ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラジウム


ヨミ: ラジウム
掲示板をミル!
4カキコ!

ラジウムとは、代表的な放射性元素。キュリー夫人の伝記やラジウム温泉、ラジウム玉子などでその名をにした人は多いはず。


発見


1898年、キュリー夫妻によって発見された。ウラン鉱石放射線量が含まれるウランだけでは説明できないことからウランとは別の放射性元素の存在が予想されていた。キュリー夫妻はウランガラス工場から出る大量のピッチブレンド(ウラン鉱)の残りかすからポロニウムとともにラジウムを精製、分離した。キュリー夫人はこの功績で1911年に二度ノーベル賞を受賞する(一度は1903年に放射線の研究で夫との同時受賞)が、多量の放射性物質を扱う研究は彼女の命を縮める事となった。


概要


アルカリ土類金属に属する。同位体のすべてが放射性。α崩壊してラドンになる。かつて塗料の材料になったこともあるが、発がん性が摘されたため現在では使用されていない。

初期の放射線治療にも用いられていたが、その後X線やコバルト60などの放射線に取って代わられた。しかし、近年になって化ラジウム223に転移した前立腺がんの治療「ゾーフィゴ」として復活を果たすことに。


ラジウム温泉


温泉水中に微量のラジウムを含む温泉をラジウム温泉という。放射性物質を含んだ温泉ということで一見健康によろしくない印を受けるが、微量なので人体への悪く、逆にごく微量の放射線は受けたダメージ回復しようとする生体機を活性化させ、免疫再生を向上させるという放射線ルミシスという効果が存在すると考える科学者がいる(再現性が確認されたわけではないので科学的にはまだ実されているわけではない)。

ラジウム温泉はほぼ日本全に分布しており、また人為的にラジウムを含有させた浴場施設も都市部にいくつか存在する。効は皮膚病、婦人病、外傷、痛風血圧降下、高尿酸血症糖尿病、循環器障など。

ラジウム以外にもラドンを含んだラドン温泉トリウムを含んだトロン温泉放射能として知られている。


ラジウム玉子


福島県福島市飯坂温泉で「ラジウム」が日本で初めて発見され、これを機に温泉卵を「ラジウム玉子」との名称で売り出した。観光客向け温泉卵のはしりとしても知られている。「ラジウム玉子」自体にラジウムは含まれていない。


関連商品


■az4560026130
■azB003OUU98Q


関連項目



最終更新日: 17/04/07 21:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ