ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラオシャンロン


ヨミ: ラオシャンロン
掲示板をミル!
219カキコ!
モンスターハンターのモンスター一覧 > ラオシャンロン

ラオシャンロンとは、「モンスターハンター」に登場するモンスターである。
漢字表記は「老山龍」。縮めて「ラオ」と呼ばれることが多い。


概要


古龍種
ラオシャンロン
別名
原種 老山龍
亜種 岩山
登場作品
モンスターハンターのモンスターテンプレート

初代モンスターハンターから登場しているモンスターdos以降は古龍種に分類される。
モンスタートップクラスの大きさを誇る図体とそれに見合った体の規格外のモンスターである。
MHFにてモンスターラヴィエンテ実装されたため、大きさトップの座からは陥落した。)
通常はい外殻を持つが、より長い年を生きた個体は殻がく変色することがあり、この変色した個体が亜種と定義されている(基本的な性質は変わらない)。

ラオシャンロンのクエストは他のモンスターとは違い、砦を進むラオシャンロンを時間切れか砦が崩壊するまでに
討伐か撃退するという特殊なもので、他にも同様のクエスト内容のモンスターとしてシェンガオレンが挙げられる。

ラオシャンロンはハンター視してひたすら砦のへと進むため、を攻撃する際の踏みつけや尻尾に当たる
などの不測の事態以外は特に死因く、手れたハンターには単調な作業クエストと化す。

攻撃の一部に特殊な属性」が備わっているが、自身の弱点とする属性属性となっている。大抵の古に当てはまる特徴であるが理由は
属性武器の素材としては定番だが、防具の性耐性がとんでもなく低いため着ていく相手を選ぶ。
MHGでは強化の途中で原種素材を使う攻撃重視亜種素材を使う属性重視に分岐していたのだが、MH2以降は亜種武器のみ生き残り原種武器は姿を消している。ダークバニッシャー(ハンマー)と【火焔】(大剣だが今の分類では太刀)復活希望
ちなみにP2Gでウカムルバス討伐後に作成できる】GとドラゴンレイカーGが前述のG級原種武器に近い性

最大の弱点は体内にある。背中に乗れる部分の下辺りがそれである。ガンナーであればここをひたすら狙い撃ちするのが基本。通常弾でもいけるが、慣れないうちは貫通弾を使うといい。ここにヒットするとエフェクトが体内に埋もれたように出るのでそれを安にする。なお、大ダウンさせることで士でも攻撃することはできるが、そもそも大ダウンさせるためには足を攻撃しなければならないため効率が悪い。2番の弱点であるを狙おう。
属性の通りやすさは≧火>>>=氷。


問題点


上記のような特徴がありながらラオシャンロンは砦の最終地点まで到達しなければ討伐も撃退も出来ないという
仕様であり、どのような手を使っても最低20はかかるため素材が欲しい人以外は決してやりたがらない。
シェンガオレンには出現後体が尽き次第倒せ、10分程度で終了するクエストがあるがラオシャンロンは
最終地点でしか倒せない砦でのクエストしかないのもラオシャンロンに批判が集まる原因となっている。

一人でやる場合は討伐、撃退できない場合もあるためその場合30分以上時間を駄にしてしまうという
的に非常に辛い事態も結構ある。

その上、装飾品や装備(特に防具強化に素材を使うdosMHF)はラオシャンロン素材の需要がすさまじく
何回も戦う羽になることがしばしばある(固有のレア素材が多いのも原因の一つ)。
この点は初代(2004年)からP2G(2008年)まで何一つ変わっていなかった。

しかし、2009年6月17日MHFにラオシャンロン剛種が実装されたことで途中討伐できないと言う伝統は剛種限定ではあるが、一応打破 された形となる。


MHF


MH2続投組。

下記の通り剛種(原種の凄腕個体)は途中討伐できるが、
亜種は上位までしかいなので100体討伐壁紙の取得難易度は最高クラスと言われる。

実装が7年後とかなので予想のしようもないが、剛種共々体内の弱点だけ柔らかく他は硬いせいで穿龍棍リーチモードの餌食となる。

また、G級専用フィールドである極エリア4の氷河の中に氷漬けで埋まっているラオシャンロンの頭部を見ることができる。
何かの伏線なのだろうか・・・


剛種


が大幅に上昇しているだけではなく、質は格段に固くなり、各部位の怯み耐性も跳ね上がっている。
防御面だけではなく攻撃も大幅に強化されており、足踏みや尻尾に巻き込まれただけで火事場ガンナーは間違いなく即死、士でも大ダメージを受けてしまう程である。

前述の通り、今までのラオシャンロンと違って砦マップにも拘わらず途中討伐が可となった。
これは剛種が連戦を前提としたモンスターであることから、一戦あたりの時間を短くできるようにとの運営の配慮と思われる。
しかし、途中討伐ができるとは言え、装備が整っていないプレイヤーや未熟なプレイヤーだらけだと普通に最終地点まで到達してしまい、最悪の場合砦の耐久値が0となりクエスト失敗になってしまうので事前の準備はしっかりとしておこう。

最終地点まで到達される原因として、防御面の強化も一因ではあるが、やはり怒り時の移動速度異常に速くなっている点が一番大きい。
怒り中の移動速度初見プレイヤーにとってはまさに衝撃映像MHFプレイヤーでなくとも剛種の移動速度は是非一度見ていただきたい。


■sm7401711[ニコ動]

ガンナーが有利な事には変わらないが質の関係上ライトヘビで戦法が異なり、パーティーで合わせる必要がある。
最も流行ったのは尻尾属性が通ることを利用してヘビィボウガン冷弾を撃ち込み大ダウンを連続させるというもの。

また、中で落下してくる岩が火事場ガンナーだと間違いなく即死する威になっている。実装直後に直撃してポルナレフ状態となった人は多いだろう。
異常なまでの威に変貌している為に、剛種クエスト時の岩は「岩剛種」等と呼ばれたりもする。
幸い落下する範囲は狭いので、ガンナーはその範囲に入らないよう注意して行動すればまず当たることはない。
余談だが、後に実装された初のオリジナルであるルコディオラ剛種も岩剛種と呼ばれることがある。


関連動画


■sm5195390[ニコ動]
■sm900693[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/03/25 09:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ