ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ランバ・ラル


ヨミ: ランバラル
掲示板をミル!
70カキコ!

ランバ・ラルとは、アニメ機動戦士ガンダム』、 『ガンダムビルドファイターズ』 に登場する違いの分かる男である。
声優広瀬正志

ガンダムビルドファイターズ』 → ラルさん

 


概要


ジオン公国軍において“い巨”の異名を取ったエースパイロット。階級は大尉
パイロットとしてのもさることながら、MSを用いない兵戦、とりわけゲリラ戦を得意とした生職業軍人であり、本編においても歴戦の戦士としての格を漂わせている。また、自らの出世が部下の生活の向上に繋がると発言するなど、指揮官として部下を慮る一面も見られる。

このようにMSパイロットとしても指揮官としても優秀な人物ではあったが、軍内での立場は不安定であり、出世コースからは外れていた。
これは彼のジンバ・ラルがジオン・ズム・ダイクンと繋がりが深かった事に起因しており、ダイクンを排斥して権握したザビとの関係がそのまま軍内部での立場に繋がっている。特にキシリアからは冷遇されており、戦馬鹿とも酷評されている。
ただし、ザビの中でも政治面には関与しない軍人であったドズル・ザビは例外的に彼を評価しており、ガルマ・ザビ討部隊としてラル隊が抜されたのもそれ故である。


作中での活躍


第12話『ジオンの脅威』にて、ドズル・ザビよりガルマ・ザビ討ちという任務を帯び、ホワイトベース隊の追撃のためザンジバル地球へ降下する。この際部下がコロニー内では発生しない現である)に怯える中、彼は然としていた。また、この降下の際にホワイトベース隊に攻撃を仕掛けている。
この時座乗していたザンジバルマ・クベに渡った模様であり、降下了後はギャロップ母艦としてホワイトベース隊を追撃、新MSであるグフを駆り、アムロ・レイの操縦するガンダムを追い詰めるも、一歩及ばず機体を失うこととなる。

その後僅かばかりの補給を受けるもMSでの正面切っての戦闘は困難であったため、兵戦によるホワイトベースの制圧を画策。ゲリラ屋の本領発揮とばかりにホワイトベースの第2ブリッジの制圧にまで至る。
しかし、その際の戦闘ジオンの遺児であるアルテイシアセイラ・マス)と遭遇したことにショックを受け、その隙を突かれ負傷。ホワイトベース全占拠には至らず、部下に撤退を命じた上で自決した(第20話『死闘! ホワイトベース』)。
ちなみに、この際に十分な補給が受けられていれば、ラル隊は当初の作戦遂できたとも言われている。この背景にはジオン内部のキシリアギレン、ドズルの対立関係があり、ラルがドズル配下であったことからキシリア配下のマ・クベが十分な補給をしなかったとも言われる(これを反映してか、『ギレンの野望』ではラル隊にドムを補給するとホワイトベース隊に勝利し、鹵獲できる)。

このように、登場したエピソード自体は12話~20話と決して長いものではない。しかし、先述のようにガンダムホワイトベースを追い詰めた強敵ぶり、また、その最期やアムロとのやり取りから垣間見える“らしさ”とも評しう人間的魅から、他のキャラクターに劣らぬ人気を持つ。
また、アムロ・レイに与えた影は少なくなく、当時ホワイトベースから脱走するなど精的に荒んでいた彼をして「あの人に勝ちたい」と言わしめ、成長するきっかけを与えている(ちなみに、ラルを演じた広瀬正志は、『機動新世紀ガンダムX』においても、役柄こそ違うものの主人公の精的成長に一役買うキャラクターを演じている)。


ゲームでの扱い


ギレンの野望』では、本編にて乗機であるグフを「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」と評していたことを受け、ドムゲルググギャンに登場している際にも同様の台詞を言う。

スーパーロボット大戦シリーズでは一年戦争が描写されることが少ないため登場回数が少ない。ただしステータス的に優遇されている場合もあり、『スーパーロボット大戦α』に登場した際には、アムロ・レイよりも技量値が高く設定されている。


名言



関連動画



■sm124455[ニコ動]


関連商品


■azB0024MN626
 ■azB00030EVH0

■azB001NVVKTU


関連項目



最終更新日: 13/11/15 12:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ