スー」で面くなかったり原作レイプな作品も数えきれないほどある。

作家側がメアリー・スー化を恐れてこれを避けるのは自由ではあるが、登場人物はあくまで物語を構成する一部でしかない。要はその人の使いようと個人の好みである。


メアリー・スーの定義例


前述の通りいったい何が「メアリー・スー」に該当するか、多くの説があり結論が出ていない。そのうえで、以下にそのいくつかに関する例を示す。

どれが実際のメアリー・スーであるか、そしてその定義に該当するかは主観である点に注意。

おこれらの解釈例は、海外WikiTVtropes」を初めとした複数のウェブサイトを参考にしている。

メアリー・スーはあなたが嫌いな主人公のことである

もっともシンプルな定義。身も蓋もなく問答用である。しかし中傷として乱用されたせいで視されるようになってしまっている。

筆者はこの用法のせいでこの言葉はもはや陳腐化していると感じているらしい。

メアリー・スーは物語の出来を悪くするキャラクターのことである

上記に関連して、メアリー・スーは物語の整合性をなくし、世界観をぶち壊すようなキャラであると仮定している。例えば、活躍させるために不自然に周囲のキャラリアリティを下げることによって、物語を破壊している存在がメアリー・スーだと摘される。

実際にはキャラそのものより、話の展開も含めて問題だったりするわけだが、登場人物というのはその原因として注されがち。

メアリー・スーは使い古された設定のキャラクターである

NARUTO」のうずまきナルトは孤独な少年だったが、理解者や師匠恵まれ、戦いの中で秘められた覚醒し、周囲に認められ、最後はヒロイン結婚として物語は終わる。
突然、彼はこう言われる。「暗い過去、秘められし血、本気を出すと姿が変わる、優れた導者、最後はみんなにされる、極めつけにはニンジャときた…、まるでメアリー・スーだ!」

残念ながらこれも上記二つに関連する別のである。その人が嫌いな特定属性をあげつらうために、それをメアリー・スー的な陳腐さの表れの一つとして定義しているのである。

メアリー・スーであると批判された人間は、それが「単なる個人の好み」か「もが嫌うメアリー・スー」であるかを判断する客観的な視点が必要とされるであろう。

メアリー・スーは自己投影キャラである

よく使われる定義。文字通り、メアリー・スーは作者の分身であるという
かつては自らのアバターを自分自身でメアリー・スーと呼ぶこともあったが、今では「こいつは作者の分身に違いない、だからメアリー・スーだ」という他者からの認定で使われることの方が多いだろう。

メアリー・スーは作者の自己満足である

上記に関連。これはメアリー・スーを、作者満足のためにストーリーを都合よく回すためのキャラであるとする。
ファン」がめる物語のために物事や世界が都合よく回るというのは、基本的にはストーリーリングの形式として受け入れられているところではあるが、「作者」にとって都合がいい、更にそれによって物語クオリティが下がっている…と感じられたときに、それはメアリー・スーだとする人がいる。

例えば既存のキャラAを応援していたのに、より優れた設定を持つキャラBが新登場し、大活躍してキャラAの見せ場を奪ったとき、キャラAのファンキャラBを「作者自己満足で贔屓されている」としてメアリー・スーだとするかもしれない。

メアリー・スーは理想化されたキャラクターである

メアリー・スーは非現実的なほど有能であり、無敵で欠点がなく、性格も過度にポジティブで明るい、ダメなほど理想化されたキャラだとしている。
男性向けでも女性向けでもフィクションの多くの弱点がないキャラクターは、リアリティがない=現実逃避ではないか、というものである。
もっとも作品の出来に関わらず「欠」のキャラは別にしくなく、それをメアリー認定するのは議論になりやすい。

メアリー・スーは失敗しないキャラクターである

上記に関連して、一般に軽い失敗はドラマを生み出し、最終的なカタルシスを倍増させるものであるところ、メアリー・スーは「ご都合主義」や「主人公補正」によって決して失敗しないというである。
他の定義より多少有用だが、璧とも言い難い。

実際には全てのキャラクターは、「大失敗」と「大成功」の間のどれかを繰り返している。
どれくらいの失敗までならメアリー的なのかは、それぞれの人間主観でしかない。

音痴なせいでカラオケルームで恥をかいたり、メシマズで彼氏が死にかけたり、デートに遅刻したせいで彼女が待ち合わせ場所でトラックに轢かれたり、汚部屋がバレてアイドル業が危うくなるのは失敗に入るのか。

その後の展開も問われる。細々失敗はしていても、物語に本当に重要なことに対しては常に成功していて、実際のところ取り返しのつかない失敗はしていないのではないか。

さらに言えば「展開上先に繋がる失敗」や「作者読者に望まれた失敗」は、果たして失敗と言えるのか。

結局定義次第なわけで「こいつは(ほとんど)失敗しないから、主人公補正持ち・ご都合主義のメアリー・スーだ」という非難をされうるキャラばかりになってしまうだろう。

そもそも物語は「失敗」するより「成功」する方が普通読者満足度は高い。主人公に致命的な失敗をさせて読者を失望させては元も子もない。それに失敗しないキャラクター人気者はいくらでもいる。

メアリー・スーは変化しないキャラクターである

上記二つに関連。ストーリー全体で著しい成長、変化、または発展を経験しない人物をメアリー・スーであるとする。
メアリー・スーは理想化された璧な人間であり、完成されていて失敗しないのだから、発展の余地がないキャラという仮定である。

メアリー・スーは注目の的である

次へ»
最終更新日: 20/03/11 10:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ