ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メガトロン


ヨミ: メガトロン
掲示板をミル!
136カキコ!

メガトロンとは、「戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー」および、その後のトランスフォーマーシリーズに登場する、シリーズ共通の悪玉「デストロン」のリーダー(破壊大帝)である。


概要


悪の軍団デストロンを率いるリーダーであり、破壊大帝の肩書きを持つ。暴力を好む集団らのリーダーにふさわしく拳銃ワルサーP38)に変形する。デストロンは破壊を好む荒くれ共の集まりであり、メガトロンは他のデストロンを圧倒する暴力、そして知、そして狡猾さを持ち、その荒くれ共を一つにまとめ上げている。また、あらゆる技術に精通し、専門の技術者を持つサイバトロンとは対照的に、大規模な武器製造や建築軍事作戦などの揮権を自ら持ち、権を一手に握っている(彼の下に直接「航空参謀」や「情報参謀」「輸送参謀」などがついているのは、彼が破壊大帝であると同時に、航空情報収集における指揮官を兼ねているからである)。

ならず者いなだけに反乱も絶えず、特に航空参謀スタースクリームは幾度となく「今からニューリーダーだ!」と叫び、揮権を握ろうとする。しかし、はメガトロンの方がかに上であり(スタースクリームも他のデストロンべれば知はある)、結局メガトロンが彼を懲らしめて謝罪させたあと、大に見ると言うパターンが多い。そのためファンには「恒例行事」や「また漫才が始まった」等と揶揄されるほどである。

また、サイバトロン相手にはその知を持って卑劣な作戦を仕掛けるが、部下や人間に対しては妙に優しいのも特徴である。メガトロンは宇宙から来た侵略者であるにも関わらず、サイバトロン相手に撃ちまくっている融合カノン人間に対しては一切撃たず、脅す程度にしか使ったことがない。また、人間を撃とうとしたスタースクリームり飛ばし、(作戦のためにではあるが)人命を救ったこともある。これはメガトロンの最終的が「圧制を通じての平和」を創造することにあるため、そしてアメリカの放送局では、子供向けアニメにおいて殺生を描くことが禁じられているためである。また、上述したように自分の立場を脅かした部下に非常に寛大な措置を行うなど、部下に対してはかなり甘い取り扱いをすることが多かった。

しかし2005年、メガトロンがサイバトロンのシャトルを奪いサイバトロンティ攻略しようとした際、全制圧まであと一歩と言うところでコンボイが出現、「素手でひねり潰してやる」と言いながらエナジーブレイドを使用し、さらにホットロディマス代わりにするという卑怯な戦法でコンボイに致命傷を負わせるも、メガトロンもコンボイの一撃で重傷を負う。そして、アストロトレインの要で荷物減らしをすることになった際、「サバイバル」の原則のもと宇宙空間に投げ出され、破壊大帝の座から失脚してしまう。

そこで、コンボイとの戦闘を見ていた巨大TFユニクロンに招き寄せられ、コンボイから「マトリクス」を引き継いだウルトラマグナス殺する替わりにボディを強化され、新破壊大帝ガルバトロンとして復活する。同じくジェットロンの一員とインセクトロンの一員が強化されて誕生した航空参謀サイクロナスと、スカージが率いるスウィープスを引き連れニューリーダースタースクリームのもとへ乱入スタースクリームを一のうちに射殺してしまう。

その後ジャンキオンでウルトラマグナスを破壊し(その後復活)マトリクスを強奪、それを使いユニクロンを脅すも、逆にユニクロンの怒りを買い、セイバートロン星を攻撃され、忠臣レーザーウェーブを失う(描写そのものはない)。そしてユニクロンの体内でホットロディマス、そし新総司令官ロディマスコンボイと闘い、宇宙の彼方へ飛ばされる・・・はずだったが、ユニクロンの策略で東京に落ち、人類とトランスフォーマーが対立する原因を作ってしまう。

しかし、その後は「史実通り」に溶岩温泉に沈み、サイクロナスが助けに来る2010年アメリカでの設定は2006年)まで溶岩温泉浸けになってしまう。サイクロナスに救われてからのガルバトロンは精異常を来し、敵はおろか味方までも攻撃し、また作戦も立てずにただ破壊のみを欲する性格になってしまった(そのため、スタントロンの一部が反乱を起こしそうになっている)。ガルバトロンの精異常被害をもっとも受けたのがサイクロナスであり、前任者と逆の、上にひたすら忠を尽くす性格が災いして殴る蹴るの暴行をたびたび受けていた。そのためガルバトロンサイクロナスの策により、医療惑星「トーキュロン」に入院させられてしまうが、彼の狂気はトーキュロンすら破壊してしまう。

しかし、最終話には、かつてのメガトロンの様な性格が戻り、宇宙ペストから全宇宙を救ったコンボイと握手を交わしている。

さらに1年が経ち、「ザ☆ヘッドマスターズ」の時期において彼は一時期失脚するも復活、デストロンヘッドマスター揮を執っていたが、「グランドガルバトロン計画」が未遂に終わり、ついにその命を落とすこととなる。

その後は恐怖大帝メガザラック、暗大帝ブラックザラック・破壊大使オーバーロードの二頭体制、破壊大帝デスザラス、最強大帝バイオレンジャイガーと続くが、メガトロン=ガルバトロンほどの在位期間は維持できなかった。そして「リターンオブコンボイ」において、スーパーメガトロンとして復活。闘いの最中にウルトラメガトロンとして強化される。「G2」ではシンプル戦車の形となって復活し、サイバトロンと休戦していたが、ある事件をきっかけに再び戦争を起こすことになった。

ビーストウォーズシリーズのメガトロン

ティラノサウルス変身するビースト戦士
尚、上記のメガトロンとは、名前の同じ(似た)別キャラクターである。

詳細は、ビーストメガトロンの項を参照されたし。


メガトロン(実写映画)


トランスフォーマー(実写映画)に登場。ディセプティコンリーダー
ビークルモードは作品によって毎回変化しており、これまでエイリアンジェットエイリアンタンク→地球タンクローリートラクターキャブ(ガルヴァトロン)→エイリアンジェットという経歴を辿っている。
性格はG1メガトロンと較すると知略をり巡らせるというよりかは粗暴であり、暴君としての位置付けが強くなっている。もっとも粗暴なのは実写版のTF全員に共通して言えることだが。

オールスパークめて物語開始の数千年前に地球へ飛来し、南極墜落。氷漬けになっているのを要人物の一人であるサムの曽祖が発見し、秘密組織によって長らく保管・解析されていた。現代において地球に潜伏していたディセプティコンにより解凍され、オールスパークの入手とオートボットのせん滅を的に活動を開始。オプティマスプライムとの死闘の末にスタースクリームにドサクサ紛れで攻撃を受けたことに加えてサムの機転によってオールスパークが逆流して活動停止。ボディは海底深くに沈められることになった。

しかし全に破壊しなかったせいで次作「リベンジ」での復活を許してしまう。ザ・フォールンの子として活動し、一度はオプティマスを殺することに成功するが、復活したオプティマスによりフォールンを倒され、自身はスタースクリームに撤退を促されたこともあり撤退する。

ダークサイドムーン」では地球飛来前からセンチネルライムと結託していたことが明らかになり、行動を共にしてオートボットと対するが、センチネルの支配下に置かれる状況が気に食わずにオプティマスと交戦中のセンチネルを殺、続いてオプティマスに自らを支配者とした上の停戦を申し入れるが聞き入れてもらえず返り討ちに遭い死亡した。

その死体の頭部は「ロストエイジ」においてKSIに回収され人工トランスフォーマーガルヴァトロン」の素体となったが、意識は全にメガトロンのものであり、KSIの支配下から抜けだしてシードを手に入れるために新たな軍団を結成した。オートボットダイナボット軍団を率いて戦況が不利になるとさっさと撤退した。

「最後の騎士王」ではいつのまにか再度メガトロンに戻りディセプティコンを率いる。


関連商品


■azB01N8XUNUI
■azB000LC3I4M

■azB000PGTPJ6
■azB005VKC9YY


関連コミュニティ


■co3663


関連項目



最終更新日: 18/07/21 17:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ