ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ランディ・メッセンジャー


ヨミ: ランディメッセンジャー
掲示板をミル!
36カキコ!

ランディ・メッセンジャーRandy Messenger、1981年8月13日-)とは、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手投手)である。


概要


OB
ランディ・メッセンジャー
Randy Messenger
基本情報
アメリカ合衆国
出身地 ネバダ
生年 1981年8月13日
身長
体重
198cm
119kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 1999年
引退 2019年
経歴
プロ野球選手テンプレート

1999年フロリダ・マーリンズに入団。

城島健司が「彼なら日本球界で通じる。」と言い、シアトル・マリナーズから連れてきた外国人

マイナー時代は中継ぎとして活躍し、2004年AA58試合に登板し、防御率2.58、6勝3敗21セーブを記録。2005年AAA39試合に出場、防御率3.88、4勝2敗7セーブと、まずまずな成績を残した。また、メジャーに初昇格し、29試合に登板

2006年フロリダ・マーリンズ中継ぎとして59試合に登板する。

2007年途中にサンフランシスコ・ジャイアンツに移籍し、このシーズンは合計で60試合に登板した。

2008年シアトル・マリナーズに移籍し、城島健司バッテリーを組んだ。登板数は2年で25試合と少ないが、城島推薦により、阪神タイガースに入団した。


日本時代


2009年シーズン当初は中継ぎで投げていたが不安定な投球が立ち二軍落ち。一軍の先発が不足していることもあり、二軍では先発として調整される。7月に一軍復帰すると4戦連続QSを記録し救世主として期待されたが、その後は好不調の波がしく5勝6敗防御率4.93シーズンを終えた。残留が微妙な状況であったが、オフに1年契約を結んだ。


2010年お笑い芸人のメッセンジャー黒田逮捕された際、同じメッセンジャーであったことと、同チーム黒田祐輔が所属していたことから少しの間ネタにされた。


2011年シーズン先発に定着し2010年とは大違いの大活躍を見せ、終わってみれば能見篤史と並ぶ12勝を挙げた。


2012年ムエンゴながらも10勝を挙げた。


2013年能見篤史に代わり開幕投手を務め、48年ぶりとなる外人投手による開幕戦勝利を挙げた。7月は4勝と活躍し、MVPを初めて受賞した。タイトルとして最多奪三振を獲得した。


2014年大車輪の活躍。甲子園球場で3試合連続完封を達成の他、シーズン200奪三振を達成。最終的に最多奪三振最多勝タイトルを獲得した。


2015年は開幕直後は振るわず二軍での調整を余儀なくされたが、復帰後には6試合で46イニングを投げ(27イニング連続失点)失点5と圧巻のピッチングを見せつけた。だがこの6試合では3勝(そのうち2勝は1点の援護を守り抜いた)というムエンゴぶりだった。NPBでの通算1000イニング登板も達成したが、結局この年は9勝12敗と二桁勝利はならなかった。


2016年は開幕戦で盗塁を決め、この年のスローガン「変革」通りのプレーを見せた。この年はNPBでの外国人投手としては3人となる1000奪三振を達成。12勝11敗、防御率3.01でシーズンの幕を閉じた。


2017年NPBでの200試合登板を達成、3・4月MVPを受賞、8月までで11勝と最多勝をうかがう勢いだったが、8月10日巨人戦で打球が足に直撃(翌日、右脚腓折と判明)しリタイヤ。治療のため、アメリカに一時帰となりこのシーズンを終わえると思われた。
しかし10月10日中日戦で一軍復帰登板を果たし、さらには10月13日DeNAとのクライマックスシリーズ第1戦に折から二ヶしか経っていないにもかかわらず中三日で登板、6回を投げ勝利投手となりタフネスぶりを見せつけた。

結局チームは世紀の泥仕合と言われた中の試合に連敗しCSが終了。メッセンジャーは11勝5敗、防御率2.39という成績でシーズンを終えた。


2018年シーズン前半は好調で、3・4月MVPを受賞。8月オールスターゲームセ・リーグ監督推薦で初出場した。8年連続シーズン100奪三振、7年連続二桁勝利NPB外国人投手最多通算奪三振を達成といった数々の外国人投手としての記録も打ち立てた。

後半は一転不調となり、日公式戦通算100勝を前にして8試合勝ちしと振るわない出来で、シーズン通しての成績は11勝7敗、防御率3.63を挙げるにとどまった。

シーズン中にFA権を取得したことで2019年より外国人選手から外れ、日本人選手と同じ扱いとなる。


2019年は5年連続で開幕投手を務める。4月5日広島東洋カープ戦で日通算100勝を達成した。

9月13日に現役引退を発表し、9月18日に会見を行い、甲子園巨人相手に好投できたことが思い出だと振り返った。9月29日中日ドラゴンズ戦に引退試合として先発登板、試合終了後には外国人選手としては類を見ない盛大な引退セレモニーが催された。


プレースタイル


速球が持ち味で、以前は158km/hの球速を誇った。しかし現在コントロール重視でMAX152km/h前後が限界変化球は縦のカーブスライダーフォーク

メジャー通算成績が4勝12敗2セーブ25ホールド、防御率4.87と、負けと防御率の悪さが気になる所だが、被本塁打数は少ない。

6回投げてくれれば御の字な投手が多い阪神先発の中では重なイニングイーター。さらには中4日といった短いスパンも苦にしない卓越したタフネスぶり。反面、五回であっぷあっぷといった状況でも続投したがるのが難点だろうか。

毎年開幕投手やいわゆる天王山となるような節の試合にも立補の手を挙げ、上述のように中4日といった登板も志願するなど、責任感を強く持つ選手である。


人物・その他


ラーメン

日本に来てからラーメンにハマり、当番の前日にはゲン担ぎとして必ずラーメンを食べる。天下一品ではこっさりがお気に入り。
そのラーメンはかなりのもので、モヤシスープが薄まる気がするから抜くとのこと。さらにネギメンマも邪魔と思っている。…と言うか具はチャーシューだけでいいらしい。
替え玉も待っている間にスープが冷めるのが嫌なので、始めの注文の際に二杯注文して一気に食すのが最高とのこと。


成績



通算投手成績


通算:14年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
MLB:5年 173 0 0 0 4 12 2 25 .250 184.2 80 120 104 100 4.87
NPB:10年 263 249 17 10 98 84 0 1 .538 1606.1 526 1475 615 559 3.13

タイトル・表彰・その他


タイトル
NPB 最多奪三振 2回 2013年2014年
最多勝 1回 2014年
NPB MVP 3回 2013年7月2014年3月4月2018年3月4月
日本シリーズ敢闘選手賞 1回 2014年
その他
NPB 開幕投手 6回 2013年-2019年

関連動画



■sm23736770[ニコ動]

関連商品

■azB000VYQGPS
 


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 20/01/09 19:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ