ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラルフ・ブライアント


ヨミ: ラルフブライアント
掲示板をミル!
21カキコ!
プロ野球選手一覧 > ラルフ・ブライアント

ラルフ・ブライアント(Ralph Bryant、1961年5月20日-)とは、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手外野手)である。


概要


OB
ラルフ・ブライアント
Ralph Bryant
基本情報
アメリカ合衆国
出身地 ジョージア
生年 1961年5月20日
身長
体重
185cm
93kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 外野手
プロ入り 1981年MLB二次ドラフト1巡
引退 1996年
経歴
選手歴 コーチ
プロ野球選手テンプレート

1980年ロサンゼルス・ドジャーズ、1981年の一次ドラフトではミネソタ・ツインズから名されるが拒否し、二次ドラフトドジャースから1巡名を受けて入団した。

1985年に初めてメジャーに昇格するが、なかなか数字を残せず、1988年5月中日ドラゴンズに入団した。実はこの年、中日が獲得を目指していたのはピッツバーグ・パイレーツに所属するオレステス・デストラーデであった[外部]。そう、翌年西武ライオンズに入団して、「カリブの怪人」と呼ばれ恐れられたあのデストラーデである。

一方、1988年近鉄バファローズでは、1984年に入団してから好成績を残し続けてきたリチャード・デービスが6月7日大麻不法所持で逮捕されるという非常事態が発生した(翌8日に球団は解雇を決定)。27日になって起訴猶予処分となり釈放されたが、球団は翌28日に不適格選手とすることを発表し、事実上の日本球界からの追放処分となった。そして同日、三振ばかりで中日二軍でくすぶっていたブライアントを銭トレードで獲得した(※当時は一軍登録可外国人選手は2人までであり、郭源治とゲーリー・レーシッチが活躍していた一軍には上がる隙がなかったのも事実である)。

移籍後も相変わらず三振の山を築くが、中西太コーチの熱血導の甲斐あって成績は確実に上向きだし、シーズン1試合3本塁打を2回記録するなど移籍後74試合で34本塁打を打った。打率も規定打席には及ばないながらも.307を記録している。

1989年として活躍し、6月こそ不振に喘いだが、7月に復調すると8月17日にはプロ野球記録となるシーズン3度の1試合3本塁打を記録する。

そして、10月12日西武球場での西武ライオンズとのダブルヘッダーで、ブライアントは伝説となる。前年の「10.19」で苦杯をめた近鉄は驚異的な追い上げを見せ、この試合が最後の天王山となった。西武は一勝すれば事実優勝が決まり、近鉄は二連勝しなければ優勝が消滅する。
第一試合、西武は4-0とリードするが、4回表に西武先発の高めの速球をブライアントはスタンド叩き込んだ。ブライアントは極端なアッパースイングのため、王者西武の不動の正捕手であった伊東勤は「ここにさえ投げておけば打たれない」と、高めの速球を要したのである。
西武は1点を追加し再び4点差とするが、6回表満塁の場面から再びブライアントを打席に迎える。伊東は高めのスライダーを要するが、これがん中に入ってしまう。そしてブライアントの放った打球は再びスタンドに吸い込まれ、同点満塁本塁打となった。
同点のまま迎えた8回表、西武エース渡辺久信を中1日で投入する。渡辺はこれまでブライアントから1本も本塁打を打たれておらず、敵とも言える存在であった。相性通り2ストライクまで簡単に追い込むが、4球に投じた高めの速球をブライアントはスタンド叩き込み、これが決勝の本塁打となった。
続く第二試合、第一打席こそ敬遠の四球であったが、第二打席に西武先発高山郁夫から四打席連続の本塁打を放った。そして近鉄は大量14得点を上げ第二試合も制し、10月14日の対ダイエー戦に勝利して悲願のリーグ優勝を決めた。

この年のブライアントはチャーリー・マニエル外野手80年に記録した48本塁打近鉄球団記録を破る49本塁打を記録し、本塁打王を獲得する。そして、パ・リーグMVPに選出された。
その後もホームラン王を二度、打点王を獲得するなど活躍したが、1995年は怪48試合の出場に終わり、自由契約となった。

本塁打にまつわるエピソードとしては、東京ドームで記録した認定本塁打を忘れるわけにはいかない。1990年6月6日の対日本ハムファイターズ戦で、男から放った一撃は天井スピーカーを直撃してグラウンドに落下した。通常東京ドーム天井に当たった場合はインプレイなのだが(落ちてきたボールを直接捕球すればアウト)、センタースピーカーなど、外野のフェア地域にあたる懸垂物に当たった場合は本塁打になるという特別ルールが存在しており、これが適用されて認定本塁打となったのである。そもそも、何故このような特別ルールが存在するのかと言えば、設計上当てることが不可能と予測されていたためである(この本塁打は推定飛距離160mとされている)。2008年6月7日千葉ロッテマリーンズフリオ・ズレータ左翼天井照明を直撃する一打を放ち、18年ぶり2本東京ドーム認定本塁打を記録するまで、長らくこの認定本塁打を記録する選手は現れなかった。

2005年オリックス・バファローズの打撃コーチを務めた。その年の交流戦横浜スタジアムで試合前のイベントとして行われたホームラン競争では、当時44歳だったのにも関わらずセンター上段に1本、ライト中段に2本のホームランをぶち込んだ。テレビ中継の解説が「現役選手顔負け」「スイングスピードが現役時代と変わらない」とあきれるほどの当たりだった。

現在アメリカで、IT企業の役員を務めている。

ホームランが多かった反面、三振も多く、1993年にはNPB記録の204三振を記録した。また、近鉄移籍直後の88年と怪に苦しんだ95年を除き、全てのシーズン100三振以上を記録している。

エディマーフィーに似ていたことから、エディと呼ばれていた。自ら「エディと呼んでくれ」と言ったとか言わなかったとか。


通算成績


通算:11年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
MLB:3年 79 169 150 22 38 8 24 2 0 2 15 2 51 1 .253 .325
NPB:8年 773 3335 2980 512 778 259 641 23 0 13 311 31 1186 33 .261 .336

関連動画



■sm5696147[ニコ動]

■sm3156428[ニコ動]
■sm14577775[ニコ動]
■sm4293778[ニコ動]


関連商品


■az4902307308


関連項目



最終更新日: 15/07/29 18:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ