ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラギュ・オ・ラギュラ


ヨミ: ラギュオラギュラ
掲示板をミル!
102カキコ!

            / ヽ       _
      _ __/ _ /       / '、
       `ー - '´ノ└ 、 , - r '" ∠゙、ヽ__
           ト、_ _,八/人し ィ´  `ー''"
              〉__ ィ 、 _ `7
          /r─‐:リn r ニ=、
          / ! ∩ 1i;;;;!/ ∩ 7
          ! ! V |i;;;;;;! V /  <あったかいものどうぞ
         i  ヽ イi;;;;;;ハ__/
       _ ノ  ミ Y イ !;;j l_     
    , -‐< ヽ ( ー、ヽ _Y/  ヘ      
   j>   ヽ ヽ   ヽYノ /  `ー、_
  イ  _    ノ_ ハ 、___/   ,- - ニ、r⌒ヽ- - - ───、
 ./;;ヽ  ` ー'´ `r::ヽ ヽ     r::::、イ;;;;;;;;;;;;;;;;`ー - - -、  r - -、 ヽ、
  !;;;;;;;ヽ      ):::ヽヽ. / /:::::::';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ̄)--ヽノ
  ヽ;;;;;;;;;ヽ ( ̄て::::;;::ヽ V !::;;::::;;::ト- - - - - - '' "´ ̄ ̄
     i T`rニニニ):::::;;::::i ! i:::;;:::::;;::!
      ! i ! ::::;;;:::::::;;:::/ 人 、:;;::;;::ノ
     ', i ヽ.ヽ、;;;;;;// !ヽヽ;;;;;;ノ
      ! ヽ、_ _/ ヽノ`ヽ-イ

ラギュ・オ・ラギュラとはワイルドアームズシリーズに登場する隠しボスである。
円谷プロの某宇宙恐竜ゼットン元ネタ


概要ッ!


特撮好きのスタッフ3Dでモデリングできるゲーム邂逅した結果のの結晶である。荒野なんてどこ吹く

シリーズにおいて究極の徴とされ全ザ・プレイステーション2002/5/特別増刊号,2004/1/30冊子 また当時はヴォイドジェネレーター、限の心臓ではなく内臓器官と記されていたの守護達はおろか上位の種守護ロンバルディア(2nd,3rd)をえ、全ての宇宙を生み出した泥の守護を含めたすべての守護の集積存在とされる越のガイアと同等以上とされる。
太古の昔、守護達を血祭りにあげたがガイアにより封印された(2nd)

ワイルドアームズシリーズに登場する隠しボスで、全作品を通じ、例外なくどのボスよりも強い。
そのため、製作側とプレイヤー側との間で「ラギュ・オ・ラギュラを倒すのはやりこみ要素の一つ」という共通認識が出来上がっており、ファンの間ではワイルドアームズトニーに始まり、ラギュ・オ・ラギュラに終わる」といわれることも…。2作からは専用BGMまで用意されていることから、製作が伺える。

シリーズごとで形態や強さは異なるが、一貫して初見では太刀打ちできないように設定されており、最高レベルに達していても対策をしていなければ敗北すること間違いなしである。
故にただレベルを上げるだけではなく、ラギュ・オ・ラギュラの放つ強な攻撃を効化、または緩和できる装備・編成などの創意工夫められる。

ちなみに倒さなくても、ストーリーにはなんら影ない。


体の構造ッ!


10thアニバーサリーブック、他書籍で開された設定にされていた情報によると、

レーダーシーバー・センシティブソナー
いわゆる生物的な視覚を持たないラギュ様だが、2つの感覚器官を複合的に扱う事で、音や温度、臭いや不可視の物さえ「視て」補足できる。
プロテクトタイトスキン
皮下から分泌される体液が硬質化し、甲羅としての役割を果たしている。攻撃を受けても甲羅の一部が砕けて衝撃を分散させる効果を発揮。砕けた間に甲羅は、分泌された体液によって一で再生する。
レギレイトオーガ
にあたるこの器官により、ラギュ様の非常に攻勢的な活動が制御されている。感情や意思といったものはく、機械的な印を与える。
コンポジットボーン
金属に似た物質によってラギュ様のは作られている。また硬度の高いAと弾性に富んだB旋構造となって組成されており、自身が生み出すケタ外れな破壊にも耐えられるようになっている程
テンタクルロッド
各触腕にはそれぞれ独立したを持ち、「別の存在」として活動している。ラギュ様には死く全方位からの攻撃にも容易に対応出来る。
レキュールコトロール
周囲の分子運動を制御、加速させ一々高温度を発生させる。逆に分子運動を停止させる事によって、一絶対零度以下という法則を軽々とえて行うことも可
ヴォイドジェネレイター
ラギュ様の心臓は、虚ない孔となっている。その心臓はありとあらゆる別宇宙次元・時へと繋がっており、一息でリンク先の数多の宇宙エネルギー枯渇で消滅する程み上げる事が可。そのみ上げたエネルギーを一兆度の炎として放ち、ありとあらゆる宇宙を崩壊させ更に高位の時にも影を与えるほどで、当たり前だが現実の一兆度が及ぼす影かに越した威を持つ
別名「限の心臓」。また、「戦姫絶唱シンフォギア」で同名の用が登場した。

シリーズごとの特徴ッ!


シリーズにおいて、「1000000000000℃(1兆度)」(または100000000度(1億度))という名前の炎属性の攻撃を使う点や「魔獣の王」という異名など、いくつかの共通点がある。だが、使う技や容姿はシリーズごとに多少異なっている。なお、「封印されているダンジョンがショボければ強い」という説があるトカないトカ。

余談だがこの「1000000000000℃」、その余りの数字部の長さゆえに、攻撃時にゲーム中のウィンドウからはみ出そうなほど数字が並ぶことになる。そのインパクトは色々な意味で圧巻。むしろ暑苦しささえ感じる。


初代ッ!


ワイルドアームズ無印)に登場。「ABYSS」と呼ばれる、隠しダンジョンの最深部にいる。
体色はく、色のが特徴的で宇宙恐竜…というよりは月光怪獣エレキング)である。
振りかぶって渾身のチョップを放つなど、シリーズの中でもひときわ機敏かつシュールな動作を見せる。
また1000000000000℃という名前の技はもっておらず、ヴォルカニックボムという名前の技を使用してくる。

もちろんラスボスよりもかに強い戦闘を誇るが、ヤギが身代わりになってくれたり、カエル形をしたバッチをつけていたりすれば勝てる。しかし、ゼロアーマーアタックなどの強な攻撃も持っているので油断は禁物である。


■sm877610[ニコ動]


二代目ッ!!


2ndに登場。元々2nd自体が特撮をより強く意識した作であるためか、体表にオレンジ色の発体が追加されていたり、配色が変化しているなど、元ネタにかなり近い姿となっている。また、初代よりも重量感がある。
しかし他のシリーズのように特別な場所には封印されておらず、何故か炭鉱に封印されている(しかも最深部じゃなくてかなり微妙な位置)。

ワイルドアームズシリーズで1,2を争う手ごわさである。1000000000000℃やブラックノヴァといったダメージ6000をえる技を使用してくるにもかかわらず、こちら側には行動不能になるインビジブルを除き、それらを効化する手段がなく、リングと防御を併用しても1/4までしかダメージを軽減することが出来ない。初見ではその一撃でワンターンキルされかない。その上、前者と後者は技の属性が異なっており交互に放ってくる。さらにこちらの補助魔法効化する技や強物理攻撃も持っており、運が悪ければあっという間に壊滅的な状況に追い込まれてしまう。さらにHPが半分を切ると、属性の全体攻撃を連発してくる。

一の弱点は「条件さえ備えればスリープで眠せることが出来る」という点である。運がよければ、そのまま永眠させることも可

プレイヤーの間では「回復やラギュ様の攻撃並に強属性攻撃を持つアンゴルモアのほうが強いのではないか」という意見もがあるが、これはプレイヤーによって意見が分かれている。

■sm1907817[ニコ動]


三代目ッ!!!


3rdに登場。一度倒しても、全体となって再度主人公達の前に立ちはだかる。今回は夢のマイホームである「ABYSS」にいる。お染みの1000000000000℃や他の属性攻撃、さらにはこちらの攻撃に逐一反撃してくるなど、前作にべると性が大幅に強化された。

しかしそれだけ強化されたにも関わらず、主人公達は"べらぼうな"強さに強化できるため、前作ほど手強くはない。ただABYSSの最深部に至るまでのがとてつもなく険しいため、過程で詰んだ時のペナルティはとても大きい。

人の作った砂上艇のほうがかに強いのは秘密

■sm3935354[ニコ動]


四代目ッ!!!!


Fに登場。今回もマイホームマゾダンジョン、「ABYSS」を引っさげて主人公達を迎え撃つ。
今回はなかなか特殊な構成であり、最深部にいるのは幼生体であり、特定の条件を満たすと晴れ全体と戦うことが出来る。

例の1000000000000℃に加え、紋章魔法には属性全体攻撃である「パラダイムポリューション」で反撃してくる。
さらにこのパラダイムポリューションを最大で四発まで連発してくるので、耐性がつけられる一兆度よりも厄介である。

しかしながら、ロディの火力は相手の火力かに上回っており、万全の態勢で望めば意外とすんなり勝ててしまう。

ちなみに一撃で倒すことも可

■sm1312556[ニコ動]


五代目ッ!!!!!


4thに登場。今回は大人の事情で「ABYSS」から左遷され、「かに掲げし決意の」と呼ばれるノーマルダンジョン最上階に封印されている。

とはいえ、最大レベル最強装備でも一撃で葬り去るほどの攻撃を持っており、反応の高さも相まって最初に対峙したときにはたいていの人が絶望感を覚えるようだ。

が、今作はゲームシステム上で最強の「公式チート」との呼びが高い、士ラクウェルのを持ってすれば、絶望することなく倒せてしまう。
何しろ、ターンさえまわってくれば相手が死ぬまでり続けることが可な上、条件さえ整えれば一撃で倒すことさえも可。とても不治の病を抱えた者とは思えない強さである。

■sm95738[ニコ動]


六代目ッ!!!!!!


Vth(5th)に登場。今回は見事マイホームに復帰した。
近作はおなじみの1000000000000℃に加え、「マイナス一兆度」という物理法則全に視した攻撃を行う。

これといって致命傷を与える方法はいが、オレンジ100ずっと俺のターン動画参照)を使えば勝てる。やはり今作も準備に十分な時間をかける必要がある。

■sm1291288[ニコ動]


七代目ッ!!!!!!!


XFに登場。今回は「灼熱の心臓」という所に新居を構えている。さらに主人公達の会話付である。相変わらずのステータスの高さに加えて、今回は数多のスキルを習得しているため、まとまったダメージが与えづらく、こちらのスキルステータスが万全であっても、ほとんど何も出来ずにやられてしまう。効率のいいダメージソースと相手にターンを譲らない立ち回りが要される。


八代目ッ!!!!!!!?


ワイルドアームズシリーズから離れるものの、戦姫絶唱シンフォギアGにて、異端技術の決勝である聖遺物の一つ「ネフィリム」の最終話における第一形態および暴走ネフィリムノヴァが「どう見てもラギュ様」(もしくは大元のネタゼットン)と評されている。
その最たる理由として、

……どう見てもラギュ様です、本当にありがとうございました。
元々、金子彰史氏がWAネタセルパロディとしてそこかしこに仕込んでいる(→シンフォギアセルフパロディ集
当然ながらラギュ様のデザインを模してるだけでラギュ様でそのものでもないため、上記の設定上の強さなんてことはあるわけはない。
ラギュ様そのものだとしたら一息でいくつもの宇宙が消え、守護も守護戦士機も焔の黒騎士もいないため抗う事なんて出来ない・・・。
だが、彼女達ならきっと大丈夫だろう。なぜなら、この世界には『歌』があるのだから・・・。


まとめッ!!


このように、どのシリーズもちょっとやそっとやり込んだくらいでは勝てないようになっており、まさにプレイヤーの最後のとして全シリーズにわたり登場し続けている。
いずれ1000000(略)000000℃を放つラギュ・オ・ラギュラが登場するのは想像に難くない。

ここまで読んでこられれば分かる通り、ラギュ・オ・ラギュラにも「ラギュ様」と呼ばわるような患者ファンがいる。

でも多分ブラックボックスより先に倒してしまう人のほうが多いのではないか。


関連動画ッ!!!


■sm1029120[ニコ動]


関連商品ッ!!!(略)


■az479661074X


関連項目ッ!!!(略)



最終更新日: 13/10/05 14:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ