ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ラ・バルバ・デ


ヨミ: ラバルバデ
掲示板をミル!
4カキコ!

ラ・バルバ・デとは、特撮ドラマ仮面ライダークウガ」に登場するグロンギ(バラ怪人)である。劇中では「未確認生命体B群第1号」と称され、俗に「B1号」と呼ばれた。演:七美江


概要


テロップで「バラのタトゥの女」と書かれた通り、人間態女性の姿である。登場したグロンギの中ではしく怪人態を見せないまま退場した。(EPISODE3などで腕が蔓のように変形しているが全容は確認できない)何度か怪人態もデザインされたがイメージに合わず全部却下され、結局放送中に納得のいくデザインができなかったらしい。

EPISODE3「東京」で初登場。「ラ」の称号が示す通り、ゲゲルの進行役である。ゲゲルの開始を許可し、グロンギを取り仕切るというその役割と彼女自身の威厳ある態度から、「ゴ」集団をも従えるほどの高い地位に立っている。ゲゲル資格を剥奪したズ・ゴオマ・グを使い走りにしている。バルバにゴマをすり、何とかしてゲゲルに参加させてもらおうとするゴオマを冷たく殴り飛ばす姿はコントのようで、シリアス展開における重な清剤になった。
他のグロンギべて知も非常に高く、人間の言もかなりくから操っていたほか、人間を侮るグロンギに度々「昔のリントとは違う」と警告していた。「ここではリントの言葉で話せ」は彼女台詞である。

一接触したリントである一条薫とは因縁めいた間柄になり、「リントも々と等しくなったな」「お前リントを狩るリントの戦士のはずだ」などと皮めいた言葉を投げかけている。彼女は、かつては狩られるだけの存在だったリントの「進化」を喜んでいたようだが。
ちなみにバルバは一条としか接触しておらず、大半のグロンギと戦い倒してきた五代雄介(クウガ)とは一度も顔を合わせた事がい。

最後は一条に強化神経断裂弾を撃ち込まれ、笑顔で「お前とはまた会いたいものだ」と言い残し中に沈んだ。しかし体内に留まることで効果を発揮する神経断裂弾が貫通したことから彼女生存していたという説が有であり、実際TV本編から13年後を描いた小説版では彼女生存している。なお、バルバの最後の台詞劇場版の予告も兼ねていたらしい。バルバは非常にの多い存在だっただけに、劇場版企画中断が惜しまれる。

最初は連絡係程度のキャラクター設定だったらしいが、演じる七美江が発する秘的な雰囲気から設定が書き換えられていき、最後にはさすら感じる存在にまでなった。衣装も最初はなんかバブリーなものだったが、最後には秘的な雰囲気をった衣装になった。

ちなみに演じた七美江は、元々沢渡桜子オーディションを受けたらしいが「沢渡さん雄介より年上になる」という理由で落選した。しかしそのキャラクターが気に入られてバラのタトゥの女という存在ができたらしい。
ちなみに美江氏は至って人当たりの良い性格。クウガの撮影中、近寄ってきた幼稚園児たちはバルバ(美江氏)を見るなり逃げ出してしまったが、そんな園児たちに美江氏は「見てね~」と手を振ったという小話がある。

余談だが、オープニング後にスポンサー読み上げを行った事がある。


関連動画


ラ・バルバ・デに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


ラ・バルバ・デに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■co7510


関連項目



最終更新日: 18/09/30 19:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ