ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メタルマックスリターンズ


ヨミ: メタルマックスリターンズ
掲示板をミル!
19カキコ!

メタルマックスリターンズとは、FCで発売されたRPGメタルマックス」をSFCリメイクした作品である。
メタルマックス概要についてはメタルマックスの項である程度説明されているので、ここでは初代との相違点をに挙げていく。


賞金首の追加、能力などの変更


初代では賞首は11体存在していたが、リターンズで新たに5体の賞首が追加され、合計で16体となった。

Dr.ラフレシア
ネギの沼地で出現する、巨大の賞首。地形の関係上、戦車で戦うことが出来ない。
ドリル催眠ガスHP回復、全体攻撃など様々な攻撃を仕掛けてくる強敵だが、
実は手榴弾とDDパイナップルを投げつけるだけで倒せるのは内緒だ(避けられなければ)。
ビート
フリーザ東部の砂地にタイヤを取られて動けなくなっている車両の賞首。
ヘッドライトを浴びせ、こちらの命中率(=攻撃)を低下させてくる。
乗り降りすれば低下した命中率がリセットされるが、事前知識がないと命中率低下に気付かず、長期戦になりがち。
(発売当時の攻略本でもヘッドライトの命中率低下効果に気付くことが出来なかった)
同族の「ニュービート」が、PS2の砂の鎖とmixiアプリ等のメタルサーガ ニューフロンティアに登場する。
ブラスバンシー
コロナビル内に登場する、頭に金管楽器を複数備え付けた巨大イカ(?)。
ビル破壊イベント後はビル跡~イルミグラの間にランダムエンカウントするようになる。
音波攻撃でこちら全体を混乱させたり眠らせてくる。防御手段がないと成功率が恐ろしく高いため、かなり手強い。
DS鋼の季節でも、多少弱体化されてだが登場する。
ビル内でエンカウントすると兵戦を強いられるため、その場は素直に逃走してイベント後にで戦うべき。
ツェッペリン
デビルタワーに潜む、実体化したウイルスの賞首。クラゲに似た外見をしている。
マヒやCユニット破壊を誘発する電撃攻撃を得意とする。
特定ポイントで戦わないとカミカゼ並にすぐ逃げ出す習性がある。
ロドリゲス
砂漠オアシスハンター達を待っている賞首。1対1のタイマン勝負でないと戦うことが出来ない。
800近いダメージをたたき出す「へんてこなミサイル」は当時のプレイヤー達を震撼させた。
ソルジャーで挑むのがセオリーだが、タイマンである事を差し引いても兄貴分よりもはるかに強いと専らの噂。

これら新登場の賞首の存在を受けて、既存の賞首もデザインや行動パターンが大きく変わっている。


戦車改造の自由度強化


初代ではシャシーの性強化とを開けること、エンジンアップしか出来なかった改造だが、2で各パーツ改造を行うことが可になり、さらにデチューンを行ったり、シャシーの種類を変更することも可になった。

リターンズは2の改造システムベースとしている。特徴的なのはシャシーに関する改造で、2のように全ての部分のを好きに変えることが出来る訳ではないが、同時に1ヶ所に2つを開けるシャシーが何台か存在する。
分かりやすく言うと、S-EのATMミサイルなどを2門積んで、一度の攻撃で2発発射という芸当が出来るようになった。
シャシーによっては機を2つ同時に積むと言うことも可


装備の大幅増加


SFCの容量を利用し、装備が大幅に増えた。トレーダーキャンプでしか売っていないしいものや、どう見てもネタでしかないものまで様々。
耳栓が装備品からアイテムに代わり、戦闘中に使用することで効果を発揮するようになった事で、わざわざ頭防具を付け替えなくても音波攻撃を防げるようになった。
前述通りの大容量化により、戦闘時のエフェクトも個性的になったため、実威の他に外見で選ぶなどの拘りを持つこともできるようになり、より「メタルマックスらしく」なった。特に前作まで文字通りお荷物でしかなかったS-Eが威、外見、攻撃範囲共にバラエティに富み、さらに、「二刀流」によりゲームバランスを崩しかねないほどの威叩き出すことも可となった。


ダンジョンの追加、構造の変化


新しいダンジョンとして、驚異的なショートカットを敢行することが出来る「東西線地下鉄」と、後半のソル」の中に聳え立ち、メタルマックスシリーズ世界観の一部分を垣間見ることが出来る「デビルタワー」が追加された。

また、ラストダンジョンである「地球救済センター」の上層部の構造が変化しており、初代では最初から戦車を壊して乗り込むことが出来たのが、リターンズではある程度の段階を踏まないと戦車で入ることが出来なくなっているなど、攻略難易度が上昇している。
その代わり、そこでのビッグキャノン戦がカットされている。


Cユニットのプログラム追加


2以降命中率と回避率の性が付加されたCユニットは、最も安価なCユニット以外に、
それぞれプログラムが設定されていて、に、戦闘時の補助や移動時の補助に分けられている。
中でも「援護プログラムは、ある機と組み合わせることによって、ゲームバランス根本から覆すほど強な性を持っている。
あまりにも圧倒的すぎてゲームがつまらなくなる可性も否定できないので、使用の際は自己責任で。


BSコントローラの機能追加


以前のシリーズでは地図を見ることと、衛星レーザーを発射する機しかなかったが、
リターンズでは次の町や村の情報戦車情報、賞首の討伐情報など、さまざまな情報を見ることが出来るツールとなっている。
これらの機は最初からBSコントローラに登録されているが、町やダンジョンにあるコンピュータからプログラムダウンロードすることで、次のレベルに必要な経験値シグナル発信機の座標確認などの機を追加していくことが可
衛星からレーザーを発射する機は追加プログラムという扱いで、最初は使うことが出来ない。

以前のシリーズで見れた戦車データは、BSコントローラの機としてまとめられたため、スタートボタンで直接見ることが出来なくなった。


戦車


基本的な性FCメタルマックスを踏襲しているが、一部の戦車種が変更になっており、洞窟で手に入るパンサーはティーガーに、ポートスラムで手に入るタイガーエイブラムスに、ゴーストベースで手に入るKタイガーホワイトタイガーに変更となった。
また、戦車改造自由度向上によって開けられるの種類や位置に差が生まれ、強さが変化したものもある。


次へ»
最終更新日: 13/03/29 12:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ