ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラングリッサー


ヨミ: ラングリッサー
掲示板をミル!
270カキコ!

ラングリッサーとは、メサイヤ開発のコンピューターシミュレーションRPGである。


概要


イラストはⅠ~Ⅴ(旧シリーズ)をうるし原智志氏が担当。ミレニアムは介錯氏へとシフトした為旧来のファンの心を掴めたかどうかは厳しい。この欄では基本的に旧シリーズメインに取り上げる。

マルチラットフォームの言葉がしっくり来る程移植が多い。原版はメガドライブ(MD)やセガサターン(SS)だがスーパーファミコン(SFC)やプレイステーション(PSPS2)でも発売されている。PCエンジンリメイク版からOPムービーが導入(後のSSPS版Ⅰ・リメイク作もムービーを採用)

ラングリッサーIIは後に「デア-ラングリッサー」の名称でスーパーファミコン移植されている。本元であるMD版の本筋をシナリオとして、他に帝国ルートや闇ルート独立ルートといったマルチシナリオを搭載した。SS版に限りルート、孤独ルートなるシナリオも存在する。

ラングリッサーIIIは当時高性であったSSの処理アピールするため、シリーズ初となる3D及び全てのユニットターンフェイズ開始と共に同時行動を起こすリアルタイム戦闘を採用。後にプレイステーション2移植されたが、元々マシンへの負荷が高かった戦闘システムや音周りのプログラム劣化劣化を重ねお粗末と言わざるを得ない出来である。SS原版の出来は良かったので見る際は注意されたし。

ラングリッサー・Ⅴでは再び2D戦闘に戻したが、指揮官の「判断」というステータスの高低で各ユニットの順番が決定するシステムを採用。基本的に魔導士系→歩兵・飛兵系→騎兵系の順番で行動するため、相手の部隊構成に合わせて先読みする戦術が要される。

2015年7月3DSにて15年ぶりの新作「ラングリッサー リインカーネーション -転生-」が発売。キャラクターデザインカイエダヒロシ氏。2012年世界観を同じくするブラウザ版「トライソード」が配信していたが、短期間でサービスが終了している

2019年4月、Ⅰ及びリメイクPSSS版発売から実に21年振りにリリース。同時期に2018年から海外で展開していた「ラングリッサーモバイル」が日本版を正式にオープン


シナリオ


基本的には「光」vs「闇」という図式。主人公側のデフォルト側だがアナザーシナリオとして色々なルートを選ぶ事が出来る。生と死が密接に絡む為硬な出来であるが、裏側には開発の遊び心満載。闇ルートは総じて後味が悪いので割り切ってプレイする事をオススメ。ルートが変われば今までの味方を殺すことが当たり前なので覚悟が必要。

Ⅰではラングリッサーを守ってきたバルディア王王子レディンが、ラングリッサーのを狙うダルシス帝国と、カオス率いるヴェルリア魔族と戦う物語王道である。

ではⅠから数年後、聖剣ラングリッサーと魔剣アルハザードを狙うレイガルド帝国、闇の皇子ボーゼル率いる魔族、そしての末裔との戦いが繰り広げられる。リメイク作デア・ラングリッサーでは主人公エルウィンの選択によって物語が変わっていく。

ではⅠから更に遡り、ラングリッサー誕生とバルディアの前身であるエルリードの建歴史が明かされる。Ⅰ・・Ⅴに登場するキャラクターの先祖たちが主人公である。基本的にⅠ同様一本道

ではそれまでの舞台だったエルセリア大陸からイェレス大陸でのラングリッサーとアルハザードを巡る争いとなる。カオスやルシリス以外の邪神が登場したり、マルチシナリオによりデア同様の複数ルートが用意されている。の末裔でなければ装備出来なかったラングリッサーを末裔と縁が主人公ランディウスが扱えるようになる(・・・と思われたがⅤでその明らかになる)

Ⅴではラングリッサーの元となった破邪のアルハザードの誕生が明らかになるシリーズ完結編。なんと月の民宇宙船など、SF要素も入ってくる(元々SF要素は/を始め点在はしていたが)年代及び舞台重複しており、の登場人物たちも多数出演。

モバイルはⅤから更に後の時代のエルセリア大陸舞台に上記5作のキャラクターが一堂に会するオールスターゲーム。ラングリッサーの記憶の一部が顕現した「英霊」とえる存在である(2019年5月時点ではⅤのみ未登場)

主人公マシュー・グニル・アメルダの3人が中心となり復活したボーゼル率いる魔族や各国家の思惑が絡む。

年代時間軸として「」→「Ⅰ」→「(デア)」→「⇔Ⅴ」→「モバイルとなっており、劇中の時間で1000年以上が経過していると言及されている。


ゲームシステム


視点のビューで2D構成。マス官+傭兵を配置し敵を撃破していく。レベルアップクラスチェンジすると強を得、強い傭兵を雇える。クラスチェンジにより指揮官傭兵を全く適性が異なる兵種にすることも可マップによっては敢えて下級職でも特性が違う傭兵を雇う事で攻略の助けになるケースも。

以降女性キャラの一人をヒロインとしてシナリオが分岐するようになっている(シナリオの大筋は共通)条件次第で個別のエンディングになる。シリーズ共通しての裏技(ステージセレクト等)は開発者に乱用される事を見越されてるので面食らわない様に。

モバイルワールドマップを歩き、ストーリーシナリオワールド中のクエストクリアしつつ旧シリーズ舞台にした「時の裂け」や各種デイリーミッションを走破し部隊を強化していく。クリア後のマップを繰り返しプレイであり、このシステム変更はネットワーク上でのゲームという一面もあるが、シリーズ裏技動的に再現したともえる


グラフィック


うるし原智志氏の魂篭った女性イラストに加え、ガチムチがふんだんに盛り込まれてます。プチアイコン静止画も個々の質が高い。IVだけオープニングムービーいのは仕様ですがVに盛り込まれてるんで勘弁して下さい。

I~IV中世代的な衣装だがVはわりと近代的な軽装になり、モバイル中世代的に戻りつつ主人公及び味方勢であるイバス連邦は軽装・手な帝国側のみで構成されている。IIエルウィンリアナのおっぱいを触ってるのは仕様です。男性ガチムチごっつ女性衣装はやっぱりアレです。特にIIとVの衣装はとてもけしからん


BGM


シリーズを通して岩垂徳行氏が作曲・総揮を執る。ループ前提の作りだが総じてクオリティが高い。特にルート分岐にリキが入っている分雰囲気は抜群。MD版、SFC版、SS/PS版サントラ版と多い。Vは暗いシナリオの割りに明るい曲が多い。I&IIは味方と敵でBGMが違う為雰囲気を一定に保って欲しい場面ではややもにょるは不明。IV&Vは常に一つのBGMが流れる。


隠しシナリオ


2以降は条件を満たす事でおまけの隠しシナリオに行くことができる。本編シナリオと関係ないせいか、スタッフの遊び心が全開のステージが多い。例としてメサイヤの他レーベル超兄貴シリーズ兄貴達と戦う(モバイルでは訓練MAP的な扱いになった)、ゲームに関するクイズに答える、牛丼を食べに行く、女湯を覗きに行く、バーゲンセールに行くなどなど。一部はモバイル版の個別キャラストーリーに採用されているので気になる人は挑戦してみよう。

アイテムを入手できるシナリオもあるが、ステージによってはクリアしてもゲームオーバー扱いになってしまうものもある。


関連動画



ラングリッサーⅠ



■sm564251[ニコ動]


ラングリッサーII


■sm2470704[ニコ動]
■sm6939238[ニコ動]


ラングリッサーIII


■sm3247848[ニコ動]


ラングリッサーIV


■sm8982067[ニコ動]
■sm759348[ニコ動]


ラングリッサーV


■sm477715[ニコ動]
■sm862697[ニコ動]


ラングリッサーモバイル


■sm34807098[ニコ動]
■sm35046022[ニコ動]

モバイルのOPは大陸(中国台湾)版のみ。楽曲が「転生」で使われているため、版権の問題で日本版では流れない。


その他


■sm2038306[ニコ動]


本編・プレイ動画



ラングリッサーⅠ


■sm6010390[ニコ動]
■sm20109608[ニコ動]
■sm16853028[ニコ動]


ラングリッサーII


■sm6183248[ニコ動]
■sm7504201[ニコ動]


ラングリッサーIII


■sm7241480[ニコ動]
■sm18530110[ニコ動]


ラングリッサーIV


■sm7936174[ニコ動]
■sm15696906[ニコ動]


ラングリッサーV


■sm475585[ニコ動]
■sm13714841[ニコ動]


関連商品


wiiバーチャルコンソールにてメガドライブ版のIとIISFC版のデア・ラングリッサーが配信中。
また、PSP/PS3ゲームアーカイブスでもPS版ラングリッサーI・IIIV・Vが配信中。
■azB0001N7S4M
■azB000068I5S
■azB00005OUSH
■azB000069UBS


キャラクター一覧



次へ»
最終更新日: 19/07/04 20:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ