ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラファエル・ナダル


ヨミ: ラファエルナダル
掲示板をミル!
69カキコ!

ラファエル・ナダル(Rafael Nadal Parera)とはスペインテニス選手である。


概要


Rafael Nadal
基本情報
スペイン
出身地 スペイン:マヨルカ
生年 1986年6月3日
身長
体重
185 cm
85 kg
選手情報
利き手
バックハンド 両手打ち
デビュー 2001年
テニス選手テンプレート

土の王者と呼ばれる程クレーコートでの試合に強く、数々の記録を持つ。2005年に19歳で初出場した全オープンにて4大大会初優勝を飾り、ピート・サンプラス以来15年ぶりとなる10代選手の優勝を挙げる。そこから2008年まで4連覇、さらに1年おいて2010年からも5連覇。ブレイク直後はクレーコート以外での大きな活躍はあまりなかったが徐々にを付けていき、全オープン4連覇を達成した2008年にはロジャー・フェデラーを決勝史上最長の4時間48分で下してウィンブルドン優勝、さらに北京五輪でも金メダルを獲得して世界ランキング1位に立った。

2010年オープンから全オープンで四大大会3連勝を達成しているが、惜しくも4連勝には届かなかった。2009年オープンで敗れたときは直後のウィンブルドンを故障欠場したが翌2010年に四大大会3勝、2012年ウィンブルドン期敗退後にやはり故障で残りシーズンを全休したが翌2013年シーズン終盤まで年間最高勝率も狙えるペースで勝ちまくる、、、といった具合で窮地に陥りながら復活しては強くなるというサイヤ人のようなキャリアになっている(何の偶然か本人もドラゴンボールファンであることを言している)。

日本ではジャパンオープン2010年2011年の2度出場し、2010年は優勝している。2011年も決勝に進出したがアンディ・マレーに敗れて連覇はならなかった。キャリアを通じてクレーコート以外では連覇のい選手なので、実現していればかなり重な場面に立ち会えたのだが、、、惜しい。なお2010年ランキング1位として出場したが、男子ランキング1位選手が日本の大会に出場するのは2006年フェデラー以来のことであった。

2013年は年間17大会に出場して優勝10回、準優勝4回、準決勝進出2回と圧倒的な成績を挙げ、全オープンを欠場したたにも関わらずノバク・ジョコビッチから1位を取り返した。2014年は自身初めてヨーロッパクレー大会を一つしか優勝できずの全オープン入りで、いよいよ全オープン連覇も止まるのではないかというもあったが、終わってみれば見事ジョコビッチを下して大会史上初の5連覇、9回の優勝を達成している。しかしその後は全オープンと前戦の北シリーズを故障欠場、アジアシリーズで復帰したものの今度は垂炎で精を欠き、結局手術のためパリイドアツアーファイナルも欠場となった。

2015年はこれまでのクレーでのポイントを大量に失い、第7シードでの出場となった全オープンは準々決勝でジョコビッチストレートで敗れて遂に伝説も止まった。翌2016年はモンテカルロバルセロナを取って全オープンに臨んだが、結局故障で3回戦を棄権することになってしまった。芝シーズンも欠場して臨んだリオ五輪ではシングルスこそ銅メダル決定戦で錦織圭に敗れたが、ダブルスではマルクロペスとのペアで見事金メダルを獲得した。同年は上海MSで初戦負けしたところで残り日程をキャンセル、一足先にシーズンを終了している。しかし2017年は全オープンでいきなり準優勝の活躍を見せると、クレーコートシズン爆発。3つの大会でV10を達成し、特に全オープンでは向かうところ敵しの強さを見せつけて全復活を印付けた。また全オープンでも3度の優勝を達成、ツアーファイナルズこそ1試合のみでリタイアしたものの、見事1位を奪還した。なお30代での年末1位ATP史上初とのことである。

2018年は全オープンで故障を抱えてしまいの北シーズンをスキップしたため先を危ぶまれたが、クレーコートシズンは相変わらずの強さを発揮。モンテカルロバルセロナ、全オープンの3大会でV11を達成している。クレーキングの座は当分安泰となりそうである。


4大大会優勝回数



主な記録



プレースタイル


俊敏なフットワークボールに追いつき、強トップスピンショット叩きこむベースライナー。そのトップスピンはエッグボールとよばれる急に落ちるボールで、全で打ち込める上落差も武器になる。クレーコートは球足が遅くトップスピンが跳ねやすいためナダルにとって非常に有利となる。彼は左利きのためフォアハンドで右利き選手のバックハンドを狙いやすく、かつ高く跳ねるボールは片手打ちバックハンドでは処理が難しいため、右利き片手打ちバックハンドの選手には相性が良い。

かつては驚異的な守備と鋼のメンタルで圧倒してきたが、近年は以前にべると展開を速めている。そのことが関係しているのか、負けるときはネットにかけるミスが多かったり、返球も浅くなっていることが多いようだ。高く弾むボールは深くコントロールできているうちは強だが、浅くなると打ち頃になってしまってかれるのが負けパターンになってきている。


エピソード



関連動画



■sm21062203[ニコ動]

■sm23547919[ニコ動]
■sm6046162[ニコ動]
■sm8379403[ニコ動]
■sm5833072[ニコ動]
■sm12896729[ニコ動]


関連商品


■azB000V02CU0
■azB001CWYUBU
■azB003YGSLDU
■azB005FWO3QU
■azB0043GAZZM
■azB005T5OD18
■azB002CWKTWI
■azB007T7GBM8
■az4408453579
■ysimport5_S0068508


関連項目



最終更新日: 18/07/18 07:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社