ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ユニコーンガンダム


ヨミ: ユニコーンガンダム
掲示板をミル!
736カキコ!

ユニコーンガンダム(RX-0 UNICORN GUNDAM)とは、小説/アニメ機動戦士ガンダムUC」並びにその生作品に登場する機動兵器モビルスーツである。


概要


ユニコーンモード

連邦宇宙軍再編計画の一環、「UC計画」の最終段階として開発された実験機。アナハイムエレクトロニクス社のグラナダ工場で2機が製造された。

それ以前のMSνガンダム等)でコクピット周辺にのみ使われていた構造材のサイコフレームを、全身の駆動式内格であるムーバブルフレーム全てに採用しフルサイコフレーム構造とした結果、桁外れに高い機体追従性を実現した。

通常時はその名の通り、純の装甲に額の一本フェイスガードに覆われたゴーグルアイが特徴のユニコーンモードで運用される。

一見すると真っ白ジムのような貌をしているが、特定の条件を満たすと「NT-D」と呼ばれるシステムが発動する。
NT-D発動時は全身の装甲がスライド開放され体格が一回り拡し、殺人的な機動を保するスラスター・バーニア類が剥き出しとなる。さらに額の一本がV字割れフェイスガードの下からガンダムタイプの顔が現れるという、デストロイモードへ“変身”する。この際、装甲の隙間から露わになったサイコフレームがみられる。

サイコミュ思考制御システムインテンションオートマチック・システム」を採用しており、フルサイコフレームと連動してパイロットイメージを機体操縦にダイレクトに反映させることが可。このシステムで機動性・運動性の劇的な向上を促し、マンマシーンインターフェイスレスポンス・追従性)の善にも成功している。なおこの操縦系を最初に採用したのはアナハイム社が開発したシナンジュ・スタインである。

武装はビームマグナムハイパーバズーカビームサーベルバルカン砲、Iフィールド発生器搭載シールドなど。実験機というだけあって、武装にも実験的な試みが盛り込まれたものが見受けられる。以上がおおむね1・2号機に共通する概要である。両機の差異等については後述。

1号機搭乗者はバナージ・リンクス2号機搭乗者はマリーダ・クルスリディ・マーセナス
なお、1号機にのみラプラスプログラム(La+)と呼ばれる、当初の仕様プログラムが追加されている。


UC計画


UC計画とは、U.C.0094に表された連邦宇宙軍再編計画の一環。その特性上、強化人間の搭乗を前提として設計されたユニコーンガンダムとそれをサポートする量産機ジェスタを開発、計画のフラッグシップとすることで、ジオニズムやその背景となるニュータイプ思想論を“技術の産物によるニュータイプ(=強化人間)”によって否定・殲滅し、U.C.0100ジオン共和解体を迎えるにあたっての当面の憂いを排除する意図があると思われる。ユニコーンガンダムタイプとして開発されたのも、ジオン根絶のためのプロパガンダ的意味合いが強い。

ニュータイプを殲滅する、その面に限って言えば、「UC計画=NT-D」というクロの言もあながち間違いではいというわけである(参考[動])。


NT-D


[画像]

インテンションオートマチックに付随するシステム
1・2号機両機に搭載された、フルサイコフレームのオペレティングを行うOS名である。
表向きはニュータイプドライブの略であるとされるが、その実情はニュータイプデストロイヤーと呼ぶのが相応しい。

このシステムによって発動したデストロイモードではパイロットの感応波をサイコフレーム読み取り、駆動系にダイレクトに反映させるため、さながら自分の体を動かすような、究極的に言えば思考だけでの操縦を可とする。

反面、その人体をイメージした挙動を人間の10倍以上のスケールを持つ20m級のモビルスーツで行った場合、パイロットへのGによる体的負荷はとてつもないものとなる。

専用の衝撃緩和装置(ショックアブソーバー)や専用パイロットスーツによる対G負荷の理的軽減システムがあるとはいえ、サイコミュによる精的負荷も合わせると稼動限界は5分前後とみられている。

しかしそこから生み出される機動は凄まじく、ニュータイプを備えた強化人間ですら、初めて対峙した際はで追うどころか気配すら感知しきれず、「消えた」としか表現できないほどの殺人的加速・静止を可としている。

また発動中は、ファンネルなどのニュータイプ強化人間)の十八番ともいえるサイコミュ兵器の操作を奪い、逆に自らの支配下におくことも可になる等、まさに“ニュータイプ駆逐”のためのシステムと言える。


ラプラス・プログラム(La+)


ユニコーンガンダム1号機にカーディアスが搭載させたプログラム。実体はに包まれているが、サイアムの呈示した"ラプラスを渡すにふさわしいかを試す"という"理難題"を解決する手段としてカーディアス完成させた。分かっている機は以下の通り。


機体バリエーション



フルアーマー・ユニコーンガンダム


バナージの友人でアナハイム工専の学生MSオタクタクヤ・イレイが考案した、『袖付き』ネオジオン艦隊との最終決戦に備えたユニコーンガンダムの重装備化プラン
ネェル・アーガマ営とネオジオン艦隊との圧倒的火力差を少しでも埋め合わせるべく、NT-Dモードのユニコーンガンダムに、ネェル・アーガマに残っていた予備の武器類を色々(ビームガトリングシールドセット×3、ハイパーバズーカ×2(身にマウントラッチを設けて後述のミサイルグレネード類を搭載)、グレネードランチャー×2、スタークジェガンの肩部三連ミサイルポッド×2、ジェガンハンドグレネード×24、ビームマグナム94ベースジャバーからの流用ブースター)くっつけた結果、凄まじいほどの重装備となった。
しかもそれで帳が合っていて、バランス大丈夫で弾切れになったら切り離せるってアンタ

なお、追加武装に関してはリモート操縦が可で、サイコミュと連動したインテンションオートマチックシステムで自動で照準を付け、パイロットバナージ)が殺気を感知するだけで標的へ自動攻撃を行うようになっており、また機体のバランスや重量を調整するため弾薬を使い切った武装は随時パージしていく。
このモビルスーツらしからぬ凄まじい火力をもって、フルアーマーユニコーンインダストリアル7へ向かう敵艦隊を相手に単騎で闘を繰り広げ、艦隊を次々撃破、ないし化していくことでネェル・アーガマの突破口を開いていった。

ちなみに追加装甲の類は全く装備されていないので、「フルアーマーと呼ばれるのはおかしい」とツッコミを入れる方もおられるだろうが…生みの親がそう名付けたんだからしゃあない。

また、プラモデルオリジナルの武装としてハイパービームジャベリンがある。折り畳み式の長柄の両端から状のビーム状のビームを発振でき、パーツの組み換えによってビームハルバード形態となる。また、ビーム発振部にはサイコフレームが使用されている模様。
非使用時は折り畳んでシールドビームガトリングの間に挟むように格納されるが、この状態でビームを発振することも可
本編中でユニコーンガンダムがこの武装を使う場面はないが、OVA版ではクシャトリヤ・リペアードが失った左前腕の代わりにハイパービームジャベリンの先端部分を肘関節に直付けするという形で登場している。

かしこ戦闘では、取り回しの悪さが露呈し、バンシィ・ノルンに軽くいなされた上で叩き折られてしまった。

機体のシルエットを変えるほどの重装備ぶりは、の束を背負って見得を切る古代戦士
-東洋のムシャだかサムライだかを彷彿とさせる物々しさではあった。

引用機動戦士ガンダムUC⑨ の彼方に(上)


フルアーマー・ユニコーンガンダム・プランB


アーケードカードゲームガンダム トライエイジ」ビルドMS7弾にて登場したif設定機。「タクヤ・イレイバンシィ・ノルンに搭載されたアームド・アーマーの存在を知っていたら」という設定の元に誕生した、別プランのユニコーンガンダム重装備化プランである。

NT-Dモードのユニコーンガンダムをベースにする点は変わらないが、武装としてネェル・アーガマ内の予備武器ではなく、バンシィおよびバンシィ・ノルンが装備していた各種アームド・アーマーを使用。背部にアームド・アーマーXCとアームド・アーマーDE(2基)、右腕にアームド・アーマーBS、左腕にアームド・アーマーVNと全てのアームド・アーマーをフル装備しており、さながら「フルアームドユニコーン」といった様相を呈している。
さらに、「マスターグレード フルアーマーユニコーンガンダムVer.Ka」に追加されていた新武装でありながら、OVA版でもユニコーンではなくクシャトリヤの左腕に直付けされていた武器、ハイパービームジャベリンを携行武器として用いる。また、一応ビームサーベルも通常通り背部にマウントされているが、ビームマグナムシールドといった通常のユニコーンで使用していた携行武器は使用しない。「アームドアーマーを重装備している」という意味ではフルアーマーと言えなくもない。

サイコフレームフェネクス同様、青色く。プランBのBは劇中使用されたプランAとの識別だけでなく、「Blue」のBでもあるのだ。何故サイコフレームの発色が変わるかは不明。2基セットで使われているアームド・アーマーDEの出所がバンシィではなくフェネクスの可性がある(バンシィ・ノルンはDEを2基セットでは使わない)ため、これに合わせた調整の結果ではないかと推測されるが、明言はされていない。

ちなみに、本プランの解説においてタクヤは「やっぱりフルアーマーガンダムは、青色だよね!!」とのコメントを残した。これは「プラモ狂四郎」に登場した際にフルアーマーガンダムが、一般的に知られる基調ではなく基調の塗装であったことに由来する。ビルドファイターズとの連動も行ったトライエイジでこそ活きるコメントである。


デストロイ・アンチェインド


PG「ユニコーンガンダム」で追加された新形態。実はユニコーン系列が標準採用している仕様である。

想定外の現を引き起こすサイコフレームを危惧した開発は、制御して抑え込むのではなく、むしろ「リスクを冒してでもサイコミュを引き出す」方向にを取った。
サイコミュ系が異常値(制御不能な値)に達した際、外部装甲が拡し、サイコフレームがより広範囲に露出する。感応波の流量制限も解除され、通常のNT-Dと異なり全操縦権が機体に委ねられる。システムと直結状態となった搭乗者は安全が考慮されておらず、感応波を供給するだけの言うなれば生体パーツとして扱われ、NT-D(機体)に全に支配されてしまう。

本編1号機がデストロイアンチインドに移行した事はないが、外伝ラスト・サン」ではユニコーンガンダム3号機サイド7宙域で行われていた連邦軍とジオン残党の戦闘乱入して暴威を振るった。

アンチインドとは繋がれざる者を意味し、MSが人と機構の楔から解き放たれた状態に由来する。


ユニコーンガンダム(光の結晶体)


OVAのEP7及び『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』の最終話で、ユニコーンガンダムは擬似的なサイコフレームサイコシャード」が機体全面に発生した究極形態となった。

この形態のユニコーンガンダムは通常時よりも強サイコフィールドを展開、バンシィ・ノルンが展開したサイコフィールドと重ねる事で、コロニーレーザー線を相殺している。


次へ»
最終更新日: 19/08/30 22:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ