ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


モンスターハンタークロス


ヨミ: モンスターハンタークロス
掲示板をミル!
7615カキコ!

モンスターハンタークロス(モンスターハンターX(CROSS))とは、2015年11月28日に発売のニンテンドー3DS専用ゲームソフトである。略称は「MHX」。

概要

モンスターハンタークロス
基本情報
ジャンル ハンティングアクション
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 カプコン
発売日 2015年11月28日
価格 パッケージ版:5800円+税
ダウンロード版:5546円+税
年齢 CERO:C(15歳以上)
通信
その他
ゲームソフトテンプレート

2015年5月31日に開催されたイベントモンスターハンター ハンターの集い 2015」内で情報が解禁された。

11年に突入したモンスターハンターシリーズの新しいスタートを切る形で、も見たことのない新機軸のハンティングアクションが誕生する。

ナンバリングタイトルではなく実験的な作品ということで、モンスターハンターの新たな魅を創造すべくシリーズで培ったノウハウや今だからこそ出来る新しさを"クロス"させたハンティングアクションゲームとして完成させるようだ。

ディレクターはポータブルシリーズディレクターを務めていた一瀬泰範、プロデューサーは初代から3までの全作に関わっていた小嶋太郎がそれぞれ務めている。
CMキャラクターにはDAIGOが起用されている。

新たな拠点として「ルナ」が登場するほか、「ココット村(MH)」「ポッケ村(MHP2)」「ユクモ村(MHP3)」といった過去作の村に行くことが可になっている。

狩猟フィールドは「古代」が新規登場する他、初代から「丘」、MH2系列から「山」「火山」「沼地」、MH3系列から「孤」「渓流」が復活する。
MH4系列から続投する「遺跡平原」「原生」「氷」「地底火山」「旧砂漠」を加え12個もの狩場が用意されていることになる。

本作では、モンスターの調を行うために気球を使って上記の過去作の村を転々としていくストーリーになっている。上記の村にも集会所も存在するが、マルチプレイスムーズにさせるためにベルナ村以外の集会所は使用できないようになっている。また、それぞれの村でできる要素に関してMHXで新たに追加されたものもあるようだ。

随所で過去シリーズを踏襲しているが、過去シリーズにあったシステムに関してMH3系列にあった「水中」やMH4系列にあった「ギルドクエスト」「化・極限状態」は本作では登場しないと明言されている。
しかし、4シリーズでの「高低差概念」「乗り攻撃」というシステムは続投している。ただし、本作では4シリーズでの暗黙の了解であった「乗り中は攻撃しない」という概念を取っ払い、積極的に仲間ハンターも攻撃することで乗りゲージの蓄積を助けることができるようになった。

そして過去シリーズでは類を見ない四頭ものメインモンスターが登場する。それぞれが異なる特徴や生態を持っている。本作のOPでは過去作のメインモンスターと熱いバトルを繰り広げているのでこちらも必見。

また、本作の醍醐味の一つとして、「狩技」と「狩猟スタイル」を"クロス"することで自分だけのハンティングを生み出すことが可になる。詳細は後述。

そしてさらなる新要素として「ニャンターモード」というモードで遊べることが、TGSでのイベントステージ明らかになった。PV2でもその様子が見られる。詳細は後述。

また、本作では亜種や希少種とはまた違う「二つ名モンスター」と呼ばれる特異個体が存在する。厨二全開。

そして上記で「極限化」という強化はないと記述したが、本作では「獰猛化」という新しい強化がなされる。怒り状態とは違った変化のようで、獰猛化個体を討伐すると特別なが手に入り、このを消費することでマカ錬金や武器の生産・強化ができるようだ。

本作発売から11ヶ後、Monster Hunter Direct 2016.10.27で本作のアッパーバージョンである「モンスターハンターダブルクロス」が発表された。発売日は2017年3月18日を予定している。

狩技と狩猟スタイル

狩技
一撃で大ダメージを与える、自分のを強化、周囲の仲間を癒やす、・・・など様々な効果がある。
この狩技を使うことで手で爽快感を感じるアクションを実現できる。また、視覚的にも鮮やかな演出が楽しめる。
全14種の武器ごとにそれぞれ異なる狩技が用意されている。
狩猟前に装備を変更するような流れでこの狩技と後述の狩猟スタイルを選択する。また、狩猟スタイルによって狩技セットできる上限が決まっている。
それぞれの狩技については個別記事へ。
狩猟スタイル
本作の特長となるハンティングアクションを決定づける要素。
全14種の武器ごとに以下4種類狩猟スタイルが用意されている。
ギルドスタイル - 狩技を2つセットできる。従来の操作感覚に近いバランスタイプ
ストライカースタイル - 狩技を3つセットできる。旧作シリーズに近い操作に戻り、セットできる狩技の数に加えて狩技ゲージが他の狩猟スタイルより溜まり易いのが特徴。その代わりにアクションがいくつか変更され、今までの作品で使えていた攻撃アクション等が制限されている。狩技を中心に戦うスタイル
エリアルスタイル - 狩技1つ。前回避が前に小さくジャンプする「エア回避」に変わり、エア回避中にモンスターハンタータル爆弾等のオブジェクトを蹴ってより高くジャンプする「踏みつけ跳躍」が特徴。これにより爆弾を起爆したり、高い部位を攻撃することが出来る。また、ジャンプ攻撃のため乗り蓄積値をためることができるが蓄積値は低め。大技などが使用不可になったり、ジャンプ中にしか使用できない場合も。
ブシドースタイル - 狩技1つ。モンスターの攻撃をギリギリまで引き付けて回避やガードをすることで発生する「ジャストアクション」が特徴。使用する武器によって流れるように回避して鋭い反撃を行う「ジャスト回避」と攻撃を効化して即座に反撃する「ジャストガード」が行える。武器によっては従来のアクションがジャストアクションの後にしか生できなくなる代わりにより強なものになっている。

ニャンターモード

その名で予想ができる通り、アイルーを操作できるモードである。アイルーハンター通称「ニャンター」を操作して遊ぶことができる。ニャンター状態でのマルチプレイも遊べる。オンラインでも可。

全員ニャンター必須のニャンター限定クエストもあるが、基本的にはハンターと同じクエストを選べ、3人ハンターで1人だけニャンターなど自由ニャンターを組み込むことができる。

ハンターというだけあって、元々ハンターができることはニャンターもすべてできる。(攻撃、採取、取り等)

ハンターと違うことを簡単にまとめると、

スタミナバーなし

スタミナバーの代わりにドングリが2つあるがこれは前述のライフのようなもの。

スタミナバーがないため、永遠にダッシュし続けることが可となっている。

サポート行動

アイテム欄の代わりに、サポート行動欄が設置されている。事前に選択したサポート行動を使用できる。

おそらく、オトモアイルーができるサポート行動(○○の技)はすべて使えると予想される。

オトモアイルー

自分がニャンターであっても、オトモアイルーを2匹まで連れていける。

使用可能武器

ガンナー

モンハンシリーズにおける武器の詳細は各武器の大百科記事(上記)を参照。

各武器ごとのスタイル

以下、MHXにおける違いを簡単にまとめていく。記事内ジャンプは下記。

ガンナー

次へ»
最終更新日: 17/03/21 23:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ