ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メリーナイス


ヨミ: メリーナイス
掲示板をミル!
9カキコ!

メリーナイスとは、日本の元競走馬、元種であり,日本ダービーグレード制成立以降の最大着差(6身差)で制し、悲劇の世代と呼ばれた同世代の1987年クラシック世代の様々な悲劇を垣間見ながら、自らは誕生から死まで何事もなく、寿を全うしたと言える年齢まで生きたである。

※この記事はメリーナイスが活躍した時代に合わせて、特に断りがい限り年齢を旧表記(現表記+1歳)で表記しています。


誕生~3歳


リムスキー ツキメリー シャトーゲイ
ノーザンダンサーの直子。良血と期待されていたがメリーナイス誕生までは今一つ産駒が走っていなかった。
は小牧場の持ちながら南関東競馬の強。そのにはJRAの重賞勝ちもいるので芝にも対応可の良血。
ちなみにこの2頭の配合にはポリネシアン4×5、ハイペリオン5×5×5という多重インブリードがかかっている。

そんな中生まれたは、四流星(足元がく、額から鼻先まで流星のようにい模様が付いている)の毛の美しいだった。
の戦歴から地方競馬行きも想定されていたが、結局中央競馬デビューとなった。結局これが正解となるのであるが。

デビュー前からと均整のとれた体が評判となり、メリーナイスは期待の一頭となったいったのだ。その評判通り、上に騎手となる根本騎手を迎えた函館でのデビュー戦は快勝。
2戦こそ出遅れてゴールドシチーの4着に敗れるが、3戦りんどう賞では今世代のサクラ軍団のエースと評判のサクラロータリー突。わずか頭差で敗れるも、サクラロータリーとわずか頭差の戦を行ったことでますますメリーナイスの評判は高まった。そして次戦のいちょうSをあっさり勝つと、サクラロータリーとの再戦の舞台になるであろう朝日杯3歳Sへ駒を進めた。サクラロータリーはその後府中3歳Sでシンボリ牧場の大器マティリアルをも破って3連勝を飾った後、折、戦線離脱していたため、1番人気ホクトヘリオス。だがメリーナイスはホクトヘリオスの追い込みを1身半差で快勝。東の3歳王者となった。


4歳 ~日本ダービー


3歳王者となったメリーナイスだが、初戦のスプリングS(GII)は調教過程からトラブルに見舞われたりして9着惨敗。そんな間にもこのスプリングSを直線一気だけで制したマティリアル弥生賞(GII)の覇者サクラスターオーと新たなる皐月賞の有が登場していた。

そして皐月賞でも調ではなかったのか7着と、2着以下が戦だったとはいえ、勝ちサクラスターオーにはちぎられてしまった。

そんなメリーナイスの状況が変わったのは日本ダービーが近づいてきてからだった。日本ダービー

さて日本ダービーの出走メンバーを移すと、まず皐月賞を快勝し、出走すればまず1番人気間違いなしのサクラスターオーは故障で出走断念。代わりに断然の1番人気になったのはマティリアルである。・・・だが皐月賞の走りを見ると調子は下降気味っぽく、後のサッカーボーイメジロブライトのような過剰人気臭が漂う。2番人気皐月賞2着で阪神3歳S(GI)を制しているゴールドシチー、3番人気毎度おなじみ関西の秘密兵器ダイゴアルファ、4番人気にメリーナイスである。皐月賞で8番人気7着だったことを考えるとちゃんとメリーナイスが絶好調なのを見ていた人は見ていたのだろう。ただ、肝心な人がそれを見ていなかったのだが・・・

日本ダービーレースはただ一言、先行策をとったメリーナイスが直線でぶっちぎった、ただそれだけである。2着サニースワローとの差、6身。グレード制成立(1984年)以降で日本ダービーを6身以上の着差をつけて勝ったはメリーナイス以外にはいない。そのようなを探すには、セントライト(8身)やメイズイ(7身)といったいにしえのを持ちだすしかない。
「このダービーに限っては、たとえサクラスターオー事出走してきたとしてもメリーナイスを交わすのは厳しかっただろう」と言われる事が多いのは、まさにこの着差ゆえである。
(ちなみに2着サニースワローは22人気による大殊勲であるが、後に同じ生産者・調教師・騎手の組み合わせで10年後ダービーある馬で再挑戦する。しかも今度は皐月賞として二冠を賭けて。)

ところで、この年のダービーは「日本ダービー優勝映画優駿」の主人公オラシオン」のモデルになる」という特典があり、映画クライマックスにこの年のダービーレース映像を使う予定だったのだが肝心のメリーナイスを撮っていなかったという末がある。(詳しくは「優駿」の記事参照)


4歳~5歳


ダービー後は休養し、休養後はセントライト記念GII)に出走、ここを快勝する。

そして迎えた菊花賞皐月賞サクラスターオーはぶっつけ本番。マティリアルは不振。ゴールドシチーは気性難で前走も逸走して失格京都新聞杯(GII)上位組は小粒感が否めず、神戸新聞杯(GII)組に至ってはマックスビューティに敗退。よってメリーナイスは単勝2.2倍の断然の1番人気に支持された。
しかし、根本騎手が断然の1番人気に緊してしまい、それによってが終始引っ掛かり、4コーナーで自滅し、9着に惨敗してしまった。
代わりに勝利したのは、なんとぶっつけ本番の皐月賞サクラスターオーである。

さらに有馬記念では古勢が手薄だったこともあり、サクラスターオーが断然の1番人気。メリーナイスも3番人気だったのだが、スタート直後に根本騎手を振り落とし落。前走緊に伝わって敗退したことを受けて、手綱を長手綱に変更したのだが、そのためスタート直後のつまづきに咄嗟に対応できなかったのである。
さらにサクラスターオーも故障により競走中止。4歳クラシックがそろって競走中止という悪夢のような有馬記念となった。

その後5歳となった後もメリーナイスの成績は振るわず、目黒記念GII)2着、天皇賞(春)14着、函館記念(GIII)2着とダービーとしては物足りない成績。そして函館記念のあとに故障を発症して引退した。

引退後、メリーナイスは種入りした。重賞勝ちを2頭出すなどまずまず堅実な成績を収めていたが、サンデーサイレンスの波が襲いかかり、それにノーザンダンサーの直系と多重インブリードというのが配合のしにくさを高めていた為、需要が減少し、最終的に1999年に種引退。落した有馬記念優勝した因縁を持つメジロデュレンや、ドバイから荒尾までという波乱の競走生活を送ったワールドクリークなどと共に長野県スエトシ牧場で余生を送ることになった。(2007年ナイスネイチャらのいる北海道渡辺牧場に移動した)

そして2009年3月1日に疝痛のため25歳(現表記)で死亡サクラスターオーが亡くなってから約19年もの時が流れた後のことであった。まさにこの世代の他のとは一線を画す生を送った。


関連動画


未だ記録に残る日本ダービー6身差勝利


■sm7167572[ニコ動]


関連商品


■azB004I3XZ5M


関連コミュニティ


メリーナイスに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/06/27 23:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ