ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ユリア(北斗の拳)


ヨミ: ユリア
掲示板をミル!
55カキコ!

ユリアとは、漫画北斗の拳」に登場するキャラクターの一人である。


概要


ユリア

南斗六拳のひとりで、最後の将という座につく女。ケンシロウ達が愛し女性でもある。宿は「慈」。

拳の一人なのに何故か拳法は使えない。それ故か南斗五車星というガードマンがいる。

「南斗宗の継承者」として紹介しているサイトもかつて存在した。南斗宗家-北斗聖書(北斗の拳解読)[修羅の国][外部]と同じサイト


第一部


幼少期にケンシロウと出会い、ケンシロウの婚約者になったあとケンシロウと仲良く暮らしていたが、ケンシロウ敵・シン拉致される。

その後、シンと生活するがシン実の人間を殺してでも自分に物を与えようとする姿に耐えられなくなったユリアは飛び降り自殺をするが南斗五車星に救出される(その際、シンユリアを救うために苦渋の決断の末、五車星に託す)。

そして助かった後は南斗最後の将としてケンシロウを待つ。

その際、ラオウが来るのを阻止するため拳王軍に刺客として南斗五車星を送るがいずれも返り討ちにあい、遂にラオウまで迎えに来るのを許してしまう。

ユリアはリハクによってケンシロウとの待ち合わせ場所に避難させられたものの、ケンシロウラオウの元に行くというまさかの出来事によってケンシロウとの再会を果たせなかった。

その後、リハクの最後のとなり結局ラオウによって誘拐されてしまう。

その後、ケンシロウとの闘いでの恐怖をする的でラオウに殺されそうになるが、その際に「余命数ヶの命」であることを告げたのが幸いし、ラオウに殺されることはなく延命の秘孔を突いてもらう。

そしてケンシロウ敗北したラオウは最終的にケンシロウユリアを託し、「二人幸せに静かに暮らせ」と告げた後この世を去る。


第一部と第二部の間第二部天帝編のショウキの回想と第二部終章ボルゲ編のケンシロウの回想で判明した出来事


安住の地をめ、をするユリアケンシロウ

ショウキの村で野党が暴れているのを見かけたケンシロウによって野党を一掃したのが切っ掛けでショウキに暮らすのを許される。そして、その村でユリアは「リンちゃんに幸せを」という遺言を残し描写はないが多分ここでケンシロウネックレスを託してるのだろうすぎる死を迎えた。


第二部



天帝編・修羅の国編


しかしケンシロウは一応リン達に再会し、ユリアが生前リンに渡すようにと預けていたネックレスは渡してくれるが告白はせず闘いのに投じるのみで約束を守ってくれない。

その後リンがジャスクによって連れ去られたときも体をって助けようとしたが告白はせずリンバットに託すのみでやはり約束を守ってくれない 。


終章ここから先は何故かアニメ化してない


挙句の果てにはマミヤからバットが自分の幸せを放棄してまでケンシロウと結ばれるようにしてることを聞かされてもリン達のもとに駆け付けなくなった。

ユリアは死後、涙を流しながらケンシロウの記憶と黒王号の命を奪う。

その後、記憶のないケンシロウは歩いてリンのところに行き、二人仲良く過ごす。

しかしバットボルゲに挑んだのが切っ掛けでケンシロウリンと一緒にボルゲのところに行き、バットに代わってボルゲに挑んでしまう。

最終的にボルゲ戦の途中でケンシロウは記憶を取り戻し、リンも最終的にバットするようになり、結果オーライになり、ユリア満足する。


歴代担当声優



関連項目



最終更新日: 16/01/03 21:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ