ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ランチパック


ヨミ: ランチパック
掲示板をミル!
31カキコ!

ランチパックとは、山崎製パン菓子惣菜パンシリーズの名称である。


概要


山崎製パン株式会社菓子パンとして1984年に発売開始。食パンの部分を取り除き、2枚のパンの間に具を挟んで周辺部を圧着、具がはみ出さないように加工された、それまでにないタイプ菓子パンであった。

商品は2個入りでパッケージされ、パッケージングの際、エアで外袋をふくらませて、その空気圧によって極めて柔らかいランチパックを外部からの衝撃や圧から守る仕組みになっている。
この仕組みの為、購入後造作にバッグに放り込んでも、中身を潰す事なく気軽に持ち運びが可となっている。

発売当時、具のラインナップはピーナッツ小倉青リンゴヨーグルトの全四種だった。
中でもピーナッツはランチパックを代表する定番商品で、発売当初から続く最も人気のあるメニューの一つといえる。
なお、ピーナッツの名称は発売当時、「ピーナツ」であった。

先述したとおり、ランチパックはを取り除いた事によるソフトな食感と具がはみ出さない独自の構造による食べやすさから、その名の通り、ランチ時のメニューとして、あるいはおやつや小いたときの夜食など、様々な場面でお手軽に満足感を得られる汎用性の高い菓子パンとして人気を博した。

当初はいわゆる「菓子パン」として発売されたが、その後、様々な具を入れた新商品が次々と発売され、惣菜系の具を封入した「惣菜シリーズ」が登場。
これによってランチパックは様々な食の嗜好に応えられる多様性のある商品となっていった。

現在は、具の内容によって菓子パン系の「スイーツシリーズ」と惣菜パン系の「惣菜シリーズ」の2系統を軸として多種多様な商品展開がなされている。これまで製造終了になったものも含め200種以上がラインナップとして登場した。加えて、地域限定の商品や工場限定の商品なども存在している。

なお、素な疑問として、「ランチパック製造時に発生する切り取ったパンの耳はどうなるのか?」というものがある。
山崎製パンによると、飼料やお菓子の原料としてリサイクルされているとの事。
ここから生まれた「チョコの山」がヒット商品になるなどの波及効果も生まれている。


ランチパック好きの人物



関連動画



■sm10031215[ニコ動]

■nm3598071[ニコ動]
■sm445024[ニコ動]
■sm1178535[ニコ動]


関連商品


■az4901203452
■azB0183FWG5U
■azB07MPN41MC


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/04/19 21:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ