ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リニアモーターカー


ヨミ: リニアモーターカー
掲示板をミル!
24カキコ!

リニアモーターカーとは、リニアモーターを用いた鉄道車両の総称。JR式マグレブの開発者である好泰によって名付けられた和製英語である。


概要


JR東海開発中の「JR式マグレブ」が有名であり、単にリニアモーターカーといった場合、多くの人はこちらを想像するだろう。時速500km/h台での走行を的に実験が続けられており、多くの人々にとっての夢の乗り物として広く知られている。


主な仕組みとシステム


リニアモーターカーを大まかに分けると磁気浮上式、輪式の2つに分けられる。


磁気浮上式


JR式マグレブ

日本人にとっての「リニアモーターカー」の代名詞といえるのが、このJR式マグレブである。JR東海鉄道総合技術研究所が共同で開発しており、山梨県リニア実験線で実験走行が行われている。

2003年の試運転で鉄道車両としては当時の世界最高記録となる581km/hを達成、2005年愛知万博では「JR東海 超電導リニア館」のパビリオンを出展、世界に向けて夢の鉄道のPRを行った。

2015年には試験走行で603km/hに達し、世界記録を更新鉄道が初めて600km/h台で走行した。

このシステムを使用した「リニア中央新幹線」が2027年東京名古屋間で開業予定。

HSST

HSSTとは、日本航空が開発したシステムである。JR式マグレブと違いモノレール新交通システムに近いシステム標に開発された。現在愛知万博の開催に合わせて開業した「リニモ」が営業運転を行っている。

トランスラピッド

トランスラピッドはドイツで開発された方式。現在中国上海一の実用路線が運行されており、最高速度は営業用鉄道としては世界最速の430km/hを誇る。


鉄輪式リニア


リニアモーターを推進として用いるが、浮上はせず一般的な鉄道のように輪によって体を支える方式。

登坂に優れ、60‰(パーミル)弱の急勾配でも問題なく走行可リニアモーターの性質上断面も小さく出来る。

一般に既存の地下鉄より後に新規の地下鉄を建設する場合、それよりも深い地下間をな経路として利用せざるを得ずも深くなりがちである。一方、輪式リニア鉄道であれば登坂の強さから較的浅い場所にを設定することも可である(浅い地下間が使用済みの場合を除く)。都市圏のような限られた地下間を縫うように有効活用でき、なおかつ前述の理由のためトンネル断面積も小さく出来るので建設費用を削減にも繋がる。このことから近年の新規開業地下鉄路線の多くがこの規格で作られている。

但し路線の特性上、既存の一般的な鉄道路線との相互直通営業運転は想定されない。

営業路線としては大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線鉄道路線として初の採用となった。その後大阪市営地下鉄今里筋線都営地下鉄大江戸線神戸市営地下鉄海岸線福岡市営地下鉄七隈線横浜市営地下鉄グリーンライン仙台市営地下鉄東西線など各地で輪式リニア地下鉄が建設された。


関連動画



■sm16135013[ニコ動]

 ■nm13587265[ニコ動]
 ■sm10567286[ニコ動]
 ■sm7805634[ニコ動]
 ■sm539817[ニコ動]
 ■sm10604292[ニコ動]
 


関連商品


■az433090506X


関連項目



最終更新日: 15/12/26 22:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ