ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リアルシャダイ


ヨミ: リアルシャダイ

リアルシャダイ(Real Shadai)とは、1979年まれの米国産の競走馬

社台総帥である吉田善哉が惚れ込んだ、90年代日本競馬には欠かせぬ名種
そして日本におけるヘイルトゥリーズン系種の先駆けである。


競走馬時代


Roberto、Desert Vixen、In Realityという血統。

父親ロベルトは英ダービーにして、ブリガディアジェラードの16連勝を阻んだ20世紀欧州競馬を代表するヒール。種としても大活躍を収めている。デザートヴィクスンは73, 74年のチャンピオンでGⅠ競走8勝の名インリアリティはダマスカスドクターフェイガーにはが立たなかったものの競走馬としては結構優秀で、種としてもデザートヴィクスンの他英2000ギニーノウンファクトなど、種としてかなりの活躍を見せていた。

総合するとかなりの良血であり、将来の種入りを見越した社台グループの総帥、吉田善哉が1歳時のキーランドセールにて36万ドル(当時のレートで8000万円くらい)で購買された。当時はまだ円安だったし、当時としても高額だったようだ。ただ、母親の実績から考えるとこれでもちょっと安いような。

競走年齢となったリアルシャダイはフランスに送られ、競走馬としてのリアルシャダイは8戦2勝、(2-2-2-2)な勝ちはドーヴィル大賞典(GⅡ)。ダービーとサンクルー大賞典を3着に入るなどそこそこ活躍した。凱旋門賞では5着で、この時に吉田善哉は勝てるかもしれないと踏んでいたらしく、好走したものの吉田善哉はかなり念がったことを親交のあった山野浩一がっている。
4歳時にアメリカへ戻るが、レースには出走せず現役を終えた。


リアル社台


1983年11月引退後来日し、社台スタリオンステーションで種入り。
同時期の日本競馬ではノーザンテーストマルゼンスキー、テスコボーイミルジョージといったノーザンダンサーナスルーラの血をひく種が活躍しており、特に社台が誇るノーザンテースト駒に付けられることからも期待が寄せられた。

初年度産駒は1987年デビューし、々にミュゲロワイヤルやフリートークが重賞を制するなど好調なスタートを切り、続いて桜花賞シャダイカグラ、2歳王者イブキイカグラ、そして代表産駒たる名ステイヤー、ライスシャワーを送り出すなどノーザンテーストを追い落とさんとする勢いで活躍。1993年にはノーザンテーストミルジョージを追い落とし、リーディンサイアーにもいた。

産駒の傾向として、中長距離が得意である事が挙げられる。ライスシャワーやオースミシャダイ、ムッシュシェクル、ステージチャンプ、ハギノリアルキングなど地に中長距離で走るが多く、1995年天皇賞(春)ではリアルシャダイ産駒が1-3着を占め、また地に賞を稼ぐ孝行なが多かった。
一般にライスシャワーなどは晩成と言われる事が多いが、リアルシャダイ産駒は仕上がり自体はく、較的くから走りクラシックに顔を出すも少なくない。

しかし、リアルシャダイ産駒にはある難点があった。「脚部不安」を持つが多いのである。
実際、前述したライスシャワーシャダイカグラは競走中に故障、イブキイカグラが屈腱炎を患うなど、リアルシャダイ自身が持っていた脚部不安をそのまま引き継いでしまったが多く、いわゆる「未完の大器」が多かった。

また、1993年吉田善哉が亡くなると不思議と種成績が落ち始め、本の後に導入されたトニービンサンデーサイレンス日本競馬に新しいを吹かせ始めると、種としてはほとんど聞かなくなった。
としてはイングランディーレやアドマイヤジュピタ、サンライズバッカスなどGⅠを5頭出している。

2000年に種生活を引退し、功労として生活していたが、2009年に蹄葉炎を発症し死亡享年25歳だった。
リアルシャダイの活躍を見て、田牧場はロベルト産駒であるサンシャインフォーエヴァー...の代わりにブライアンズタイムを導入するなど、後のヘイルトゥリーズンとなる日本に及ぼした影は、決して少ないものではない。


関連動画


90年代前半の中長距離重賞には大体コイツが走ってます。


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 18/09/16 18:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ