ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リアエンジン・リアドライブ


ヨミ: リアエンジンリアドライブ
掲示板をミル!
15カキコ!

リアエンジン・リアドライブとは、自動車の駆動方式の一つである。RRと略される。単純にリアエンジンとも呼ぶとwikipediaが言っているが、それだとリアエンジン4WDと区別がつかないためきちんと呼んであげたほうがいいと思う。


概要


その名の通り、エンジンが後軸よりも後ろにあって、後軸を駆動する方式である。

かつて小を中心に1940年代から1960年代ごろまで盛んに用いられたが、乗用車からはほぼ絶滅している。ただし、とある種を除いて

現在では、バスの駆動方式としてよく使われる。


特徴


エンジンと駆動系が全部リアに集中しているため、当然ながら重量バランスは極端にリア寄りになる。そのため、駆動輪に荷重が乗りやすく、トラクションの掛かりが良い。同様の理由で、ダートスタックしにくいという利点がある。また、リアが浮きにくいためブレーキング時の安定性がよい。

また、部品点数が少ないためコスト・重量面で有利である。

ここまでRRの利点を書いてきたが当然ながらデメリットもある。というか、現在乗用車用の駆動形式としてははっきり言ってデメリットのほうが多い。

まず走りの面を見てみると、もっとも大きな重量物のエンジン体の旋回中心から一番遠い位置にある。つまりヨー慣性モーメントはどうしても大きくならざるを得ず、動きがダルである。MR以上にうまく前輪に荷重を乗せないと強アンダーステアが出てまともに曲がらない。その一方一度オーバーステアが出たらなかなか収束しない。さらに高速域ではフロント荷重が抜けやすく、っすぐ走るのすら難しい。

RRというレイアウトがいかに間違っているかというのは、モデルカーの後ろに重りを取り付けて勢いよく滑走させてみればわかる。モデルカー180度回転して後ろ向きになって進むだろう。RRは物理的にどうしても不安定なのだ。

欠点はそれだけではない。これはミッドシップにも言えることだが、エンジンに走行が当りにくいため冷却系が厳しい。量産なら、排気管の取り回しがどうしても窮屈になるという欠点もある。

パッケージングの面では、室内の容積は十分広く取れるしセンタートンネルもないからFRより多少良いが、トランク(念のために言うと前にある)の容量は、ステアリング機構が邪魔で広くとれないのでFRに劣る(そもそもフロントトランクになっていないは多い)。FFには室内の広さもトランク容量も勝てない。エンジンの熱と振動が後席に伝わりやすいのも弱点である。

とまあ欠点だらけのRRだが、スポーツ走行を考えなくてよいバスでは、運転席とホイールベース間の低床化やプロペラシャフトが不要になるなどの理由でRRがよく適している。バス以外では実用スバル・サンバーでもRRのレイアウトが採られているが、同クラスの他の車両にRRは存在しない。

余談だが、フォークリフトリアエンジンフロント駆動である。


歴史


ではなぜ小乗用車の駆動形式として、そんな間違いだらけのRRが用いられていたかというと、単純に言ってFFを作る技術が未熟だったので、RRが最も合理的だったためである。

1959年BMCミニ(いわゆる旧ミニ)がデビューするまでFFドライブシャフトジョイントの設計は問題が多く、普及するに足るものではなかった。さらに同ミニエンジンミッションで2階建てにする方式を発明するまでは、FFというのは取り立ててエンジンルーム周りをコンパクトに設計できるものではなかった。

FRトラクションが掛らなくて悪路に弱いしプロペラシャフトが必要なため適さず、ましてや4WDなどコストがかさむし当時はFF以上に一般的でなかった。

そこで室内容積が広い・トラクションが掛かる・部品点数が少なく安いし軽いという理由でRRが用いられたというわけである。小エンジンの重量がそれほど重くないという事実もRR向きであった。

しかしミニのもたらした衝撃は大きく、FFのほうが大衆として優れるということは明確だった。1960年代各社はFFの研究に熱を入れ、1970年代半ばまでにかなりのRRが生産を終了した。かの名作RRVWビートルも78年にドイツ内の生産を終了した(新受けの生産は2003年まで継続している)。

 

…だが、RRがそうして時代遅れになっていく中で、よりにもよってスポーツカーリアエンジンを貫き通して現在まで生き延びているがある。そう、ご存じポルシェ・911である。

ポルシェ・911ポルシェ356の後継モデルだが、356デビューした1948年はRR全盛期であり、小さなスポーツカーがRRで作られるのは間々あることだった。1963年911はより重い6気筒エンジンを搭載してデビューすることになり、当初はRR特有の不安定性に悩まされていた。そこでポルシェは苦の策としてフロントバンパー22kgもの重りを搭載するという何ともスマートじゃない解決策を講じたのであった。

このままでは当然いけないので、その後ホイールベースを伸ばしたり、幅を増やしてみたりして、RR独特の挙動と戦うこととなる。ポルシェすごいところはここで安易にMRFRに流れたりせずRRレイアウトにこだわり抜き、そして結局なんとかなってしまったというところである。ポルシェの執念が感じられる。

さらにポルシェすごいのは、ただ911をものにしただけでなく、911が今現在でも第一線級のスポーツカーの地位を維持しているということである。おまけに、あらゆるレースに出場して好成績を残している。これだけ不利なレイアウトを採用していながらむしろそれをブランドにして、世界の名だたるスポーツカーとの競争にわたりあうポルシェ世界最強変態物好きと言えよう。


関連動画



■1277376602[ニコ動]


関連商品


■az4062115166


関連コミュニティ


リアエンジン・リアドライブに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 13/01/12 14:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ