ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メビウスの帯


ヨミ: メビウスノオビ
掲示板をミル!
1カキコ!

メビウスの帯とは、裏表のない不思議な物体である。
メビウスの輪とも呼ばれる。また、この形状のことをメビウスの曲面という。


概要


メビウスの帯は、や布などの柔らかいものを細長い長方形状にし、その両端を繋げて輪にする際に片方を180°ひねってから留めた物体である。数学的な定義は省略する。
力学的には、メビウスの帯の形状はねじった際に帯の中に含まれるエネルギー密度によるものだという。

メビウスの帯を色で塗っていくと、塗り始めて一周したときには塗り始めた所の裏側を塗っている。
更に塗り進めていくと、一周したときには塗り始めた所に戻ってきている。このように、表と裏を区別することは出来ない。

帯の中央を一周切断すると、2つの輪に分かれることなく、ひねりを含む1つの輪になる。
帯の幅の1/3で切断すると、切り始めて一周したときには2/3のところを切っており、二周したところで切り終えることができる。このときは、大きい輪と小さい輪の2つに分かれる。
複数のメビウスの帯をくっつけた後に切断した際にも、予想外の変形をすることが多い。

ドイツ数学者・天文学者のアウグスト・フェルディナントメビウスにより発見され、その名に由来している。1858年に多面体の幾何学の研究中に発見したとされる。なお、同時期にヨハンベネディクトリスティングも発見している。

文学作品においてメビウスの帯は、外見上の形に見えることや一周すると向きが変わることなどから、限の繰り返しやループもの喩として使われることがある。


関連動画



■sm1751860[ニコ動]

■sm15487641[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/04/27 11:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ