ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メタルギアソリッドⅤ グラウンド・ゼロズ


ヨミ: メタルギアソリッドファイブグラウンドゼロズ
掲示板をミル!
317カキコ!

平和(ピース)が終わる、V覚める。
METAL GEAR SOLID V
GROUND ZEROES 

メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ』とは、コナミから発売されたメタルギアシリーズナンバリングタイトル、『MGSV』の序章部分にあたる作品である。

序章『GROUND ZEROES』(本記事)と本章『THE PHANTOM PAIN』(別記事)の二部作であり、
ファントムインについてはそちらの記事を、MGSVとしての取り扱いはMGSVの記事を参照頂きたい。

対応プラットフォームは、PlayStation3PlayStation4Xbox360Xbox OneSteamPC)。

METAL GEAR SOLID V:GROUND ZEROES
対応機種 PlayStation4
PlayStation3
XboxOne
Xbox360
PC
ジャンル タクティカル エスピオナージ オペレーション
発売日 PS4 2014年3月20日
PS3
Xbox360
XboxOneDL版のみ) 2014年9月4日
Steam 2014年12月18日
価格(税抜) PS4PS3パッケージ 2,839円
PS4PS3ダウンロード 2,362
Xbox360:パッケージ 2,839円
Xbox360ダウンロード 2,477
XboxOne 2,380
Steam 2,551円
CERO D
Steam版推奨スペック
OS Windows 7 x64 、 Windows 8 x64 (64bitOS必須)
CPU Core-i7 4790 (4.00GHz以上) ※Quad-Core以上
メモリ 4GB PC3-12800 以上
HDD 4GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 760 (DirectX11対応グラフィックカード必須)
サウンドカード DirectX9.0c対応サウンドカード(5.1サラウンド対応サウンドカード
DirectX DirectX11(必須)
操作コントローラ

ゲームコントローラ対応

キーボード+マウス対応

ネット接続

必須(Steamアカウント参照のため)

優遇対応

4K画質対応

ライティングをPCに合わせて良済

UI、操作方法の画像を差し替え

ライトスポット、オブジェクトの数が増大

MGSV:TPP2013年E3レベルと思われる)

※尚、オプションにて数を調節可

サーバーへのランキング接続

未発表

デバイス連携

未発表


概要


前作『メタルギアソリッド ピースウォーカー』(以下MGSPW)にて、核戦争阻止に尽し、幾度と世界を救った英雄ビッグボスが、後の物語である『メタルギア』『メタルギア2』で見せる姿に変貌するきっかけを描く作品が『MGSV』である。

本作『グラウンドゼロズ』(以下GZ)は、ビッグボスに訪れる大きな転機の幕開けを描く、『MGSV』のプロローグ的作品である。『MGSPW』の直接的続編であり、同作から数ヶが経った1975年舞台である。スネークの他にカズヒューイといったキャラクターが登場する他、チコとパスが物語の鍵を握っている。

GROUND ZERO(ES)”とは、「爆心地」を意味する英単の複数形である。
後に巻き起こるアウターヘブン起、ザンジバーランド騒乱、あるいはそれ以降の事件の発端としての意味や、スネークカズ達の運命の転換点としての意味を持っていると考えられる。

MGSV』には、プレイ中のリアル変化、時間経過などが導入されると発表されていたが、本作はプロローグという位置づけからかこれらのシステムは排されている。
小島監督へのインタビューなどによると、本編である『THE PHANTOM PAIN』は本作の200~300倍のボリュームになる予定だという。
本作のシステムマップの規模などは、すべて、あくまで先行体験版としての域を出ない控えめなものであるようだ。

なお、「TPPに至るまでに何があったのか」という物語のため、 TPPにGZを含める予定はいとのこと。
2014/06/05 コジステ第10回)


あらすじ


ピースウォーカー事件から数ヶが経った1975年

スネーク”ことビッグボス率いるなき軍隊「MSF」は、ピースウォーカーと共に沈んだはずの核弾頭を回収し、独自開発した二足歩行戦車メタルギアZEKE」に搭載。民間組織でありながら、「世界七番核保有国」と化していた。

その情報がどこから漏れたのか、IAEA(原子力機関)がMSFマザーベース察を申し入れてきた。MSFはNPT(核拡散防止条約)に加盟していないどころか、そもそも国家ですらない。IAEAによる察は明らか不自然であった。 
しかし、スネークはこの申し入れを拒絶したが、「MSFクリーンな組織であることをアピールするチャンスである」としてヒューイが独断で承諾してしまう。

スネークカズはやむなく受け入れを決意。マザーベースの武装・兵を極削減し、ZEKEを含めた大兵器は陸地や中に一旦退避させることにした。

時を同じくして、死亡したと思われていたパスが、キューバ南端の米軍収容キャンプで尋問を受けていることが分かる。
彼女は非政府諜報機関サイファーから二重スパイの嫌疑をかけられ、尋問は過酷を極めていると思われた。
そこへ、パスに想いを寄せていた少年チコが単独で救出に向かい、拘束されてしまう。

チコやパスからMSF内部の情報が漏れれば、察対策がの泡になってしまう。
チコからの救援要請を受けたスネークは、察受け入れへの準備が進むマザーベースを後にし、単独で救出に向かう。 

  「明日正午にはマザーベースに戻れる。その頃にはこちらの“お客さん”も帰っているだろう」

任務に向かうスネークに、カズはそう話した。
かしこの任務こそが、後のスネーク達の運命を決定づける惨禍の発端だった――。


登場人物


名前だけの登場

SIDE OPSでの登場


次へ»
最終更新日: 15/06/18 21:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ