ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラストクロニクル


ヨミ: ラストクロニクル
掲示板をミル!
36カキコ!

ラストクロニクルとは、ホビージャパンが展開する新作トレーディングカードゲーム(TCG)及びオンラインゲームのこと。2013年よりホビージャパンが開発・販売・オンライン運営をしており、TCGとしては全てを一社で行う事はしい。
2016年9月28日オンライン版が終了。2017年5月19日発売の通算第15弾の発売をもって新商品の開発を終了した。

タイトルは一定のルールのもと、配信物に同じタグをつけることでコミュニティを共有する企画が実施されている。
詳しくはこちら 


概要


ラストクロニクルは、ホビージャパン初の全新作(原作があるものとしてはFFTCGが先)で「時代」の概念の元、
5つの勢を交えながら戦っていく。

リアルカードの展開と同時に、リアルと全く同じルールで遊べるニコニコアプリ版の提供、(実際のカードでの)スターターデッキ無料配布、全でのルール講習会・対戦会、新発売ブースターのプレリリース体験会、発売半年での全大会や英語版の開発、ホビージャパンの別コンテンツとのコラボレーションなど、本作にはかなりを入れているようだ。


開発には藤田一氏や浅原氏といったマジック:ザ・ギャザリングで活躍したプレイヤーなども携わっており、公式でリミテッドルールを採用するなど、ゲーム自体も多少MTGを意識したような作りになっている。

1パック9枚入り300円(税抜き) 1ボックス15パック入り4,500円(税抜き) スターターデッキ50枚一組0円(税抜き)

プロモーション


基本的な遊び方


以降、詳細なルール、リミテッドルールに関しては公式サイト[外部]や外部サイトを参照願いたい。

通常ルール(構築戦デッキ)ではデッキ枚数は必ず50枚である。 同名カードは3枚までしか投入できない。
初期ライフ20点を持ち、先に相手ライフを0にする。
あるいは、相手がデッキからカード引かなければならないときにカードが引けない場合、相手に勝利する。 


カードの種類


 

公式フォーマット


フォーマットとは、採用カードを分け、カードバランスの制御やデッキ構築難易度を押さえるためのクラス分けの事。現行のフォーマット赤字で記した。


ゲームのポイント


 

ゲームの進行


ゲームのはじめに

お互いにデッキシャッフルライフ20点を設定し先攻後攻を決定したらカードを5枚ドローする。
ラストクロニクルでは一度のみ引き直し(マリガン)を選択できる。元の手札は好きな順番でデッキの下に戻しシャッフルしないというしい方式。
お互いにデッキの上から1枚を最初の時代マーカーとして時代ヤードに裏向きで置く。(自分の物は確認可

 1ターンの流れ
回復フェイズ

横向きのカードワイプ)を縦向き(アクティブ)に戻す。

ドローフェイズ

自分のデッキの上からカードを1枚手札に加える。
ラストクロニクルでは先行1ターンからドローする。 

チェックフェイズ

デッキの上からカードを1枚めくりCAヤードに表向きに置く。クロノチェック
先行1ターンクロノチェックできない。
デッキカードい場合、クロノチェックをする必要はなく、敗北もしない。 

メインフェイズ

カード操作を行う。
 ソウルストーンを配置する。  ユニットカードを配置する。
 ヒストリーカードを配置する。 アクションアビリティを使用する。
 スペルカードを使用する。   時代の発展を行う。
など。 

戦闘フェイズ

攻撃するユニットを選択する。
 ラストクロニクルでは攻撃先は定できない。
 ラストクロニクルでは複数体で同時に攻撃できる。(小隊攻撃)
(相手側)防御するユニットを選択する。 
 ラストクロニクルでは防御時はカードを横に向けない。
 防御するユニットを選ぶか、直接攻撃を受けるか選択する。
 小隊防御(複数体で同時に防御)というシステムは存在しない。

メインフェイズ2

メインフェイズ1でやれる全ての行動を同じように行える。
ただしソウルストーン配置等、1ターンに1度しか行えないものは通算で1度まで。 

調整フェイズ

ターンプレイヤーの手札が7枚以上なら6枚になるまで手札を捨てる。
ユニットの全てのダメージと、「ターンの終わりまで」の効果を取り除く。
相手ターンへ移行する。 


各勢力の特色


各勢ゲーム上の特徴を若干突っ込み気味に書いていく。の名前は順にアトランティカ編、天空編(レムリアナ)、陽編(レ・ムゥ)の物。


白 グランドール、ティルダナ、シャダス


天使騎士が多く所属し、なるを信奉するらしくプレイヤーライフを回復したりユニット生やダメージを軽減するなど加護徴したカードを多く備える。
他にも相手をワイプしたり戦闘を行えなくしたりするなど一見して反戦国のように思えるが、ユニットパワーが高く攻撃時にワイプしない『勇猛』や防御不能の『オーラ』を持つなど総じて高品質で、戦闘フェイズ中に使えるスペルアビリティに長けるなど意外と武闘
また、CAを増やすような動作が得意で追加でクロノチェックを行ったり、ユニットをCAヤード送りにするなど敵味方を問わず時代の発展を補助するカードを持つ。
ユニット除去手段は上記のCA送りの他、攻撃や防御に参加したユニットを狙い撃ちしたり一定以上のステータスを持った大ユニットのみに作用するなど相手のを利用した物が多い。
■azB00GYN8M66
■azB00FC5URRE


橙 ガイラント、メギオン、オルバラン


大地と輪廻転生を信奉する原始の。『魂石化』を始めとするソウルストーン操作に特化している。
反面『オーラ』を忌むべきと考えており対オーラユニット限定の除去スペルオーラを防御可にするアビリティを多く有する。
ユニット至上義的な気質があり、コストが軽く大量展開が可ウィニー向けユニットからコストが重く強ステータスを誇るストンピィ向けユニットまで強かつ極端なユニットが幅広く所属する。
どちらにせよレベルは低く設定されているカードが多く、むしろ《血の狂戦士 バルヌス》を始めとした時代の発展とともに弱体化するユニットがいるなど、本作の根幹を成す時代システムっ向から否定する反に溢れた色である。
ユニット除去手段は相手をソウルストーンにしてしまう物がだが、自分よりもパワーの低いユニットを破壊するなど力こそパワーと言わんばかりの荒々しい除去も持つ。
また、ヒストリーやストラクチャを除去する手段に富み、他色が難儀するヒストリー対策を安々とこなす様はが万色と言われる所以の一つとなっている。

■azB00FC5V2O6
■azB00FC5VA02


紫 ゼフィロン、アズルファ、ヴェガ



次へ»
最終更新日: 17/04/16 21:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ