ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


モビルアーマー


ヨミ: モビルアーマー
掲示板をミル!
150カキコ!

モビルアーマーとは、機動戦士ガンダムシリーズに登場する架機動兵器である。


概要


モビルアーマーはモビルスーツ同様にシリーズの垣根を越えて登場しているが、モビルスーツほどの種類はい。
作品(世界観)によって細部が異なるが、基本的にモビルスーツよりも巨大で非人である事が多い。また巨大さ故に火力を有していたり、または大ブースターを搭載してモビルスーツよりかに高機動だったり、Iフィールドのようなバリアを発生させて被弾に強くしていたりと強なモビルアーマーが多数確認されている。このように高いスペックを誇るため、敵方の切り札として登場するケースも少なくない。ただしガンダムSEEDメビウスのように、モビルスーツの性に大きく劣るモビルアーマーも存在する。ちなみに棺桶と揶揄される地球連邦軍のボールも、今でこそモビルポットという組みに収まっているが、モビルポッドが誕生する前はモビルアーマー扱いであった。

モビルスーツよりモビルアーマーが強いのなら、そちらを大量生産すれば良いじゃん」と思うかもしれないが大人の事情モビルスーツが大量生産される事が多い。その理由を列挙する。

  1. 生産コストが高い
    モビルスーツべると、どうしてもモビルアーマーはコストが掛かってしまう。確かに性は高いが、コストが邪魔をして生産されても少数のみで留まる事が多い。中には試作品だけで生産が打ち切られる場合もある(ザクレロビグ・ラング等)。連邦より10年技術が進歩しているジオン公国は各分野に合ったモビルアーマーを製作したが、どが少数のみの生産であった。一量産に至ったビグロでさえ20機程度の生産で終戦を迎えている(諸説あり)。どうせ大量生産できないのなら底的に性を上げてモビルスーツ数機分の活躍をさせようという考えなのか、大火力や重装甲を持ったモビルアーマーやニュータイプ専用モビルアーマーが作られたが時代が進むにつれてモビルスーツがその役を負うようになっていった。しかしモビルアーマー全てが高コストという訳ではなく、ボールメビウス安価なモビルアーマーで、こちらは大量生産されている。またモビルアーマーより高コストであるはずの可変モビルアーマーや可変モビルスーツが量産されていたりするあたり、小化できていないシステムを積んだ巨大なモビルアーマーが高コストなだけとも思われる。
  2. 一人では操作できない場合が多い
    モビルアーマーは高性だが操作系統が複雑で、複座式(コクピットに二人以上が乗る)になっているものがある。ブラウ・ブロ、ザムザザーゲルズゲーライノサラスアプサラスⅢビグ・ザムなどが挙げられる。論、一人乗りのモビルアーマーも存在するうえ、複座式でも操作系統を弄る事で一人でも操作可になるモビルアーマーもある(アプサラスⅢビグ・ザム)。
  3. 適性がいとパイロットになれない
    これはビグロメビウスゼロなどに当てはまる。ビグロは高機動戦闘眼に置いたモビルアーマーであるため強なGに耐えうるだけの身体を持った者でなければ気絶してしまう。ビグロパイロットだったトクワンは高Gにも耐えて操縦していたが、偶然ビグロの機体に引っかかったガンダムパイロットアムロは高Gに耐え切れず気絶してしまった。メビウスゼロは卓越した間認識を持った者でないとガンバレルを展開できず、性を引き出せなくなる。ガンバレルを以って、ようやくザフトモビルスーツジン」と対等に戦えるため、ガンバレルを操作できないとただのメビウス同様たやすく撃墜されるため必然的に操縦できるパイロットが限られる。
  4. が多い
    モビルアーマーはその巨体さゆえ、死の多さに悩まされる。質量も大きいため機体の旋回も速に行えず、運動性に勝るモビルスーツや他の機動兵器に攻撃を許してしまう事が多々ある。実際ビグ・ラングも死からの撃が致命傷となって撃墜されている。しかしモビルアーマー側もこの問題を対処しようと様々な工夫を凝らしている。装甲を厚くして被弾に強くしている他、ビーム兵器に対抗するためにビーム撹乱幕やIフィールドを装備、死を補うためのや対を各所に備え付ける、友軍機の随伴させる等をして自衛を向上させている。
  5. 汎用性に欠ける
    モビルスーツは武装の付け替え、持ち替えで多数の戦場に対応できるが、モビルアーマーの大半は役割を絞った設計になっているため、戦場が限定されてしまう。また、補給を受ける際も専用の設備や母艦スタッフが必要になるため、それらがない場所には出撃させられない。そのため、重要な拠点の防衛や、短期決戦が見込める戦場への出撃がな役割となっている。

ガンダムSEEDにおけるモビルアーマー


従来の作品において、モビルアーマーは一貫して強大な敵だった。しかしガンダムSEEDのモビルアーマーは少々毛色が違っている。本作では量産型のやられメカに過ぎず、全編を通して撃墜されるシーン立った。ラウ・ル・クルーゼくモビルアーマーは「旧来の兵器の延長線上」らしく、どうやら現代兵器を拡大発展させたものらしい。

モビルアーマー「メビウス」は宇宙における地球連合軍の兵器で、言うなれば戦闘機の役割を果たしていた。安価だった事から大量に生産された。あの血のバレンタインを引き起こしたのもメビウスである。
長らくの座にいたようで、プラントとの戦争では先を切って戦った。しかしザフト軍のモビルスーツジン」の性差に苦戦し、片端から叩き落とされる事が多かった。本編でも為す術なくXナンバージンに撃墜されており、地球軍が数で何とか防いでいる戦況を視聴者に知らしめた。
しかし物語終盤でニュートロンジャマーキャンセラーが地球軍に渡った事により、核魚雷を搭載したメビウスが登場。ストライクダガーや後期GATシリーズに守られた核攻撃隊は、ザフト軍の軍事要塞ボアズを焼き尽くし、陥落せしめた。続いてプラント本を核攻撃しようとしたが、三隻同盟やザフト軍の抵抗により核魚雷を撃ち落とされ、予備の弾頭を積んだ母艦も撃沈させられた事から失敗に終わっている。

続編のSEED DESTINYでは、メビウスのほぼ全機が一線を退いた。代わりに現れたのがザムザザーゲルズゲーといった従来どおりの強なモビルアーマーである。モビルアーマーを建造していた勢地球軍のみであり、いかに地球軍がモビルアーマーを用していたかがえる。


鉄血のオルフェンズにおけるモビルアーマー


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』においてはモビルアーマーの立ち位置・設定がこれまでの作品とは大きく異なり、本編300年以上前に起きた戦乱「厄祭戦」の引き金を引いた元であり総人口の4分の1を死に至らしめたという過去作とはべ物にならないほどの強大な存在として扱われている。人口密集地を優先的に攻撃するようにプログラミングされており、厄祭戦では本同然に人を襲撃・殺戮していたという。
同作世界モビルスーツはMAへの対抗手段として開発されたという位置づけとなっており、敵であるMSエイハブ・ウェーブを感知して自的に行動し、コクピット狙いの攻撃を執拗に行う。ソロモン72柱悪魔の名を冠するガンダム・フレームとは対照的に天使の名を冠しているのも特徴。
新機動戦記ガンダムW」のモビルドールMD)と同様自立稼働兵器であるが、外部からのに忠実なMDとは違い、その思想は「機動戦士ガンダムF91」のバグに近い。

ギャラルホルンの開祖であるアグニカ・カイエルセブンスターズの祖先達により全機が破壊されたと言われていたが、実際は火星ハーフメタル採掘場でガンダム・フラウロスと共に発掘された大のモビルアーマー「ハシュマル」及び子機にあたる複数機の小モビルアーマー「プルーマ」のように休眠状態のまま忘れ去られた機体も存在する。第35話のラストイオク・クジャンレギンレイズに反応して起動したハシュマルは、覚めると同時に高くビーム放出しており、これは厄祭戦の時代には今まで確認されていなかったビーム兵器が存在していたことを意味している。


関連項目



最終更新日: 18/09/25 22:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ