ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メカマミー


ヨミ: メカマミー

メカマミーとは、かつてユニオンプロレスを中心に活躍した、怪奇プロレスラーである。
237247252255261269278、665アイアンマンヘビーメタル級王者。
本名(?)はGK-78 Mechanism Mummyらしい。


概要


マミー研究所で開発された、メカ改造したミイラという設定。会話はできないが、胸にあるUSBポートとパソコンをつなぐことで、コミニュケーションが取れる仕様となっていた。
デビュー戦は2005年11月3日新木場1stRINGでのユニオン再旗揚げ戦。当初は佐野直&森谷俊之とのハンディキャップマッチだったが、森谷が直前で欠場し、佐野とのシングルマッチとなった。

その後も、ユニオンプロレスのみならず、みちのくプロレス暗黒プロレス組織666アイスリボン、UWAI STATION、鈴木みのる行など様々な行に出場。海外では、アメリカの有インディー団体であるチカラプロにも参戦した。2006年には天才テレビくんMAXの出演や東スポプロレス大賞の話題賞の受賞、2007年にはフィギュアも発売されるなど、ポイズン澤田石川修司を差し置いてユニオンの顔ともいえる大人げない活躍を見せていた。

2007年5月ユニオン行では、326との切りマッチに敗れて丸坊主になったが、アイスラッガー(物理)を装着して逆にパワーアップを果たす。ですか、高木三四ロビンセブンみたいだったよなあとか言う人は。

メカマミーには軽量のメカマミーLiteも存在していた。パワーダウンしたものの、ムーンサルトレスやトペといった中殺法を使うことができた。な装備はミニメカドリルだった。

2008年以降は解雇騒動もあり、フェイドアウトしていたが、2010年DDT公式ツイッターアカウント担当として、一時的に復活した(現在はまた眠りに就いていると思われる)。

その正体について、666ラム会長が何か言ってたらしいが、まあその辺はウィキペディアでも見てください[外部]

影の仕掛け人が語るメカマミーのコンセプト

たち文化系プロレスDDT」によると、メカマミーはユニオンプロレス玉としてクリエイトされたものらしい。
そのコンセプトゴジラに対するメカゴジラで、元ネタであるマミー軍団の所有権を持っていた鶴見五郎にも許可はもらったという。鶴見さんいわく、ザ・マミーブラックマミーといったプロレスプロモーションマミーではなく、メカならOKということで了承を得たらしい。

仕掛け人によると、怪奇はあまりにダラダラしすぎた結果、悪い意味でgdgdになるという弱点がある。そこで、gdgdにならないよう、ドリル(ゲッターロボ)やロケットパンチ(マジンガーZ)といった武器(ガジェット)を加えたらしい。
当初は2007年3月頃には終わらせる予定だったが、先代のユニオン代表である武井氏の要請で鈴木みのる行に出場したことで、仕掛け人の思惑を越えた人気爆発したそうだ。

なお、「たち文化系プロレスDDT」巻末に掲載された仕掛け人マッスル坂井の対談によると、メカマミーはマッスル坂井男色ディーノが新しいものにチャレンジしているのを見て、自分も負けてはいられないという大人げない思いから生み出されたものらしい。


得意技(もしくはメイン武器)


試合中は、不気味音楽が流れている。技というか武器は体の一部なので器扱いされない。弱点はで、試合中にうっかりを浴びるとショートして敗北してしまう。


関連動画



■sm5480502[ニコ動]

■sm3887522[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 12/08/14 17:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ