ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リオレウス


ヨミ: リオレウス
掲示板をミル!
1790カキコ!
モンスターハンターのモンスター一覧 > リオレウス

リオレウスとは、「モンスターハンターシリーズに登場するモンスターである。通称「の王」。リオレウスから取れる素材には「火竜」がつく。
火竜の雄のことをす。なお火竜の雌はリオレイアと呼ばれる。

名前の由来はギリシャ語の「Leo(獅子)」+「leus(王)」からか。 

概要

飛竜
[画像を見る]
リオレウス
別名
原種 火竜
亜種 蒼火竜
希少種 銀火竜
二つ名 炎王
登場作品
モンスターハンターのモンスターテンプレート

モンスターハンター」の代表的大モンスター飛竜)で、火竜の雄。常にを飛び、自分の縄りを荒らすものには炎のブレス中からの急降下による攻撃(キック)を仕掛けてくる。しかしその視の良さがとなり、中で閃光玉のにすると墜落してしまう。

雌の火竜リオレイア尻尾を持つが、リオレウスはこれを足に有する。中からの急降下攻撃(キック)を喰らうとハンター毒状態(+確実に気絶状態)となってしまう。また中からの攻撃だけではなく、リオレイア同様、地上での突進攻撃も仕掛けてくる。
その他に、後方へ飛び下がる際に炎のブレスを吐く。

彼らのを食いたがる美食がいたり、「飼いたい!」とのたまう王族の方がいらっしゃったりする。
依頼を寄越す方々は気楽だがハンターは命懸けである。

髄が空気に触れると熱する性質を持っており、それが武器に利用される。
大剣ランス尻尾のものを用いるようだが片手剣は直接髄を取り出してを削り出す形式のせいか髄の要量がかなり多め。

亜種・希少種

リオレウスには、い鱗の原種以外に、青色亜種(通称「蒼火竜」)、銀色の希少種(通称「銀火竜」)がいる。
基本はほぼ一緒だが、弱点となる属性や部位が異なる。
亜種の防具は「リオソウル」、希少種の防具は「シルバーソル」と表記されている。

リオソウル

[画像を見る]

警告色のとは打って変わってに対する保護色の色をしたリオレウスの亜種。リオレウスの色をチェンジしただけのドラクエ色違いのようなものであり、行動パターンはほとんど同じ。
しかし原種にべて地上でブレスを吐く頻度が低くホバリング行動を取りがちで、地上での行動も突進→急停止→突進のようにトリッキーとなっている。原種にもまして時間との戦いになりやすい。慣れないうちは閃光玉持ち込み。

MH3Gでは低飛行時にでの引っかき、レイア亜種のような拡散レスワールドツアーからのキックを新しく使ってくる。

シルバーソル

白銀太陽」とも呼ばれるリオレウス希少種は部位や属性の弱点が変わり、火力スピードが強化されただけ…だったのは過去の話。

MHP3では大きく生まれ変わって帰ってきた。リオレイアのような炸裂ブレスを低飛行中から繰り出してきたり、ブレスから吐いた後急降下して拘束攻撃を仕掛けてきたりと近接武器にとっては厄介な技を多く習得している。そのうえ原種のリオレウスよりも滞頻度が上昇、妻と同様の嫌がらせともいえる質の硬さもあり多くのプレイヤーとなった。

MH3Gでは秘にしか現れず、エリア移動しなくなり、雑魚モンスターの妨も入らない。
しかしP3よりさらに頻繁に飛ぶようになり、何故か疲労時間が大幅に短縮され、さらにはワールドツアーの頻度も高くなってしまった。
スタミナ切れした直後にワールドツアーを始め、戻ってきた時にはスタミナ回復済みという事もしょっちゅうで、多くのハンターを苛つかせる要素となっている。

二つ名個体

モンスターハンタークロス』では“炎王(こくえんおう)”という二つ名を持つリオレウスが登場する。
原種よりも体色が濃くなり、大きくが発達したには炎のような模様が走っているのが特徴で、火竜の王のさらなる王として「ダークネスロード」なる異名も有している。

やはり火炎攻撃が大幅に強化されており、吐く火球の規模が獰猛化個体のものと同じくらい巨大化し、さらに着弾時には広範囲に爆炎が広がるほどの威になっている他、希少種が使うような爆炎噛みつきに至っては三連続で繰り出してくるなどほとんどの攻撃が非常に手かつ強なものに変化している。

特にに飛び上がってからチャージブレスはなんと“着弾地点に周辺が燃え盛っている巨大爆弾岩を設置し、時間差で辺り全体を包み込む 大 爆 発 を発生させる”という初見ではを疑うような攻撃(つーかそんな大きな岩体内のどこに仕込んでいたんだ)になっており、その爆発規模も落にならないレベルのスケールとなっている。

もう一つの特徴としての部位破壊を行わないと中で閃光玉を受けても落下しないという性質を持ち、そのため従来の滞時における閃光玉戦法はを片方でも破壊しない限り通用しなくなっているため注意が必要。
それに加えて鉤攻撃においてもこちらに与えてくるが猛になっている。

空の王か、チキン飛竜か

[画像を見る]

いわゆるワイバーンモンスターで、イャンクックゲリョスべれば、かなり一般的なイメージに近い容姿をしている。「の王」の呼び名の通り、戦一辺倒で地上で攻撃することがあまりなく(つまり近接武器を装備したハンターにとっては攻撃機会が少ない)、なかなか地上に降りてこないことがある。

中でも、飛行状態でエリア内をぐるぐると20くらい飛び回った末に急降下攻撃を仕掛ける、という行動は、皮混じりに「ワールドツアー」と呼ばれる。しかもツアーしながらそのまま別エリアに飛び去ってしまうこともままある。

また、ちょっと戦ったらすぐに他のエリアに移動してしまう 特に無印丘では邪魔の少ない3番からすぐに撤退し、狭い上にメラルーいっぱいの9番に長々と居座るせいで戦いづらいことこの上ない一面もあることから、プレイヤーからは「チキン」「ヘタレ」「空の王者(笑)」などと言う散々な呼ばれ方をされている。実際リオレウスを討伐する場合、最大の敵は時間(タイムアップ)であることが多い。MHP2Gではエリア移動回数が他の飛竜なみになった。

なお、モンスターハンター3においては、ワールドツアーの飛行時間が半分程度に大幅短縮された他、中行動の多くは高を飛ぶのではなく、クシャルダオラのように地面スレスレをホバリングするようになったため、圧さえ解決できれば士でも、足や尻尾へ容易に攻撃を加えることができる。
MHP3では低で吐いたブレスハンターを直線にホーミングするようになっただけでなく、リオレウス希少種の異常な低飛行の頻度もありの王者と称されるようになった。
地上に降りてもすぐバックジャンプレスを吐きながらホバリングに移行し、加えてこの攻撃は予備動作がいため唐突に撃たれると回避は非常に困難。
それでいて威も高く、圧まで発生するので地上にいるからといって闊には近づけないのが厄介な所である。

そんな彼だが、MH無印やGではゲーム序盤、クック先生の姿さえ見ないうちに運搬系のクエストで現れ、駆け出しハンターを驚かせる。
そして彼らの巣からを持ち出そうものならアグレッシブフィールドを飛び回り、ハンターたちを追い掛け回してくる。
その時点の装備(大抵は村長のくれたで買ったレザーライト装備とハンターナイフであろう)ではとてもじゃないが勝てる相手ではないため、涙目で逃げ回る羽になる。

またMH2MHP2MHP2Gでは常時かなり怒りやすく、なおかつ怒り時の攻撃上昇率が全モンスター中最高クラス(1.6倍)のため、たとえ装備を整えたとしても慣れないうちはあっという間にキャンプ送りにされることが多く、純に脅威を感じさせる存在でもある。

昨今では、より強大なモンスターが多数追加された影で格が下がった感も否めないが、モンスターハンター初期では強大な敵として確固たる存在感を示しており、古参ハンターの中にはリオレウスに特別な着を持つ者も少なくない。

MHF

原種亜種稀少種共にMH2続投組。

原種はMHF-G当初からG級対応。難易度4。
特異個体と通常個体が混じったような行動をとる。
リオレウスらしく怒り時火力は凄まじくブレス系は即死級。
また、強襲は別物と化しており、圧で地面を吹っ飛ばして広範囲を攻撃する攻撃に変化している。

亜種MHF-G6(2015/1/28)にG級対応。難易度5。
距離バックジャンプ時にもブレスを吐き、地面に着弾すると熱して一定時間後に大爆発を起こす。
また、覇種UNKNOWNオーラ哮のような四股踏みを行ったあと飛び上がって、 ある程度追尾してからボディプレスをする技も使用してくる。

希少種はMHF-GG(2014/6/18)にG級対応。難易度7。
ベースは希少種変種であり、ノーマルモードでも低攻撃やホーミング強襲を使用してくるほか、を飛び回り地上に向けてブレスを乱射した後、中で大のブレスをチャージし、放った後にそれを自ら蹴り砕いて炸裂させる技も習得している。

また、近縁種としてい姿のモンスターゼルレウスが存在する。

特異個体

原種

MHFシーズン8.0(2010/4/21実装
ベースは剛種適性試験で登場していた希少種変種。
尻尾回転が右→左→左や左→右→右というフェイント式になっていたり、滞からのブレス下を狙うようになっていたり、の追尾精度が上がっていたり、滑攻撃が低飛行になりハンターに当たるようになっていたりと既存モーションが変化・強化されている。

特異個体が存在しているがG級ではHC化不可能

亜種

MHFシーズン10(2011/1/26)実装
基本は原種特異個体同様だが、リオレウス亜種から見て左→右方向へ扇状にブレスを連射する、ブレスが火球と衝撃波の3Wayになるなどブレス技が強化されており、亜種特異個体のみブレスが着弾点で拡散する。

希少種

希少種の変種として初期特異個体が存在したが、それと違って見たも変化した正式な特異個体実装されたのはMHF-GG2014/6/18)。

ベース亜種特異個体であり、更にブレス攻撃が強化されている。
追加技は円軌に走りながら中心(ハンター)にブレスを吐くというものと、溜め動作から巨大かつ低速で進むブレスを吐きそこにもう一発高速のブレスを打ち込んで拡散させるというもの。

辿異種

シリーズの顔でもあるリオレウスも辿異種に進出、2016年サービス開始したPS4版のパッケージも飾っている。初代からいるモンスターとしてはフルフルに次いで2番となり2017/1/18に解禁( 余談だがこの前週に解禁された辿異種ドドブランゴとはG級特異個体がいないことが共通している)。
通常時は普通のリオレウスと大差ない外見だが、怒り状態になると発達したしく燃え上がるようになる。全体的に=飛行と炎上=火属性というリオレウスを徴するが強化されているが、体が燃えているというのはMHF姉妹作であるモンスターハンターエクスプロアに登場するリオレウス火種を彷彿とさせる要素でもある。火山ではヴォルガノス聖域での戦闘となるほか、迎撃拠点にも現れる。


次へ»
最終更新日: 18/03/08 07:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社