ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ランニングホームラン


ヨミ: ランニングホームラン
掲示板をミル!
3カキコ!

ランニングホームランとは、野球において、打球がフェンスオーバーせずに、打者がホームベースまで帰ってくることである。


概要


ランニングホームランは和製英語で、英語では「inside the park home run」という。

小学生の試合や野球ゲームの中では割とよくあるものだが、プロの試合ともなるとしい。
ライナー性のあたりがランニングホームランになることはまずなく、
時間の長い打球に、打者の足の速さ(打った直後から全疾走していること)・外野手の打球処理のまずさ、
返球の精度の低さ(肩の弱さ)などの条件が重なることで稀に生まれるものである。

記録上でも本塁打ホームラン)として扱われるが、野手のエラーがからんだ場合はエラー、あるいは安打+エラーとなる。


記録と記憶


日本プロ野球史上、最も多くのランニングホームランを打った打者は杉山悟と木塚忠助で、その本数はわずか5本である。

しかし、アメリカメジャーリーグでは、ジェシーカイルバーケットが55本というランニングホームラン数の通算記録を持っている。
ジェシーカイルバーケットはシーズン打率4割えを二度も記録したほどの巧打者であったが、通算ホームラン数は75本と多くなく、10本ホームランを打ったとするとそのうちの7本以上がランニングホームランという、ちょっと信じがたい記録を残している。

このように過去の記録をみていくと、ランニングホームランがいかにしいものかおわかりいただけたと思うが、
しい分だけ、ランニングホームランというのは人の記憶によく残っているものである。

記憶に残るランニングホームランとしてっ先に挙がるのが、2007年メジャーリーグオールスターゲームイチローが放った一撃であろう。
5回1アウトの場面で打席に入ったイチローライトに長打を放ち、ケン・グリフィー・ジュニアがクッションボールの処理に手間取る間に快足を飛ばし、あっという間に本塁を駆け抜けたのだった。
これはメジャーリーグオールスターゲーム史上一のランニングホームランとしてギネスにも認定された。


関連動画



■sm31776928[ニコ動]

■sm32298694[ニコ動]
■sm2156954[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/02/07 21:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社